人気ブログランキング |

太々御神楽祭2019③

富士山を鎮めるために稚児が舞う河口浅間神社「太々御神楽祭」。
「御幣の舞」「扇の舞」「剣の舞」と春の「孫見祭」でも舞われる三舞をおえて
おいちいさんことお稚児さんたちは最期の休憩。

e0271181_08222695.jpg
奉納中のキリリと引き締まった空気から解放されて、子どもらしさが垣間見れるほっこりとした時間。

e0271181_08230289.jpg
まだまだ暑いのでアイスも極上。

e0271181_08232615.jpg
しばしすると、いよいよ最後の奉納に向けて準備です。

e0271181_08235066.jpg


e0271181_08235735.jpg
瓔珞をつけると準備完了。気持ちが入れ替わる瞬間かも知れません。

e0271181_08243878.jpg
子どもから、富士山を鎮めるという大役をになうお稚児さんの顔に。

e0271181_08314688.jpg


e0271181_08261042.jpg
最後に舞われる二舞は、春には見ることができず、この夏の「太々御神楽祭」だけで見ることができます。

e0271181_08271852.jpg
「八方の舞」。拝殿中心から八方に向かって舞います。

e0271181_08280132.jpg
方角を入れ替える時が難しいところ。二人息を合わせて立ち位置を変えます。

e0271181_08290029.jpg
八方向、昔は「八」がとても多い数字を現したような(八百屋さんみたいに)
その八方向を丁寧にお祓いしていくのだと思います。途中御幣を地面に突き立てるような仕草もあり
そういう仕草ひとつからでも、代々のお稚児さんたちが、富士山を鎮めてきた歴史を感じます。

e0271181_08321025.jpg
そして最後に舞われるのが「宮巡りの舞」。稚児の舞は昔、お焚き上げた火の前で舞われたと聞きます。
その名残である土間をぐるりと巡るように。全員で宮を回る舞いです。

全員心を込めて、かつて富士山を鎮めたという木花咲耶姫をお慰めします。


e0271181_08351358.jpg
これをもって、全五舞「太々御神楽祭」は終了となります。
そして、まさしく終わったその瞬間を待っていたかのように、怒号のような雷。大雨となりました。

個人的なことですが、今年は特にヘトヘトだって、最後の雨があったおかげで少し座ってゆっくりできました。
雨が降っているので帰れないのだと思った方々が親切に、傘をかしてくれようとしてくださったり
帰りも親切な方が駅まで送ってくださいました。

駅前でお風呂に入って疲れをとって、帰阪。
今年もありがとうございました。




by senbei551 | 2019-09-17 08:38 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

太々御神楽祭2019②

三年目の河口浅間神社「太々御神楽祭」。
お昼の神事を挟んで、午後の時間の再開です。

e0271181_23071080.jpg
扇の舞の続きからだったかな。。時間空いてからのブログなので順番とかめちゃくちゃだったらゴメンなさい。

e0271181_23083187.jpg
扇と鈴を手に、優雅に舞います。扇の舞は三人で。

e0271181_23084661.jpg


e0271181_23093780.jpg
基本、お囃子は同じ(だと思う)のですが、テンポが明らかに違って、扇の舞はとてもスローテンポで舞われます。

e0271181_23112318.jpg
額が着くほどに礼をします。礼儀作法が美しい。

e0271181_23123368.jpg

e0271181_23125580.jpg
礼に始まり、礼に終わる。

e0271181_23134005.jpg
そして「剣の舞」。

e0271181_23140761.jpg
女の子には重いのではないでしょうか?本物の鉄でできた重い刀を獲物に力強く舞います。

e0271181_23145808.jpg
地面に刀を突きさすように舞う。おそらく地に潜むものを封じたり、大地を祓ったりしているのだろうと思っています。

e0271181_23155930.jpg
とても絵になる、陣羽織姿も似合う、かっこいい舞です。

e0271181_23165636.jpg
そして休憩です。

e0271181_23174140.jpg
この「剣の舞」と、それまでに舞われた「御幣の舞」「扇の舞」の三舞は、春の「孫見祭」でも舞われます。

文章やら雑で申し訳ないっ。
とにかく更新メインで。。




by senbei551 | 2019-09-16 23:19 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

