人気ブログランキング |

<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12月の半ばですが、ブログの更新がなかなかままならない状態です。
続けることができれば…と思うのですが。

e0271181_01030592.jpg
御旅所を出発した一行は、高砂神社へ向かいます。三年に一度の船積み込みが昨年終わったため、今年は休憩も多くゆったりです。

e0271181_01040003.jpg
シデ振りの子どもたちは終わりに近づくにますます元気です。

e0271181_01044919.jpg
一ツ物も、高砂の平安を願って、辻々を歩いて回ります。ずっと馬の上というのも実は大変だと思います。

e0271181_01055386.jpg
神輿町藍屋町の神輿振りも堂々としたもの。後になるほどにますます元気に勢いよくいい神輿振りをされていたように思います。

e0271181_01070240.jpg
けっこうゆったりしているので、その間に屋台を探してウロウロしてみたり。いくつかの町の屋台は見かけましたが、芸や屋台の合わせなどは見られませんでした。残念!

e0271181_01094985.jpg
西町の芸子さんも元気です。両サイドは昨年の芸子さん!

e0271181_01082710.jpg
各町の車楽、屋台も神社前に揃ってきます。

e0271181_01090043.jpg
神社前でも御先司、戎町の車楽の引き戻しが行われました。

e0271181_01104998.jpg
獅子司、農人町も到着。

e0271181_01111819.jpg
一ツ物も到着します。先に到着している屋台練り子のみなさんが道をつくり拍手で迎える様子がすごく好きです。
今まで何人の子どもたちが一ツ物を務めてきたのでしょうか。高砂神社の歴史の長さを思うと、一ツ物を迎える様子も感慨深いです。

e0271181_01150448.jpg
大鳥居をくぐったところでもシデ振り。最後の力を出し切るかのように全力のシデ振りでした。未来を担う子どもたちに大きな役割が与えられているというのは、本当にすばらしいことです。

e0271181_01165784.jpg
本殿に向けて、いよいよ御幣上げが行われます。
御幣が見事屋根の上にあがればその一年は吉兆!

e0271181_01181612.jpg
奉幣人を務める一ツ物のお父さんも、たくましい方で勢いよくあがった御幣は見事屋根の上へ!!一斉におこる拍手と笑顔!!
神幸祭でも見逃せないいいシーンです!!お見事でした。

e0271181_01204237.jpg
神社前の練り場では、屋台の練り合わせが行われておりました。練り合わせの本番は明日、例大祭!!練り子たちのボルテージも上がってきます。

e0271181_01222309.jpg
こちらでは西畑と東宮が!

e0271181_01233454.jpg
中部・浜田・西畑です。

e0271181_01240995.jpg
しばらく練り合せが行われた後、各町順番に芸を披露して町へと帰っていきます。こちらは農人町。

e0271181_01245780.jpg
6人という大人数は初めてみました浜田町。

e0271181_01252743.jpg
いい声が出ていた中部。

e0271181_01255082.jpg
いつも凛々しい東町。奥に毎年芸を見せてくれるちびっこ芸子見習いちゃんもいますね。
この子が芸子をする年が楽しみで仕方ありません。

e0271181_01270043.jpg
僕は去年につづいて西畑さんについて屋台倉まで行きました。

e0271181_01272997.jpg
屋台倉までで神幸祭最後の芸。明日は芸子・屋台も大躍動。
芸子の凛々しい芸と、勇壮な屋台練りが見ごたえのある例大祭です。


(その7)につづかせたい。




by senbei551 | 2017-10-10 22:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

高砂神社秋祭り2017年神幸祭。
e0271181_11304445.jpg
神社に向けて出発した行列は御先司を先頭に一路御旅所を目指します。

e0271181_11315320.jpg

e0271181_11324537.jpg
碁盤の目のようになっている高砂の町の辻々で神輿振りが行われます。

e0271181_11402490.jpg
「千歳楽じゃ」「万歳楽じゃ」という掛け声。
「千歳楽」で健康長寿を、「万歳楽」で平和と幸福をお祈りしているということ。

e0271181_11384693.jpg
神輿を大きく揺らすほどに神様がお喜びになられるというのは、素盞鳴命(すさのおのみこと)をお祀りされているからでしょうか。

e0271181_11410516.jpg
千歳楽じゃ!万歳楽じゃ!

