おわら風の盆2017③

風の盆を初めて観に来させていただいたのは2014年。
その時は、日中から歩き回り撮りまわり、暗くなることにはヘトヘトになったのを覚えています。

今は…体力がなくなったのもありますが、日中はあまりウロウロしません。
なぜって、夜のおわらの美しさを知ってしまっているから。

今年の夜はどう動こうかな?などと考えていると「ゲジデジ通信」さんから「おたや階段」で踊りが始まるよ!と
連絡をいただいたので、急いで鏡町の「おたや階段」へ。

e0271181_01031064.jpg
鏡町の輪踊りを観ることができました。ゲジデジ通信さん、ありがとう。

e0271181_01052409.jpg
おたや階段前は鏡町の踊りの美しさ、景観の美しさもあって、おわら屈指の人気スポットになっています。毎年、名前を書いた段ボールなどが前日の深夜から貼られて場所取りがされ、それも名物のようなものではあったのですが、今年から本人がその場にいないと剥がされることになり、いいことだと思います。

e0271181_01102824.jpg
まだこの時間は子どももがんばっています。

e0271181_01105796.jpg

e0271181_01121564.jpg
輪踊りが終わると、おたや階段での次の演舞が21:10。2時間以上待つことになり、どうしようかと思ったのですが、それほど悪くない場所も確保できていたので、そのまま待つことに。待っている間に和歌山の方から「左義長の方ですか?」と声をかけられました。
「左義長の方」って(笑)名誉な呼ばれ方ですが恐れ多い(^^)知り合いのカメラマンさんのお知り合いの方でした。
初のおわらでしたが、的確に動いておられました。いいお写真を撮られていることでしょう。

e0271181_01155946.jpg
写真をやっていると二時間くらい待つことはざらで平気になってしまうので、つくづくバカな人種だなと我ながら思います。21時を前にして鏡町の方々が舞台公演から戻ってこられました。

e0271181_01175584.jpg

e0271181_01183950.jpg
地方のみなさんも揃わられて、いよいよ演舞が始まります。今年マイクを握っておられた方がすごく温和に丁寧に、でもしっかりと話していただける方で、フラッシュを焚いたりというマナー違反も少なく、とても気持ちよく見させていただくことができました。

e0271181_01251435.jpg
おたや階段前での鏡町の演舞は、おわらに来たなら必ず観ておきたいところです。

e0271181_01222630.jpg

e0271181_01275934.jpg

e0271181_01273326.jpg

e0271181_01290743.jpg

e0271181_01313502.jpg
とりわけ「雲」と呼ばれる、雲の浴衣を着た青年女子のみなさんは、自分の中では元は花街があり女踊りに定評がある鏡町の中でも技芸優れた別格の存在であるような位置づけで、出てきただけでテンションが上がります。

e0271181_01365038.jpg
野暮なことですが、おたや階段での撮影はけっこう暗いし、おたや階段や行灯をどう入れるかなどけっこう難しいです。背景におたや階段がある方が絵的にはきれいですが、観るならおたや階段側から観る方が見やすくて踊り子さんともいい距離で好きです。

e0271181_01391942.jpg
結局おたや階段前で二回ほど演舞を観させていただきました。やはり見逃せない美しさでした。
この後、深夜のおわらへ。おわらの真骨頂です。

(その4)へつづく。






by senbei551 | 2017-09-01 23:52 | ◇おわら風の盆 | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551