太々御神楽祭2019①

あまりブログを更新する余裕もないのですが、思い出したようにちょっとだけでも更新。
今年も行って参りました、山梨県「河口浅間神社」の「太々御神楽祭」。

過去二年間は、曇りや台風で富士山が観れない中、観れるまで来なさいってことかな。と勝手に思って三年目の今年。

e0271181_00262105.jpg
ついに観れた富士山!!!観れてうれしいような、観れてしまったか~という複雑な思いもしつつ。
結局来年もお伺いしているような気もします。

e0271181_00471479.jpg
舞台となる「河口浅間(あさま)神社」。富士山信仰をささせる御師たちの町に位置します。
第一鳥居を挟んで本殿までまっすぐと伸びる参道が、本当に美しい、とてもいい雰囲気の神社です。

e0271181_00281178.jpg
たぶんこの日だけかな?の巫女さん。

e0271181_00290252.jpg
しばいすると「おいちいさん」と呼ばれるお稚児さんたちが登場。

e0271181_00295496.jpg
練習してきた「稚児の舞」のため、準備をします。
詳細はどうぞ一年目のブログをご覧になってください。

e0271181_00321296.jpg
瓔珞をいただき、最終先生に仕上げていただきます。

e0271181_00330080.jpg
「太々御神楽祭」では全五種類全てが舞われます。まずは「御幣の舞」で場が清められます。

e0271181_00471513.jpg
片手に鈴、片手に御幣を持って舞われます。

e0271181_00335830.jpg


e0271181_00340901.jpg
「扇の舞」。扇に持ち替えて優雅に舞います。それぞれどういう云われがあって、舞われるようになったのでしょうか。

e0271181_00471559.jpg
「御幣の舞」「剣の舞」「八方の舞」「宮巡りの舞」は、なんとなくわかりますが、扇の舞だけちょっと毛色が違う気がします。

e0271181_00375795.jpg


e0271181_00381007.jpg
途中でお昼休憩が入ります。お稚児さんたちはお昼ごはん。
その間に本殿前では神事が執り行われます。

e0271181_00391850.jpg

e0271181_00393006.jpg
それぞれ自分の瓔珞を入れる木箱を持って休憩に。履物も揃えて。礼儀作法もしっかりと学びます。

e0271181_00471418.jpg
こちらの神社によくお参りするというわんこちゃんも、オダイダイを観に来ていたよ。

e0271181_00402612.jpg
しばらくの休憩の後、ふたたびお稚児さんたちが拝殿へ。
午後の部が再開されます。


ほぼ写真を並べるだけのような記事で申し訳ない。


by senbei551 | 2019-09-11 00:53 | ◇河口稚児の舞 | Comments(5)
今年も生國魂神社の「いくたま夏祭り」にお邪魔させていただき
獅子のみなさんに同行させていただきました。
宵宮は氏子域を巡回し、夜は境内でお練りがあります。

e0271181_14021982.jpg
夜のお練りの後には、雌雄の舞があります。日本が誕生する話を模してるんだったかな?

e0271181_14053899.jpg


e0271181_14051825.jpg
身体に魔除け?の御朱印をいただいて祭りに参加します。

e0271181_14051936.jpg
子どもたちはおでこに押したり、目に押してもらったり色々。

e0271181_14053815.jpg


e0271181_14022165.jpg
子どもたち100名以上が氏子域を元気に練り歩きます。

e0271181_14022112.jpg


e0271181_14022038.jpg
商店街の中も練り歩き。音が響いていい感じ。

e0271181_14022016.jpg
当日は豪雨予報も、子どもたちは元気!!雨も少しで済みました。

e0271181_14021967.jpg
ところどころお花をいただいた場所で、手打ちをします。
「打ちましょ♪もひとつせ♪祝うて三度♪めでたいな♪ほんぎまり♪」
いくたま〆と呼ばれる、この手打ちが本来の大阪〆になります。

e0271181_14212659.jpg

e0271181_14022067.jpg
神社に戻ってきての宮入!!