e0271181_11413726.jpg
大きく揺らされた後、神輿は天高く差し上げられます。1000年以上続く高砂神社秋祭り。こうして毎年、高砂の人々の安寧を願って神輿が巡行されてきたのでしょう。

e0271181_11462736.jpg
御旅所近くでは、農人町と戎町が合わせておりました。神社前でも合わせていたし、けっこう合わせてるんですね。

e0271181_11485853.jpg
一ツ物も、マジの辻々で唄に合わせてぐるりと回ります。この唄の内容など一度しっかり聞いておきたいと思います。

e0271181_11512139.jpg
車楽(だんじり)も元気よく、よーいやさー!

e0271181_11524712.jpg
押太鼓の鍵町は、箇所箇所で芸を披露してくれます。

e0271181_11543321.jpg

e0271181_11545009.jpg

e0271181_11551873.jpg
表情が素敵で、かわいらしい芸子さんです。今年の鍵町では一人でしたが、しっかり務めてくださいました。

e0271181_11564162.jpg
一行が御旅所に到着すると、「御旅所祭」た執り行われます。

e0271181_11585456.jpg
勢いよくなだれ込んでくるのは、獅子司を務める農人町の獅子舞です。

e0271181_12000163.jpg
神輿のまわりを回る一ツ物。

e0271181_12004695.jpg
つづがなく神事が執り行われます。

e0271181_12011839.jpg


e0271181_12015464.jpg
その後はお待ちかねの神輿くぐりです。

e0271181_12022507.jpg
神輿の下をくぐりながら、日ごろの感謝をのべ、神様へのお願いをします。


e0271181_12033506.jpg
小さい子はなんなくくぐれますが、大人になるほど大変で、その様子が見ていて楽しいところでもあります。

e0271181_12113295.jpg
御旅所祭の後は、しばしの休憩タイムになります。各町の屋台も休憩中。
僕もこの隙に、いつもお世話になっている料理屋さんで、お昼ごはんをいただく。店内には高砂秋祭りの版画や写真も飾られております。

e0271181_12151431.jpg
その後、農人町の方からお声をかけていただき謎のビルへ。
みんなええ顔すぎます(笑)少しすると外から屋台を合わせる掛け声が!!

e0271181_12104211.jpg
戎町と浜田町が合わせてました。お昼中もめっちゃ元気!!
屋台の掛け声聞きながらゆっくりさせてあただくのは最高でした。ありがとうございます。

e0271181_12203563.jpg
午後からは、頭家が一ツ物を接待する「頭人式」が執り行われます。

e0271181_12221059.jpg
地味ではありますが(笑)長い歴史の痕跡を色濃く残す重要な神事です。

e0271181_12221103.jpg
随時解説も入り、神事の内容も分かるようになっておりますので、ぜひご覧ください。

e0271181_12221032.jpg

e0271181_12252959.jpg
御旅所から神社への還幸を前に、車楽の引き戻しが行われます。御先司が行うのですが、戎町が御先司、農人町が獅子司を務める年だけ二町での引き戻しが行われます。

e0271181_12262120.jpg
盛大に神輿振りが行われ、神社に向けて神輿も出発いたします。

e0271181_12303349.jpg

(その6)につづく。



by senbei551 | 2017-10-10 16:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)
すべてのにぎわい物の宮入りも終わり、神社境内はしばしの休憩。

e0271181_14212315.jpg
記念写真を撮らせていただいたり。

e0271181_14222403.jpg
神職、祭員、神輿も本殿に向かわれます。

e0271181_14234821.jpg

e0271181_14264541.jpg
この時間は、子どもたちも境内で自由タイムを満喫。神幸祭の中で僕の好きな時間でもあります。

e0271181_14275741.jpg
子ども時代っていいですね。特に祭りは特別な一日。子どもらもさぞ楽しいことだと思います。

e0271181_14290215.jpg
毎年天狗さんが、子どもたちに大人気タイムなのですが

e0271181_14293954.jpg
今年の天狗さんは、めっちゃ子どもにやさしい天狗さんでした。

e0271181_14300968.jpg
ハイタッチ♪

e0271181_14304210.jpg

e0271181_14320674.jpg
芸子さんも休憩中(笑)

e0271181_14324490.jpg
農人町の子どもたちもいつも元気だ!

