花祭り2018(古戸・下黒川)

昨年上黒川へ初めてお邪魔させていただきました、奥三河の花祭り。その時の様子はこちらより
隠れ里と言われるだけあって、車がないと行けません。昨年はがんばってタクシーで行きましたが、かなりの金額になってしまうので毎年は難しい…今年はどうしようか…と思っていたところ、「Mr.LOVEぶろーすMACHINE☆」のすぺいん人さん(日本人)が乗せて行ってくださるということでお言葉に甘えて!!すぺいん人(日本人)さん、ありがとうございます。

ブログを続けるかどうか迷うくらい、ちょっと更新が難しいのですが、とりあえず写真少数の短縮版ででも続けられればと思います。
書き出すと全部書いていきたくなるのですが。。

1月2日~3日。最初は古戸(フット)の花宿に行き、山見鬼を観たあと下黒川へ行きました。
その後、上黒川にも行きたかったのですが体力的にも厳しく断念。。また上黒川にも行きたい!

e0271181_16003313.jpg
古戸では到着時、地固めの舞かな?を舞われておりました。古戸の印象としては花宿がきれいで人が多い!

e0271181_16003368.jpg
セイト衆も元気があって、めっちゃ盛り上がります。ただ酔っ払いも多い(笑)

e0271181_16003329.jpg
最初はあまり入り込めなかったけれども、こちらもお酒飲んでからがぜん気持ちが入ってきました。

e0271181_16003439.jpg
一丸となって盛り上がる雰囲気がとてもよかった。

e0271181_16003463.jpg

e0271181_16044852.jpg
「花の舞い」だったかな。ちびっこの舞いがかわいすぎるっ!!この子三歳なんだって!!かわいい!!ぴょんぴょん跳んでました。あと古戸の子どもたちの衣装がめっちゃかっこいいです。

e0271181_16070772.jpg
鬼様きたーー!!今回は事前知識ゼロで臨んだので、どれが山見鬼か分からず、新しい鬼が出てくるたびにテンションあがる!!

e0271181_16070770.jpg
しかし出てくれば納得の迫力!!!山見鬼!!古戸の山見鬼さまはずいぶんの小顔でした!鬼の顔ひとつとっても同じものがなく、本当におもしろい!!

e0271181_16070698.jpg
人が多いので、撮るのがなかなか大変ではありました!!一年に一度だけ隠れ里におりてくる鬼様たち!かっこいい!!

e0271181_16095848.jpg
古戸で山見鬼を観た後、下黒川へ移動です。ここから合流された方は、本来同日開催の津具に行こうとしていたのですが、雪のため断念されたのだとか。津具にも行ってみたいなぁ。ひとつ同じ地区の花祭りにごいっしょさせていただきたい気持と、たくさんの花祭りを観たい気持ち両方があります。

e0271181_16115727.jpg
下黒川では「三つ舞」が始まったところ。山見鬼には間に合わず!!
下黒川は昨年お伺いさせていただいた上黒川のすぐ隣にあるのですが、それでもまた違った花宿に花祭り!!

e0271181_16115813.jpg
下黒川の花宿も新しいのですが、事前に想像していたよりも温かみも兼ね備えていて、舞庭周囲の広さも心地よい広さでとてもよかったです。
ただ上黒川と違って、建物の片面全部オープンなので寒いです(笑)

e0271181_16152089.jpg
言うてるまに、下黒川の第二の鬼様!!花祭りを通して最も重要と言われる「榊鬼」が出て来ました!!かっこよすぎるねん!

e0271181_16161677.jpg
巨大なまさかりをぶん回し、激しく舞います!!セイト衆も声が出ていて俄然盛り上がります。

e0271181_16152000.jpg

e0271181_16152161.jpg
生まれ清まりの所作として、釜を割る仕草をするということです。花祭りは、あちらの世界の白山(花の山)に行って、生まれ変わって帰ってくる信仰の祭りだったように思います。

e0271181_16152183.jpg
子鬼たちも元気に舞います。というかめっちゃ上手いんですこれが!!!鬼と一体になれる体験が子どものころから身近にあるなんて素敵です。

e0271181_16161520.jpg
こちらの緑の鬼もめちゃくちゃ激しい!!気を付けないとマジでマサカリで頭かち割られますのでご注意を。
セイトの唄声も激しく、写真を撮りながらこちらも「テホヘー!トホヘー!」と身体でリズムをとりながら叫んでしまいます。