e0271181_14051719.jpg
夜は境内でお練り。

e0271181_14051870.jpg

e0271181_14220338.jpg




by senbei551 | 2019-07-27 14:22 | ◇いくたま夏祭り | Comments(0)

彌榮神社夏祭り2019

毎年お邪魔させていただいている大阪市生野区の彌榮神社夏祭り。
今年もちょろっとでも顔を出したい!と2時間ほどだけでしたがお邪魔してきました。

e0271181_11100473.jpg
獅子舞目指してあるいていたら、まず地車に遭遇。この時期町の辻々に地車の木コマの跡が残っていて、いい感じです。ここ通ったんだな!って。

e0271181_11202762.jpg
しばしウロウロして、獅子舞に合流。

e0271181_11124215.jpg
もうベテランな二人!仲良さそう。

e0271181_11163219.jpg
彼ももうベテラン!打ち込み姿もさまになってます。

e0271181_11145370.jpg
獅子に噛まれてギャン泣き(笑)健康に育ちますように~!


e0271181_11141288.jpg
御旅所?での打ち込み。元気よくー!

e0271181_11160149.jpg
巫女さんによるお鈴。

e0271181_11210038.jpg
接待していただいたお礼の打ち込み。

e0271181_11132967.jpg
御旅所からの道は、かつてのメインストリート!

e0271181_11171919.jpg
大人の獅子見せ場でもあり、こちらもいつも楽しみ。

e0271181_11122606.jpg
お花をいただいたお家に打ち込み、邪気払い!

e0271181_11215337.jpg

e0271181_11184072.jpg
宵宮、本宮二日間とも雨!!ほんと大変な中、がんばっておられました。

e0271181_11174351.jpg


e0271181_11195478.jpg


e0271181_11192245.jpg
雨でも子どもたちは元気です!!

by senbei551 | 2019-07-18 11:23 | ◆大阪の祭り | Comments(0)

太々御神楽祭2018②

台風直撃予報の中開催されました「稚児の舞」。
富士山を鎮めるため、稚児たちが思いを込めて舞を奉納してくれます。

e0271181_22371545.jpg
片手に鈴、片手に御幣を持ち、二人一組で場を清めます。

e0271181_22381298.jpg
どういう意味あいがあるのか気になるところですが、とても特徴的な足運びです。

e0271181_22401743.jpg
瓔珞を頭にいただき、緋色の陣羽織姿という装束がとてもかっこいいです。

e0271181_22425096.jpg
舞の最後には全員でお辞儀をします。稚児の舞では礼儀作法まで教えられており、お辞儀だけをとっても、子どもたちの意識が感じられてすばらしいです。

e0271181_23021920.jpg
昨年は神職の方に御許可をいただいて拝殿横からも撮らせていただけ、たくさん撮られている方もおられたのですが、今年は「ダメですよ~」と禁止になっていました。横からもとても美しいのですけれども、当然仕方ないです。

e0271181_22475075.jpg
「稚児の舞」では一番「御幣の舞」を含めて全五舞があるのですが、「太々御神楽祭」ではその全てが奉納され、すべてのお稚児さんが全てを舞われます。4月の「孫見祭」でも舞われますが、最初の三舞だけです。孫見祭も気になるところではありますが、僕の場合、舞を見たいので「太々御神楽祭」のほうに足がむきます。ずっと境内で行われる雰囲気もとても好きなんです。

e0271181_22530274.jpg


e0271181_22532521.jpg
去年一番最後の組で踊っていたこの子も、一年成長して二番目に踊る少しお姉さんの組に。お稚児さんは基本5年間お勤めされされますので、ずっと観に行っていると子どもの成長が垣間見れたりもするのが、魅力のひとつなのかも知れません。
また本来はそうして地元の方々が、子どもたちの成長を見守る場所であるのかも知れません。

e0271181_22575716.jpg
今年から新しくお勤めされることになったお稚児さん。がんばって!