e0271181_14242505.jpg
本殿、拝殿では神輿に神様がお移りになられます。神妙に待つ藍屋町の若衆たち。

e0271181_14373175.jpg
神様がお移りになられた神輿が出て来ました。シデ振りの子どもたちが「千歳楽じゃ!」「萬歳楽じゃ!」と祝います。

e0271181_14391951.jpg
参道で今年最初の神輿振りが行われます。

e0271181_14400614.jpg
歴史ある藍屋町にふさわしい立派な神輿振りです。

e0271181_14404738.jpg
よーいやさー!よーいやさー!御旅所までの行幸の始まりです。元気よく行きましょう!!

e0271181_14424757.jpg
神社まででは御先司戎町による引き戻し!毎年やってたのかな!?今年初めて見た気がします。

e0271181_14453892.jpg
楼門を出たところで再び神輿振り。

e0271181_14464166.jpg

e0271181_14473904.jpg
シデ振りもいい声を出してくれていました!立派なシデ振りです。
今年は当ブログおなじみ「ゲジデジ通信」さんが神幸祭に来てくださったのですが、シデ振りをいたく気に入っておられた様子。


e0271181_14505545.jpg
一つ物も出発しました。
この後、にぎわい物、神輿、一つ物、押太鼓と御旅所に向かい、道中神輿振りなどが行われます。


(その5)へつづく。



by senbei551 | 2017-10-10 10:10 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(2)
毎年10月10日に高砂神社秋祭り神幸祭が執り行われます。
高砂神社の御祭神に御神輿へお移りいただき、御旅所まで行幸し、高砂の人々の安寧を祈ります。

高砂神社の御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、素盞鳴命(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)で、神功皇后が遠征より御凱旋の折、この地に国家鎮護のために大己貴命をお祀りされたのが高砂神社の始まりということ。
その後、天禄年間(970年)~(972年)疫病が蔓延した際、ご神託で素盞鳴命(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)をお祀りしたところ、疫病が治まり、それを祝って始まったのが高砂神社秋祭りということです。

往時には天神祭りか高砂祭りかといわれたほどの歴史ある祭りです。

e0271181_13015193.jpg
今年はひさしぶりに鍵町の芸子さん準備にお邪魔させていただきました。
調べてみたら四年ぶり(前回2013年)!!時間が経つのは早いなぁ。

e0271181_12561306.jpg
こちらでは頭家のお二人も準備をされます。中学生かと思ったら小学生でビックリ!

e0271181_12572077.jpg
轡(くつわ)持ちの二人も準備をされます。

e0271181_13024863.jpg

e0271181_13042605.jpg
かわいらしい芸子さんの出来上がりです。

e0271181_13055031.jpg
神輿町、藍屋町でも出立に向けて準備中でした。

e0271181_13072270.jpg
各町のにぎわい物も宮入のため高砂神社を目指します。
車楽(だんじり)の先頭はどこの町も元気筆頭!神幸祭の楽しみのひとつでもあります。
カネカの子どもたちも元気に「よーいやさー!」

e0271181_13100807.jpg
いつも布製のかわいらしい御神輿がついているのは見ていたのですが、今年初めて神輿振りを観ることが出来ました。かわいい(^^)

e0271181_13113507.jpg
戎町の屋台倉前には白木の屋台が!なんと今年新調!!中には立派な龍の絵もあるそうです!

e0271181_13140644.jpg
御先司(おさきつかさ)を務める戎町の宮入です。

e0271181_13211926.jpg

e0271181_13220826.jpg
続いて獅子司(ししつかさ)を務めます農人町の宮入です。

e0271181_13244399.jpg
農人町の子どもたちは毎年元気!という印象!!よーいやさー!!リアルよつばと!(高砂秋祭りが出てくるマンガ)みたいな感じです。

e0271181_13281119.jpg
続いて宮入の鍵町の元気筆頭。鍵町もいつも元気やなぁ!

e0271181_13302495.jpg
つづいて高瀬町も宮入です。

e0271181_13312204.jpg

e0271181_13321641.jpg
先ほどかわいい神輿振りを見せてくれたカネカも宮入です。

e0271181_13334748.jpg
神輿町、藍屋町によるシルシの宮入です。神輿に取り付ける鳳凰です。

e0271181_13355643.jpg
e0271181_13442299.jpg
シルシを持つのは、2011年に藍屋町の芸子を務めた男の子です。今は立派な青年に!

