おわら風の盆2016(2日)①

本年も行かせていただきました「おわら風の盆」。
ゲジデジ通信さんに連れて行っていただいて三年目。今年もお世話になりました。

毎年ごいっしょさせていただいている、「祭りバカとは俺の事(仮)」のmaturi-bakaさん、「旅と祭りのフォトログ」のtoraさんに加え
今年は「いけふぉと」の森羅塾さん、「ちょっとそこまで」のeiさん、現地では「きりぎり巣」のきりまゆさんに
大変お世話になりました!

e0271181_11270197.jpg
昨年は、大雨でほぼ全滅状態でしたが
果たして今年は、三日間ともよい天気という好条件でした。
風の盆では大変めずらしいことのようです。

e0271181_11282331.jpg
富山駅前の「ひげラーメン」で腹ごしらえ。去年まで風の盆に出店されており、深夜にお世話になった懐かしい味です。

e0271181_11293792.jpg
越中八尾につくなり「おわら」に遭遇!まだ始まる15時になっていなかったのですが、福島支部の方々は輪踊りをされました。
これは幸先がいいです。

e0271181_11310734.jpg
明るいうちは、未来のおわらを担う踊り手たちもがんばっております。

e0271181_11313744.jpg
「おわら」を扱った漫画「月影ベイベ」でも書かれておりましたが、メイン通りの「十三石橋」が架替工事中のため渡れません。

e0271181_11344867.jpg
西町でゆっくりしていると、踊り手のみなさんが集まり始めました。
15時を回り、いよいよ「おわら」2日目の幕開けです。

e0271181_11363216.jpg
西町で毎年見させていただいているのが「禅寺橋」での「おわら」。今年も見させていただくことができました。

e0271181_11383097.jpg
「禅寺橋」の欄干には「おわら」の装飾が施されております。子どもたちにはやっぱり気になるみたい。
南国の踊りか!と思わせるような、なかなかに濃い顔の装飾です。

e0271181_11405073.jpg
青空がとてもきれい!!

e0271181_11481227.jpg
八尾は坂の町。階段や坂が多数あります。おわらを踊る人たちのぐっと腰を落とす、足腰の強さはここから育まれているのか!

e0271181_11494115.jpg
町中でも輪踊りをしてくださいました。

e0271181_11495737.jpg
踊りにもとても雰囲気があり、毎年撮ってしまいます。黒の浴衣がとても似合っております。

e0271181_11552102.jpg
歩いていると「東町」の輪踊りを観ることもできました。この子もかっこいいね!

e0271181_11560685.jpg
お兄ちゃんの妹ちゃんかな。ずっと横についておりました。かわいらしいね。

e0271181_11572988.jpg
e0271181_11580997.jpg
毎年足がむいてしまう「東新町」へ。八尾のはずれにあるのですが諏訪町通りからの流れで街並みも美しく、昔からの早乙女衣装の子どもたちがいたり雰囲気があります。
e0271181_12001388.jpg
e0271181_12062654.jpg
e0271181_12091133.jpg
町流しなどを拝見。2日は人もそれほど多くなくゆっくりと見させていただくことができました。
日も暮れだし、17時~19時ごろまではどこの支部もご飯休憩に入ります。
この時間帯に到着するツアーバスなどもあって、二時間ほぼなにも見れないのでかわいそうだなぁと思います。
ツアーで来られる方はスケジュール見て気を付けてください。

e0271181_12115504.jpg
夜のおわらが始まる。再び西町にて。
こちらも酒が入りほろ酔い気分です。

e0271181_12151399.jpg
「風の盆」では見逃せない「おたや階段」前、鏡町の舞台踊り。
ある程度しっかり見ようと思ったら、かなりの時間待たないといけませんが、それでも毎年観てしまいます。

e0271181_12184982.jpg
今年は、しっかりとはほぼ初めて「おたや階段」側から見させていただきました。
e0271181_12193576.jpg
e0271181_12195098.jpg
成人女子という認識でいいのでしょうか。ある程度技能があれば着させていただけるのか
「雲」と呼ばれる、文字通り雲をあしらった白い着物姿がとても美しいのです。
「雲」を着られるみなさんにも、誇りや喜び、プレッシャーもあるのではないでしょうか。
e0271181_12224942.jpg
e0271181_12220626.jpg
鏡町はもと遊郭があった場所で、男女混合の発祥の地でもあります。
気合いが入ったカメラマンが集う場所でもあります(笑)
朝からこの「おたや階段」前におられて、これだけ撮って帰られる方もおられます。

鏡町の演舞はまだ続きますが、一旦この場所を離れて次の場所へ向かいます。

(2日②)へつづく。



Commented by ei5184 at 2016-09-08 19:00
何時の間にアップされていましか!(笑)
此方こそ楽しいひと時をありがとうございました。
視点の違いは面白いですね~
特に、何々 黒の浴衣の少女、毎年撮られていたとは!
西町ですか?  来年探してみます(笑)
Commented by senbei551 at 2016-09-08 21:39
みなさんが更新始められているので、がんばってこちらも更新しました。
黒の浴衣の子、西町の子です。踊りも上手で目をひくので西町についていればすぐにわかると思いますよ~。
Commented by senbei551 at 2016-09-10 09:22
eiさん
ちなみに、eiさんのブログからとんだ「一歩々」で、
路地裏、地方の後ろについて一人踊っている女の子が紹介されていたのですが、それがこの黒の浴衣の子です。
あのシーンに会われたのは、うらやましい!と率直に思います。
by senbei551 | 2016-08-02 20:00 | ◇おわら風の盆 | Comments(3)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551