e0271181_16152060.jpg
四方を清める意味もあるのでしょうか、火のついた薪を激しく打ちます。これは上黒川でも同じことをされていましたね。

e0271181_16253418.jpg
その後、ある意味「花祭り」で一番強烈にインパクトのある、「すりこぎ」と「しゃもじ」が出てきます。舞庭にいる全ての人たちの顔に味噌を塗ってまわるのですが、下黒川のこのペアは強烈です!!塗られまいと観客は逃げるのですが、昨年はそんな観客の裏をかいて、正面登場口ではなく、観客の後ろ側からこっそり出て来ました。
それを知っている人は今年も!?と後ろを警戒していたところ、正面から出てきたのですが、まぁなんと弾丸のような飛び出し!!出てくるなり味噌を塗りまくる!!そして観客のいっせいにサー!!といなくなる様子ったら(笑)舞庭にいっきに人気がなくなって、めっちゃ面白い。それでも逃げた人を追いかけ塗りたくる。「ぎゃー!」「わー!」と阿鼻叫喚。下黒川は子どもたちも多くて、子どもと祭りのこういう関わり方すごく好きなので、子どもたちが逃げまどい、味噌を塗らる様子はとてもよかった!!自分の中では、この味噌塗りタイムが一番楽しみにしている時間かも知れません。自分も左右それぞれに塗ってもらいました!

e0271181_16241002.jpg
ひきつづき巫女さん?が出て来てそれにすりこぎ、しゃもじがちょっかいを出します。袴の中のぞき込んだり抱きついたり。子どもに見せられないようなことも(笑)ただわけわからんことに、巫女さんよりそれを守る約のばばあがめっちゃ襲われていました(笑)このすりこぎとしゃもじ最高やわ!!

e0271181_16333414.jpg
その後、場の空気を戻すように神聖に。釜の湯に清らかな水を注ぎ、唄とともに釜を清めなおします。ただふざけている祭りではなく、こういう大切なものが芯にながれているからこそ、すりこぎやしゃもじといった訳のわからんものが出て来ても(笑)、幅の広いすばらしい祭りになるわけです。

e0271181_16355835.jpg
この後「湯たぶさ」というワラ束を持った男たちが舞い、「湯囃子」が行われます。一時間近く舞われるので、分かっている人はこの間に少し休憩をとられたりするわけです。ここで時間は6時半。もうすぐ夜明け!自分も正直くたびれてしまっており、実は動く元気もないほど(^^;) 花祭り、ほんまハードな祭りなんです。

e0271181_16355898.jpg
唐突にお湯かけタイム!!!寒いので湯気でなにも見えなくなるほど!!分かったもので、この頃にはギャラリーも大勢戻って来ており、みんなでびしょびしょ!!大いに盛り上がります。この御湯を被れば一年間無病息災で暮らせるそうで、めっちゃ浴びて濡れて…風邪ひきそうになりました(笑)下黒川の湯囃子は、裸軍団がおって、めっちゃおもしろい!!花宿もいい雰囲気で、若衆たちも楽しんでいる雰囲気がすごく伝わり、とても魅力的でした。

e0271181_16355889.jpg
たぶんこの頃氷点下ですよ(笑)ありえへーん!!!こらだから祭りは最高です。
この後、四人で舞う「四ツ舞」が行われます。花まつりの中で最も長い舞いではないかな。ただもう疲れ切っていたのと、身体が冷え切っていたのでストーブで暖めさせていただき、写真はカットで(笑)一応撮ってはいるのですが。

e0271181_16475298.jpg
朝日がきれいに入ってくる中、三役最後の鬼さま「朝鬼」の出番となります。上黒川の窓から入ってくるきれいな光もよかったですが、下黒川も本当きれいに朝日が入ってくる。これって計算して花宿が作られているのでしょうか。

e0271181_16475286.jpg
あまりにきれい!!かっこよすぎてテンション超あがってしまいました。

e0271181_16475212.jpg
かっこええーーー!!

e0271181_16493813.jpg
朝鬼かっこよすぎるで!!!

e0271181_16475270.jpg
下黒川の朝鬼さま、髪型超イケメンでした(笑)いやホント素敵タイムでした!!この時間また体験しに行きたい。
個人的には上黒川でもそうだったけれども、朝鬼の雰囲気が一番神聖に感じられて好きかも知れません。

e0271181_16512916.jpg

e0271181_16512801.jpg
朝鬼の出番中、休憩中の伴鬼たち。なんかもうめっちゃええんです!それぞれに個性があって最高。この鬼やらせてもらえることもあるらしく、いっしょに行った人の一人もやらせてもらったことがあるらしく、うらやましい!!

e0271181_16512942.jpg
朝日が入り、もうすぐ長かった花祭りも終わり…という寂しい気持ちも混じりつつ鬼たちは舞います。とてもいいなぁ!!!花祭りっていいなぁ!

e0271181_16541372.jpg
最後に朝鬼が、びゃっけの中にあるハチの巣?をたたき割ります。中からは紙吹雪といっしょに小銭がジャラジャラと落ちて来ます。
するとわーっと集まる子どもたち!!子どもたちにとって楽しみな時間のひとつでしょう!うれしそうで微笑ましいです。

そして花祭りもいよいよ!!最後に獅子舞が出て来て終了!!!
といったところで、出てきたのは!!!!