e0271181_22594272.jpg
奥に座るほどお姉さん。手前から順番に奥へと成長していきます。一番奥に座る彼女も当然昔は一番手前に座る小さな子だったのでしょうね。

e0271181_23011972.jpg
全てのお稚児さんが「御幣の舞」を奉納し、場を清めてくださいました。

e0271181_23032940.jpg
つづいて奉納されますのが二番「扇の舞」です。お稚児さんが三名一組になって舞われました。

e0271181_23054203.jpg
扇を上手に使っての、優雅な舞です。音色も少しスローテンポになり、とても雰囲気があります。

e0271181_23070616.jpg
扇を持つ指使いも独特です。

e0271181_23074967.jpg

e0271181_23084148.jpg
「扇の舞」が一組終わったところで、一旦休憩となりました。
相変わらずの雨模様。台風の強さ次第では途中で中止になる可能性もあります。と聞いて心配しておりましたが、なんとかもってくれておりました。

e0271181_23100473.jpg
神事が執り行われます。

e0271181_23103376.jpg
かつては炎の前で舞われていたと聞いた「稚児の舞」。その名残りで拝殿と本殿の間に炎を焚いていたのであろう土間があったり、神事でも火が焚かれます。

e0271181_23121311.jpg
休憩、お昼を済ませたお稚児さんたちが再びやってきました。

e0271181_23130222.jpg
しばしの和やかタイム。こういう時間に子どもらしさが垣間見えたりして好きだったりします。

e0271181_23134240.jpg
少し時間があったので、集合写真撮れたら~という雰囲気だったのだけれども、1名足りず!!5名でパシャリ。

e0271181_23144559.jpg
休憩の和やかタイムのあと、ふたたび「扇の舞」が再開です。


つづく
(「おわら風の盆」を先に更新するかもですが)




by senbei551 | 2018-09-03 23:15 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

太々御神楽祭2018①

昨年に引き続き山梨県富士河口湖町、河口浅間神社まで「太々御神楽祭」を観に行って来ました。
かつて富士山の噴火を鎮められた木花咲耶姫(このはなさくやひめ)をお慰めするために始まった、通称オダイダイと呼ばれる稚児の舞が奉納されます。

e0271181_09215698.jpg
昨年は前日の準備から見させていただきましたが、今年は当日の朝着の夜行バスで行き、晩に夜行バスで帰る弾丸。
河口浅間神社のもより「河口局前」に到着すると、今年も稚児の舞の絵がお出迎え。

e0271181_09232653.jpg
立派な杉の樹に囲まれた、拝殿・本殿までまっすぐにつづく参道。とても雰囲気があり、この場にいるだけで心地よいです。

e0271181_09245779.jpg
当日はあいにくの雨…というか台風直撃!事前に電話で確認したら、よっぽどでない限りはやります。ということでしたのでお伺いしました。

e0271181_09254546.jpg
去年んは曇りで富士山を観ることができず、次来た時の楽しみに!と思っていたのですが、今年はもっと見えなかった!本当ならこの写真のあたりに富士山がある…のだと思う。それでも河口湖駅前は登山客でいっぱいでした。

e0271181_09270456.jpg
昨年は水不足で中止になっていた境内の池のお掃除も行われていました。12年に一度だったでしょうか。持ち回りで清掃・祭りの準備をします。