e0271181_13362636.jpg
拝殿にて御祓いを受け、神事に参加する資格を得ます。

e0271181_13540907.jpg
一ツ物の宮入です。一ツ物の両側に傘持ち、奉幣人が歩き、馬の両側に轡持ち二人、前方を歩く二人が頭家の二人。その前を御幣持ちが歩きます。

e0271181_13543392.jpg
一ツ物とその父親が務める奉幣人。

e0271181_13514418.jpg
箇所箇所で唄に合わせて、円を描くように練り歩きます。一度しっかり唄の内容など確認してみたいです。

e0271181_13554862.jpg
浜田町も宮入です。

e0271181_13561392.jpg

e0271181_13570001.jpg
西畑の宮入です。こちらも子ども多いね!!新興住宅地なのかな?

e0271181_13573189.jpg
昨日の衣装揃えで撮らせてもらった子。

e0271181_13593511.jpg
東宮町の宮入です。

e0271181_14000698.jpg
二年前の天狗さん依頼毎年撮らせてもらっているこの子も、先頭でがんばって宮入です。

e0271181_14013594.jpg
中部の車楽も元気よく宮入。

e0271181_14020588.jpg

e0271181_14044396.jpg
最後に木曽町の宮入です。
10年ほど前には、清水町、三菱社宅、南本町、船頭町などのにぎわいものもありました。
特に南本町のにぎわいものは帆に「高砂や」の有名な句の書かれた船型の車楽でとても印象に残っています。
数は減りましたが、熱意ある方々の力でこうして歴史ある祭りが引き継がれていること、頭の下がる思いです。

e0271181_14113952.jpg
神社前の練り場では、もう我慢ならねえ!という思いをぶつけるように、農人町と戎町が練り合わせを行っておりました。

e0271181_14124682.jpg

e0271181_14134829.jpg
押(おさえ)太鼓をつとめる鍵町の芸が行われました。

これにて全にぎわい町の宮入が終了。
しばしの休憩の後、神輿に御祭神が移られ、御旅所への行幸が始まります。


(その4)につづく






by senbei551 | 2017-10-10 09:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(2)
高砂神社秋祭り、神幸祭の前日に行われる「衣装揃え」。
今年の神輿町・藍屋町を観させていただいた後向かったのは鍵町。

e0271181_09083727.jpg
残念ながら、すでに倉を出られており屋台は町内巡行中。夕暮の薄明りに屋台の灯りが美しく、太鼓と練子のみなさんの掛け声が心地よく響きます。

e0271181_09103746.jpg
車楽(だんじり)も屋台の前について巡回中。子どもたちもたくさん!元気です。
芸子さんもおられましたのでしばらく付いて歩きましたが、芸を観ることはできず。

e0271181_09122935.jpg
農人町の屋台は倉前で出発を待つばかり。

e0271181_09142931.jpg
本年の芸子さん。

e0271181_09183902.jpg
農人町さんは運よく何度か芸を観ることができました。

e0271181_09193482.jpg

e0271181_09200155.jpg

e0271181_09205605.jpg
芸子見習いも(^^)近い将来、衣装をまとい芸子さんをできるといいですね。

e0271181_09231215.jpg
衣装揃えではどこの町も練子さんが少ない目ですが、それでも農人町の屋台はよく上がっていました。今年も豪快な屋台練りをしてくれることでしょう!

e0271181_09243805.jpg

e0271181_09251662.jpg
中部の車楽にも遭遇。明日の神幸祭にそなえて掛け声元気に巡行中です。

e0271181_09514784.jpg


e0271181_09265030.jpg
芸子さんは四人。みんなめっちゃ仲良さそうでかなり元気そうな子らでしたけど

e0271181_09294594.jpg
芸が始まるとピリリと引き締まってかっこいい!!

e0271181_09305765.jpg
今年の芸子さんもめっちゃ声出ててよかったです。
屋台練り自体だけもかっこいいのですが、その前の芸が締まってこそ見ているこちらの気分も高揚するものです。

e0271181_09354515.jpg
ちょうど藍屋町が帰ってくるところに立ち会うこともできました。

e0271181_09361569.jpg

e0271181_09363286.jpg
神輿町の衣装での屋台練りも貴重な光景です。しっかり観ておかなきゃ。

e0271181_09373879.jpg
最後に観れたのは東宮町。

e0271181_09401124.jpg
引き締まったいい芸をされておりました。

e0271181_09413175.jpg
今年の衣装揃えはこれにて見納め。
毎年各町時間が違うので、確認させていただきながらの徘徊になります。
今回見させていただけた以外にも、木曾、戎町もされているのかも知れませんが、お会いできずでした。
二町の屋台練り、芸は明後日、例大祭までのお楽しみです。

