人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

勇壮なふとん太鼓三基が出そろう船待神社では、秋祭りに子どもたちを中心とした「獅子踊り」も奉納されています。
ひさしぶりに観に行って来ました。もうちょっと頻繁に行ってもよかったなと思います。

その時は、たくさん声をかけて撮らせてもらっていたけれども、今回はそれは無理だった(笑
けど変わらず、かわいい獅子踊りです。


e0271181_09373466.jpg
船待神社の獅子踊り、女の子たちの頭の上には小さな獅子頭がちょこんと乗っています。

e0271181_09372831.jpg
衣装もピンクと水色を基調としており、とてもかわいらしいです。

e0271181_14263055.jpg
リズムや踊りはいたってシンプル。

e0271181_15084684.jpg
前に見た時もそうでしたが、圧倒的女子の多い中、男子もがんばっていますよ!!

e0271181_15101244.jpg
男子はまた踊りが違います。

e0271181_15082108.jpg


e0271181_15150936.jpg
ふとん太鼓が宮出しをした後の境内で行われます。ふとん太鼓の宮出しはまた別でアップできればと。

e0271181_15160603.jpg
休憩中もかわいらしい光景。頭噛んでもらっとき~。

e0271181_15373563.jpg
お囃子部隊!シンプルゆえにすごく耳に残って、口ずさんだりしてしまう音色。

e0271181_15164586.jpg
休憩を挟んで、全部で3回も踊ってくれます。前日には紀州街道をパレードするらしく、来年はそちらを観に行ってみたい。

e0271181_15221753.jpg


e0271181_15232005.jpg

e0271181_15241711.jpg
頭に獅子のせようと、最初に考えた人おもしろい。

e0271181_15303463.jpg


e0271181_15303374.jpg
見物されている方々も、ほぼ地元のみなさんでした。

e0271181_15311313.jpg


e0271181_15312334.jpg
小さな獅子頭もかわいいです。それでも迫力あります!いっぱい練習したんだろうなぁ!

e0271181_15330271.jpg
めっちゃ好青年!!

e0271181_15332443.jpg


e0271181_15334226.jpg


e0271181_15350016.jpg

e0271181_15341551.jpg


e0271181_15343326.jpg
あと獅子舞が迫力があるのと!!


e0271181_15352015.jpg
ノリがやたらといいです。カメラの前でポーズしてとまってくれたり(笑)

e0271181_15354376.jpg
沿道にもサービス!!ギャン泣きしてる子もいましたが、定番の光景ですね!


e0271181_15383932.jpg


e0271181_15393726.jpg
数年ぶりに楽しませていただきました!!撮ってるの目立ってただろうなぁ(苦笑)お邪魔しました。

e0271181_15402785.jpg
楽しくて、かわいくてとてもよかったです。
ふとん太鼓といっしょの祭りで行われているのが、また印象深いです。





by senbei551 | 2019-09-20 15:41 | ◆大阪の祭り | Comments(2)
百舌鳥八幡宮の月見祭。11時より宮入が始まります。

e0271181_08204668.jpg
入口が東側と南側に二箇所あり、最初の赤畑町は、南側から宮入。

e0271181_08223407.jpg
何年か前に観に行った時も、赤畑が一番最初やって、聞いたら赤畑が、この百舌鳥八幡宮のある場所の地区らしく、それで一番太鼓なんだということ。あとは、年によって違う…のかな?

e0271181_08235609.jpg
ヨイヤマッカ!ソコジャイナ!ヨーイヤセッ!!

e0271181_08244943.jpg
子どもふとん太鼓もいっしょに宮入り。

e0271181_08255447.jpg
しばらく境内前を練り歩いた後、いったん階段を昇り降りしたりもします。見せ場ではあるのですが、人が多すぎて移動が困難!!

e0271181_08271521.jpg
50分ほど宮入の練りをを行ったあと、境内に作られた倉に納められます。
本当は夜のほうが迫力があるのでしょうけれども、夜の人での多さはハンパなく昼間で。

e0271181_08301592.jpg
つづいて各町連合による、こどもふとん太鼓が次々の宮入。まっすぐな参道にならんで太鼓台が見られるのは、この時だけではないかな。

e0271181_08312263.jpg
目まぐるしく次から次に、どんどん宮入。

e0271181_08315774.jpg
子どもふとん太鼓は、町によっては女性も練り子(言い方ただしいかは不明)や乗り子をしていたり、子どもも練り子をしていたりで、太鼓台は少し小ぶりなものの、幅広い人たちが楽しでいて、とてもいい感じ。

e0271181_08341562.jpg
がんばれー!

e0271181_08343000.jpg


e0271181_08344762.jpg
太鼓台を担ぎ上げる男の子たちの後姿もかっこいい!!

e0271181_08353642.jpg
男ももちろん担ぎます。

e0271181_08354985.jpg


e0271181_08370789.jpg
一生懸命な姿って美しいものです。

e0271181_08361761.jpg
女子も!

e0271181_08362846.jpg
男子も!