e0271181_09275984.jpg
準備が整った拝殿(手前)と土間を挟んで奥に本殿。本殿んは慶長12年(1607)に再建されたものということで、大変歴史のある神社・建物です。去年も感じましたがこの場にいると、代々にわたって富士を鎮めてこられた稚児の舞の時間が集約されているようで高揚するものがあります。

e0271181_09304438.jpg
しばらくすると朱の衣に身を包んだお稚児さんがやってきました。

e0271181_09312464.jpg
おそらきうは今日だけお手伝いの若い巫女さんも。

e0271181_09320022.jpg
雨なのでちょっと大変そう。足元が長靴なのがミスマッチでちょっとかわいい。

e0271181_09325157.jpg
到着をするとみなさんまずは本殿へお詣りを済ませます。礼儀正しさも稚児の舞の魅力のひとつです。

e0271181_09333482.jpg
瓔珞(ようらく)という冠を持ってきます。笑顔もあっていい雰囲気。台風直撃ということでさすがに人は少ない目でした。

e0271181_09345235.jpg
舞に向けてお母さんもお手伝いしての準備が始まります。お稚児さんは「オイチイサン」とも呼ばれ、かつては富士山信仰に使える御師(おし)か神職の家の子女で、両親が健在な者に限られていたということです。

e0271181_09393765.jpg
今年初めてのお稚児さんですね。稚児の舞が奉納されるのは7月28日の「太々御神楽祭」と、4月25日の「孫見祭り」と。新しいお稚児さんのデビューは孫見祭りで、卒業されていくお稚児さんのラストは太々御神楽祭になるのだと思います。お稚児さんは小学生の女子が5年間務められます。

e0271181_09422102.jpg
こちらが瓔珞です。

e0271181_09441410.jpg


e0271181_09443848.jpg


e0271181_09450567.jpg
着座して最後の準備。

e0271181_09452997.jpg
御祓いを受け、奉仕への資格を得ます。

e0271181_09455872.jpg
河口浅間神社「太々御神楽祭」稚児の舞の奉納です。


つづく



by senbei551 | 2018-08-11 09:46 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)
彌榮神社夏祭り本宮です。お仕事の後合流させていただきました。
e0271181_10220324.jpg
この日は遠くの御旅所までお練りされた後です。お疲れ様です。

e0271181_10230865.jpg
今日も打ち込み!!一日何回やってるのかな!!大変!!がんばれ。

e0271181_10234039.jpg
こちらの御旅所?でも打ち込み。

e0271181_10240047.jpg


e0271181_10242014.jpg
接待いただいたお礼に獅子頭全員での打ち込みです。ありがたさ効果抜群でしょうね!!

e0271181_10250612.jpg
一路、彌榮神社に続く道を進みます。パレードがなかった頃はこの通りが一番の見せどころだったということで、ここばかりは大獅子の頭は大人が振ります。見せ場のひとつです。

e0271181_10250025.jpg


e0271181_10264067.jpg
子どもの獅子舞も負けてませんよ!!このまま続けて、将来大獅子を振れるようになれればいいのにな!!

e0271181_10272448.jpg


e0271181_10273490.jpg
掛け声、音色も勢いよく進みます。

e0271181_10282545.jpg
途中打ち込みも行われます。

e0271181_10284918.jpg
毎度ながらどちらが獅子頭かわからない(笑)めっちゃいい笑顔です。

e0271181_10292801.jpg


e0271181_10294546.jpg
夕陽を浴びて、とても雰囲気がありました。

e0271181_10301902.jpg


e0271181_10302786.jpg
赤ちゃん、動じない!…動けない?(笑)

e0271181_10313508.jpg


e0271181_10315004.jpg

e0271181_10320281.jpg
笛もがんばれー!!見せ場です。

e0271181_10322778.jpg


e0271181_10324022.jpg


e0271181_10324770.jpg


e0271181_10325450.jpg
会館に到着!!お疲れ様でした!!晩御飯です。

e0271181_10331652.jpg
ほっと一息タイム。

e0271181_10332604.jpg


e0271181_10335435.jpg
まぁ、子どもたちはまだまだ元気です!!