e0271181_16544306.jpg
すりこぎ&しゃもじアゲイン!!!!ここで味噌塗り立ちの出てくる破壊力といったら!!!でも意外とギャラリーたちは潔く味噌を塗られていました!もう疲れ切っているのか、二度目なのであきらめているのか!

e0271181_16544342.jpg
子どもたちにも容赦ない!!!しゃもじは面積広いからめっちゃ塗られるんですよww
結局ぼくも、味噌5回ほど塗られました。重ね塗り。楽しいからどんと来いです。

e0271181_16544331.jpg
子どもらがほんま笑顔で最高!!味噌ファンデーションか!というくらい塗られているお母さんもいたし!!下黒川の味噌野郎たち、ほんま最高ですわ!!

e0271181_16544335.jpg
え~っと、そしてちゃんと獅子舞!!!場を清めてくれるのかな。しっぽがぴょこぴょこ動いてめっちゃかわいいんです。

e0271181_16584843.jpg
この後竹を持った人たちが、唄を歌います。「花の山~♪」とよく歌っていたので花祭りに関することを歌われているのでしょうね。
これは三年に一度しかないそうで、いいものを見させていただくことができました。

この後「この竹持って帰りー」と来た人に勧める地元の方々。後始末が大変らしいです(笑)
飾っておくと縁起物間違いなしで、ほしいんだけど電車に乗って帰ることを考えると遠慮せざるを得なかった。
あとでインスタグラム観ていたら、この竹もって新幹線で帰ったツワモノもおられたそうです。すごい花祭り愛!!
端からみたらどこかの部族にしか見えない!!その話題で帰りの車中、ずいぶん盛り上がりました。

e0271181_16555271.jpg
最後に四方を清め、びゃっけの飾りや、ざぜちなどをみんなが持ち帰って終了となります。お家に飾っておくと縁起がいいのです。
午後からは「竜王の舞」といって、神様を鎮める舞いが行われておりますが、帰還することに。

お昼ごはんは御園地区にある「茶禅一」さんでお蕎麦を。

e0271181_17373386.jpg
昨年の上黒川の花宿の雰囲気も忘れられず、最後に一目だけでもと花宿によらせていただき空気を吸って帰りました。

花祭り最高でした!!!また行きたい。





Commented by ei5184 at 2018-01-05 18:40
ご無沙汰です。またまた珍しいと云いますか、初めて見ました!
ブログを更新出来ないくらいにお忙しいのですか!
出来れば時間の許す限り、又更新して下さい。
2月の勝山左義長祭りでお会い出来る事を楽しみにしています。
Commented by すぺいん人 at 2018-01-05 18:50 x
どうも~、日本人ですwww

ご一緒出来てとても楽しかったです♪(^-^)/
いや~、アップ早い(笑)!!

素晴らしいお写真だらけで再び感動しながら拝見しました♪
朝鬼の背中、カッコえぇー!!!(≧▽≦)

朝の味噌は最強ですねw
しゃもじにやられてる子供がむちゃくちゃ良いです(笑)!!

古戸もフルで見たいなぁと思いつつ、来年は津具にも行きましょう♪♪♪( ̄▽ ̄)b
Commented by senbei551 at 2018-01-05 19:48
eiさん
新年おめでとうございます~。単純に編集やらが遅くて、写真一日撮ったら現像とブログ化に1.5日くらいからかかっちゃいますし、一か月に3回撮りに行ったら、1週間以上、一か月の1/4費やすことになっちゃうので、一年にすると3か月費やすことになりますものね(苦笑) 写真って、思っている以上に時間もお金も必要ですね。ブログで繋がるご縁もありますし、細々とでも続けていけるといいなと思います。ありがとうございます。
Commented by senbei551 at 2018-01-05 19:50
日本人(すぺいん人)さん
今回はありがとうございました!!実は初お会いだったのかな?あんまりそんな感じしなかったけど(笑)
朝鬼の背中かっこよかったですよねー!!!かっこよすぎて前横たわって撮ってしまってすいません。我慢できなくて(苦笑)下黒川の味噌部隊はほんま最高やったですわ!!
来年は、ほんとぜひ津具も行ってみたいです。叶いましたらよろしくでーす!!
Commented by tora003 at 2018-01-06 10:50 x
只々、素晴らしい!!
記事を拝見して臨場感がダイレクトに伝わってまいります。
あらゆる面で相当の覚悟をもって訪れる必要があるようですね。
味噌の塊がカメラを直撃するハプニングも有りそうやな(笑)
Commented by senbei551 at 2018-01-06 21:43
行くの大変ですが、並みの祭り何個分もの濃さがありますよ!!toraさんもぜひどうですか!?いっしょに味噌パックしましょう(笑
by senbei551 | 2018-01-05 17:13 | ◇奥三河花祭り | Comments(6)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551