e0271181_08375423.jpg
ベラ、ショッショイ!!!

e0271181_08381719.jpg
子どもふとん太鼓の宮入も一時間ほど!見ごたえがありました!

e0271181_08384224.jpg
そして再び大人ふとん太鼓の宮入。続いては中百舌鳥。こちらも東側より宮入。

e0271181_08395612.jpg
子どもふとん太鼓の、みんな楽しんでいる感もいいし、大人の迫力はまた格別!!

e0271181_08405071.jpg
目の前をノッシノッシと通りすぎる、大迫力であります!!

e0271181_08412150.jpg


e0271181_08413767.jpg
いち~にの~さんっ!!と唄って、肩をいれなおすところが好き。

e0271181_08423084.jpg
ヨーイヤッセッ!!

e0271181_08424462.jpg
最後、倉に入って宮入完了!!!
しかし人が多いっ!!!

これにて時間終了となったため、百舌鳥八幡宮を後にしました。
次の日の宮出しもちょろっと観に来ます。

by senbei551 | 2019-09-18 08:43 | ◆大阪の祭り | Comments(0)
ひさしぶりに百舌鳥八幡宮の「月見祭」に行って来ました。
月見祭といっても、観月祭のように、しっとりと行われる祭りでななく
「ふとん太鼓」を練りまわす、勇壮な祭りです。

e0271181_11123182.jpg
百舌鳥八幡駅に到着するといきなり「ふとん太鼓」!!
普通に生活していると、今日祭りなんてやっているの?と思うけれども
e0271181_11130883.jpg
祭りの地域に入ると、いっきに入るスイッチ!!!こちらは梅北。

e0271181_11135610.jpg
太鼓の音に、男たちの掛け声!!!はぁ~~~~!!!!やっぱり祭りやわぁ!!!!
こちらは梅町というようです。

e0271181_11143370.jpg
ふとん太鼓の上に乗るのは着飾った子どもたち!!子どもたちの太鼓と唄に合わせて
屈強な男たちが練り歩く!!かっこよすぎる!!!!

e0271181_11165409.jpg


e0271181_11165385.jpg
唄声に合わせて、この足揃えて歩くのがほんま最高なんです。兎にも角にも、かっこいいんだわ。

e0271181_11181947.jpg
縞の財布に五両十両♪

e0271181_11181991.jpg
ゴロゴロ鳴るのはなんじゃいな♪

e0271181_11181901.jpg
地震、雷、あと夕立♪

e0271181_11231061.jpg
ベーラ、ベーラ、ベラーショッショイ!!

e0271181_11241535.jpg
ヨイヤー、マッカァ、ソコジャイナ!ヨーイヤセッ!!!

実はこの差し上げる所作は、男女の営みを表しているとも聞きました。
だから上下に激しく揺らすのだとか(笑
ベーラというのも「米良」と書いて「ベイラ」と読み豊作を願っての説があると聞いたことがあります。

そういう豊穣、子孫繁栄の意味外があるのでしょう。




by senbei551 | 2019-09-17 11:26 | ◆大阪の祭り | Comments(0)

太々御神楽祭2019③

富士山を鎮めるために稚児が舞う河口浅間神社「太々御神楽祭」。
「御幣の舞」「扇の舞」「剣の舞」と春の「孫見祭」でも舞われる三舞をおえて
おいちいさんことお稚児さんたちは最期の休憩。

e0271181_08222695.jpg
奉納中のキリリと引き締まった空気から解放されて、子どもらしさが垣間見れるほっこりとした時間。

e0271181_08230289.jpg
まだまだ暑いのでアイスも極上。

e0271181_08232615.jpg
しばしすると、いよいよ最後の奉納に向けて準備です。

e0271181_08235066.jpg


e0271181_08235735.jpg
瓔珞をつけると準備完了。気持ちが入れ替わる瞬間かも知れません。

e0271181_08243878.jpg
子どもから、富士山を鎮めるという大役をになうお稚児さんの顔に。

e0271181_08314688.jpg


e0271181_08261042.jpg
最後に舞われる二舞は、春には見ることができず、この夏の「太々御神楽祭」だけで見ることができます。

e0271181_08271852.jpg
「八方の舞」。拝殿中心から八方に向かって舞います。

e0271181_08280132.jpg
方角を入れ替える時が難しいところ。二人息を合わせて立ち位置を変えます。

e0271181_08290029.jpg
八方向、昔は「八」がとても多い数字を現したような(八百屋さんみたいに)
その八方向を丁寧にお祓いしていくのだと思います。途中御幣を地面に突き立てるような仕草もあり
そういう仕草ひとつからでも、代々のお稚児さんたちが、富士山を鎮めてきた歴史を感じます。

e0271181_08321025.jpg
そして最後に舞われるのが「宮巡りの舞」。稚児の舞は昔、お焚き上げた火の前で舞われたと聞きます。
その名残である土間をぐるりと巡るように。全員で宮を回る舞いです。