e0271181_10335337.jpg
笑顔いっぱいで、撮っていても楽しい時間です。

e0271181_10361855.jpg
お祭りはいよいよ終盤へ!!夕方~夜の巡行再開です。


つづく

by senbei551 | 2018-07-23 10:37 | ◆大阪の祭り | Comments(2)
港住吉神社夏祭りの後、毎年観させていただいております生野区の彌榮神社夏祭りへ。

e0271181_09393638.jpg
地車(だんじり)にはすぐに遭遇!!するも、獅子舞になかなか出会えず。

e0271181_09401710.jpg
鶴橋方面もウロウロして、いつも打ち込みを行っているお店の方に聞きながら、ようやく発見!!!

e0271181_09405549.jpg
毎年の見知った顔です。「カメラマンやー」と(笑)めっちゃ暑い中がんばっていました。

e0271181_09414924.jpg
暑い中も笑顔だよ!!

e0271181_09421712.jpg
お花を出してくださったところに打ち込みをしていきます。獅子舞の音色が聞こえてきたら、封筒にお気持ち程度つつんで渡してくださったら、お家やお店に獅子舞が打ち込み、御祓いをしてくれます。その後獅子のお札をくださいます。少し離れていても来てくれるので、音色が聞こえてきたら声かけてみてください。

e0271181_09440723.jpg
クーラーの聞いて部屋でちょっと休憩!出たくなくなる!!

e0271181_09442834.jpg
いい笑顔ー!

e0271181_09445825.jpg
生野区なので焼き肉屋さんや、キムチ屋さんもたくさん。

e0271181_09452988.jpg
またかわいい笑顔~。

e0271181_09454590.jpg
昔ながらのお家もたくさん残っています。通路も迷路のようになっていたり。

e0271181_09461572.jpg
会館に到着!!

e0271181_09464137.jpg
またまたいい笑顔~!!

e0271181_09470121.jpg
笛ご苦労様です~。

e0271181_09473825.jpg
晩ごはんはカレーとそうめん!!名物「そうめんカレー」は今年はなかったのかな??

e0271181_09481876.jpg
出発までの休憩時間、「あれ撮ってー」「これ撮ってー」とめっちゃカメラで遊ばれました(笑)

e0271181_09484942.jpg
「ひょっこりはん」言うてた。なんか流行ってるよね。

e0271181_09491216.jpg
誰が一番いきってるか…だとか(笑)

e0271181_09493259.jpg


e0271181_09494838.jpg
さぁ、誰だろ(笑)

e0271181_09500800.jpg
そして休憩も終わり、夕方~夜の巡行へ!!

e0271181_09503469.jpg
毎年お花を出してくださる場所で!ありがたいですね。

e0271181_09510142.jpg
みんな噛んでもらいましょう!!

e0271181_09511541.jpg


e0271181_09512362.jpg
まだまだ元気だよー!

e0271181_09514116.jpg


e0271181_09514705.jpg


e0271181_09515565.jpg
商店街を進んでいきましたが、自分の祭り「住吉祭」の練習があるため、僕は一旦ここで離脱。
明日は彌榮神社夏祭り本宮です。



by senbei551 | 2018-07-23 09:53 | ◆大阪の祭り | Comments(0)

港住吉神社夏祭り2018

「住吉踊」をやっていると聞いて、昨年初めて観に行った「港住吉神社夏祭り」。
昨年は本宮。今年は宵宮の14日にお邪魔させていただきました。

e0271181_20133447.jpg
住吉大社の末社「港住吉神社」。境内は緑豊かで落ち着いたいい雰囲気で好きです。人もたくさん!