(その3)につづく。

by senbei551 | 2017-10-09 21:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)
今年もこの時期がやってきました。高砂神社秋祭り。
行かせていただくようになって、なんと8年目。それでも毎年新しい発見や出会いがあり、楽しみは増すばかりです。

e0271181_23570819.jpg
今年も「衣装揃え」から参加。高砂駅前に降り立つと太鼓の音が!!もうやっている??急いで音のほうに行くと浜田町!

e0271181_23554900.jpg
しかも芸子さんが6人!!6人は初めて見ました!びっくり!!!

e0271181_23590056.jpg
まずは秋祭り保存会にご挨拶に。今年もカレンダーの撮影も兼ねて祭りに入らせていただきました。
初めて高砂に来た時は右も左も知る人もひとりもいない状態でした。8年経った今、こうして受け入れていただいていることに感謝です。

e0271181_00013118.jpg
今年はまず西畑へ。西畑は僕が高砂に行かせていただくようになった翌年から屋台と芸子を出されて今年で7年目になります。
住宅地の中にあり、子どもたちもワイワイと僕の知る他町とはまた違った雰囲気です。

e0271181_00031944.jpg
「あ!クリリンや!」と!光り輝く頭のおかげでつかみもOK。

e0271181_00043903.jpg
屋台が倉から出されます。太鼓の音聞くとテンションあがるわー!

e0271181_00151840.jpg
西畑の車楽に乗られるお稚児さん。

e0271181_00054385.jpg
手前は去年の芸子さんのうちお二人と、奥は今年の芸子さんお二人。

e0271181_00081486.jpg
昔から仲良しの笑顔の良く似合う元気なお二人です。

e0271181_00101256.jpg
基本笑ってるか変顔してるかだけど、芸が始まると一変!きりりとした見事な芸です。

e0271181_00110902.jpg

e0271181_00133585.jpg
町内巡行に出発です。

e0271181_00163940.jpg
子どもたちが元気なことは、いい祭りの特徴のひとつ。高砂ではどこの町に行っても子どもたちはみな元気です。

e0271181_00181723.jpg
もっと見ていたい気持をぐっとこらえて次の町へ向かいます。

e0271181_00202915.jpg
こちらは藍屋町。今年は神輿町を務めます。おそらくは30年以上ぶりのことだと聞いた気がします。正確には把握しておりません。

e0271181_00243195.jpg
天狗もいます。今年の天狗はサービス精神旺盛で子どもにとてもやさしい天狗でした。写真ではめっちゃ泣かれてるけど。

e0271181_00264395.jpg


e0271181_00254888.jpg
いよいよ神輿町としての藍屋町の出立です。

e0271181_00282233.jpg
藍屋町の屋台が出されます。倉出しの瞬間というのはやはり気持ち高ぶりますね。

e0271181_00303795.jpg
擬宝珠が取り付けられる。

e0271181_00315760.jpg
芸子も準備万端です。今年の藍屋町の芸子さんは男の子と女の子。7年前復帰された藍屋町の芸子を務めたのも男女の芸子でした。大変すばらしい芸で、あの時の感動今でもよく覚えています。

e0271181_00344240.jpg
神輿町藍屋町の記念写真を撮らせていただきました。町として大切な一枚になるかも知れないので緊張します。

e0271181_00362894.jpg
町内巡行へ出発です。

e0271181_00372631.jpg
箇所箇所で芸が披露されます。今年も声の出たいい芸をされておりました。

e0271181_00401869.jpg

e0271181_00412759.jpg

e0271181_00415711.jpg
先々で芸の披露が行われます。
もっと見ていたい気持ちについつい居座ってしまいました。

高砂には全9町に屋台、芸子がおります。全ての町が衣装揃えを行っているのかどうかはまだ知らないところではあります。
衣装揃えは短時間ゆえ全てを観て回るのも難しいのですが、見られる範囲で見させていただきたいと思います。

少し時間がかかると思いますがよろしくお付き合いください。
(その2)へつづく。


by senbei551 | 2017-10-09 18:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551