全員心を込めて、かつて富士山を鎮めたという木花咲耶姫をお慰めします。


e0271181_08351358.jpg
これをもって、全五舞「太々御神楽祭」は終了となります。
そして、まさしく終わったその瞬間を待っていたかのように、怒号のような雷。大雨となりました。

個人的なことですが、今年は特にヘトヘトだって、最後の雨があったおかげで少し座ってゆっくりできました。
雨が降っているので帰れないのだと思った方々が親切に、傘をかしてくれようとしてくださったり
帰りも親切な方が駅まで送ってくださいました。

駅前でお風呂に入って疲れをとって、帰阪。
今年もありがとうございました。




by senbei551 | 2019-09-17 08:38 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

太々御神楽祭2019②

三年目の河口浅間神社「太々御神楽祭」。
お昼の神事を挟んで、午後の時間の再開です。

e0271181_23071080.jpg
扇の舞の続きからだったかな。。時間空いてからのブログなので順番とかめちゃくちゃだったらゴメンなさい。

e0271181_23083187.jpg
扇と鈴を手に、優雅に舞います。扇の舞は三人で。

e0271181_23084661.jpg


e0271181_23093780.jpg
基本、お囃子は同じ(だと思う)のですが、テンポが明らかに違って、扇の舞はとてもスローテンポで舞われます。

e0271181_23112318.jpg
額が着くほどに礼をします。礼儀作法が美しい。

e0271181_23123368.jpg

e0271181_23125580.jpg
礼に始まり、礼に終わる。

e0271181_23134005.jpg
そして「剣の舞」。

e0271181_23140761.jpg
女の子には重いのではないでしょうか?本物の鉄でできた重い刀を獲物に力強く舞います。

e0271181_23145808.jpg
地面に刀を突きさすように舞う。おそらく地に潜むものを封じたり、大地を祓ったりしているのだろうと思っています。

e0271181_23155930.jpg
とても絵になる、陣羽織姿も似合う、かっこいい舞です。

e0271181_23165636.jpg
そして休憩です。

e0271181_23174140.jpg
この「剣の舞」と、それまでに舞われた「御幣の舞」「扇の舞」の三舞は、春の「孫見祭」でも舞われます。

文章やら雑で申し訳ないっ。
とにかく更新メインで。。




by senbei551 | 2019-09-16 23:19 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

太々御神楽祭2019①

あまりブログを更新する余裕もないのですが、思い出したようにちょっとだけでも更新。
今年も行って参りました、山梨県「河口浅間神社」の「太々御神楽祭」。

過去二年間は、曇りや台風で富士山が観れない中、観れるまで来なさいってことかな。と勝手に思って三年目の今年。

e0271181_00262105.jpg
ついに観れた富士山!!!観れてうれしいような、観れてしまったか~という複雑な思いもしつつ。
結局来年もお伺いしているような気もします。

e0271181_00471479.jpg
舞台となる「河口浅間(あさま)神社」。富士山信仰をささせる御師たちの町に位置します。
第一鳥居を挟んで本殿までまっすぐと伸びる参道が、本当に美しい、とてもいい雰囲気の神社です。

e0271181_00281178.jpg
たぶんこの日だけかな?の巫女さん。

e0271181_00290252.jpg
しばいすると「おいちいさん」と呼ばれるお稚児さんたちが登場。

e0271181_00295496.jpg
練習してきた「稚児の舞」のため、準備をします。
詳細はどうぞ一年目のブログをご覧になってください。

e0271181_00321296.jpg
瓔珞をいただき、最終先生に仕上げていただきます。

e0271181_00330080.jpg
「太々御神楽祭」では全五種類全てが舞われます。まずは「御幣の舞」で場が清められます。

e0271181_00471513.jpg
片手に鈴、片手に御幣を持って舞われます。

e0271181_00335830.jpg


e0271181_00340901.jpg
「扇の舞」。扇に持ち替えて優雅に舞います。それぞれどういう云われがあって、舞われるようになったのでしょうか。

e0271181_00471559.jpg
「御幣の舞」「剣の舞」「八方の舞」「宮巡りの舞」は、なんとなくわかりますが、扇の舞だけちょっと毛色が違う気がします。

e0271181_00375795.jpg


e0271181_00381007.jpg
途中でお昼休憩が入ります。お稚児さんたちはお昼ごはん。
その間に本殿前では神事が執り行われます。

e0271181_00391850.jpg

e0271181_00393006.jpg
それぞれ自分の瓔珞を入れる木箱を持って休憩に。履物も揃えて。礼儀作法もしっかりと学びます。

e0271181_00471418.jpg
こちらの神社によくお参りするというわんこちゃんも、オダイダイを観に来ていたよ。

e0271181_00402612.jpg
しばらくの休憩の後、ふたたびお稚児さんたちが拝殿へ。
午後の部が再開されます。


ほぼ写真を並べるだけのような記事で申し訳ない。


by senbei551 | 2019-09-11 00:53 | ◇河口稚児の舞 | Comments(5)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551