e0271181_20142325.jpg
僕が制作させていただいたナンクン社さんの初辰リーフレットも貼られていました!うれし!

e0271181_20150327.jpg
住吉踊の子らも続々とやってきます。昨年書きましたが、大社さんの住吉踊と差異が少しずつあって興味深いです。

e0271181_20180731.jpg


e0271181_20160912.jpg
神事が執り行われます。神職さんは大社さんからなのでお見かけする方もたくさん。ご苦労様です。

e0271181_20210866.jpg
巫女のみなさまも暑い中ご苦労様です。

e0271181_20165906.jpg
こちらは太鼓台のBOYたち。枕太鼓は、住吉祭にも参加されて、毎年すごくにぎやかで盛り上がっています。


e0271181_20181935.jpg
これから巡行される枕太鼓も御祓いをされます。準備万端!

e0271181_20185634.jpg
元気よく太鼓が打ち鳴らされ

e0271181_20191177.jpg
境内をぐるりとまわり出発です。

e0271181_20192812.jpg
ダー!!と勢い良く走っていきました!昨年の本宮では少し太鼓台にも付いて、赤レンガ倉庫などにも行かせていただきました。
観に来たメインは住吉踊なので、後姿を見送る。

e0271181_20220993.jpg
記念撮影もされたり。黄色、青色、桃色と三地区に分かれていますが、昨年も今年も黄色地区につかせていただきました。
港住吉神社では、ついて回られる見守り隊の大人の方々が多くて、いい環境だな~と思います。
そんな見守り隊のみなさまも少し撮らせていただいたり。写真お渡しする手段がないのですが(^^;)

e0271181_20231975.jpg
出発まで待ってられないー!と踊りだす子も。

e0271181_20233824.jpg


e0271181_20255311.jpg
出発前に境内で総踊りがありました。参加している子もすごく多いので、めっちゃボリュームある!!!海辺の町なので空が広いです。見ごたえあります。


e0271181_20270662.jpg
さぁ!そして住吉踊も出発です。少しだけついて回らせていただきました。

e0271181_21090104.jpg
黄色組はバスで移動です。

e0271181_21110158.jpg
箇所箇所で踊りを披露してくれます。なかなかの数をこなします。この日一日で三組どれだけ踊られたのでしょうか。

e0271181_21132566.jpg
エ~♪ 住吉さまの♪ イヤホエ♪

e0271181_21164449.jpg
摂津♪ 浪速の♪ 一ノ宮♪

e0271181_21171063.jpg
その名も♪ 高き♪ 住吉の♪

e0271181_21175606.jpg
神の御前の♪ 神踊♪

e0271181_21184722.jpg
天下泰平♪ 国土安全♪

e0271181_21193349.jpg
五穀豊穣♪ 民栄え♪

e0271181_21260779.jpg
途中いただける休憩が本当にありがたい猛暑!!

e0271181_21264008.jpg
子どもたちも本当がんばっています。

e0271181_21270646.jpg


e0271181_21280102.jpg


e0271181_21284091.jpg
炎天下の中、大人も子どももがんばって進みます。
港住吉祭の巡回地域は、緑も多くて空も広く、とてもきれいで魅力的です。

e0271181_21203620.jpg
治まる御代の♪ 印とて♪

e0271181_21241124.jpg
心ひとつに♪ 働けば♪

e0271181_21294743.jpg
末は住吉♪ 平楽や♪

e0271181_21301718.jpg
かねてぞ植し♪ 住吉の♪
e0271181_21245593.jpg
岸の姫松♪ めでたさよ♪

e0271181_21311869.jpg
とにかく暑い一日でした!次は僕の番!7/31「住吉祭」で住吉踊、教導師さんさせていただきます。
ちゃんとできるやろか~~~。8/1は「供奴」で渡御に参加しています。見かけたら声かけてね♪







by senbei551 | 2018-07-22 20:28 | ◆大阪の祭り | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551