人気ブログランキング |

筑摩神社「鍋冠まつり」2016②

筑摩神社の「鍋冠まつり」

e0271181_02204031.jpg
祭りに奉仕する8人の女の子たちが、鍋を被るという特異な点から「日本三大奇祭」のひとつに挙げられることの多い祭りです。

e0271181_02155251.jpg
14時になると約200人からなる行列が御旅所から筑摩神社に向かって渡御します。

e0271181_02165830.jpg
「母衣人」の子どもたち。

e0271181_02174198.jpg
奴もおります。数年前までは独特の奴振りを披露されていたようですが、現在は練習する時間がないとのことで徒歩のみとなっております。
「鍋冠」の女の子ばかりが脚光を浴びますが、みなさんが祭りの主役。その魅力が失われていくのは、時代の流れかもしれませんが少し残念です。

e0271181_02224936.jpg
御旅所を出た行列は、琵琶湖の沿道を渡御します。

e0271181_02243935.jpg
広大に広がる琵琶湖を背景にきれいではあるのですが、いかんせん交通量が半端ではない。
仕方ないですが、あまり祭りを楽しめるという環境ではないです。

e0271181_02272265.jpg
祭りが始まる前に社務所で見せていただいたのですが、昭和38年ごろまで大神輿が渡御に加わっており、琵琶湖の中を歩いたそうです。

e0271181_02305126.jpg
大神輿は現在、御旅所にて安置されており、見ることができます。

e0271181_02283355.jpg
合わせて見せていただいた絵図では、筑摩神社の前には長い参道がのびる広大な土地があったのですが、地震でだったでしょうか陥没してしまい、
現在のように琵琶湖のすぐ淵に神社がある形となったそうです。

e0271181_02335319.jpg
琵琶湖沿いを約1kmほどだったでしょうか。休憩を何度もとりながら歩いていきます。

e0271181_02345417.jpg
e0271181_02355351.jpg
e0271181_02370052.jpg
鍋冠の女の子たちは、少し紅色をお化粧されているほうが衣の緑と映えてよく引き立つなぁと個人的には思います。

e0271181_02352374.jpg
先頭の女の子はバシバシ撮られるので、ちょっと照れくさそうでした。

e0271181_02380944.jpg
なかなか写真を撮れる環境でもありませんし、少し鍋冠の女の子たちを撮らせていただいたら、できることもなく、大阪から筑摩に嫁いできたという方とお話ししたりしつつ、先に神社で待っておりました。知りませんでしたが、行列到着前には拝殿前で湯立神事も行われているようです。

e0271181_02431339.jpg
獅子舞のみなさん。観れなかったけれども、頭を被って子どもたちを噛んであげたり、踊られたりということもされているのかな。

e0271181_02460762.jpg
太鼓山も入ってきました。渡御には、筑摩・上多良・中多良・下多良の四つの地区が参加されているとのこと。各地区にひとつずつ山があるのでしょうか。

e0271181_02472847.jpg
御旅所には曳山のようなものもありました。昔は出ていたのでしょうか。どのような使われ方をしていたのでしょうか。

e0271181_02494564.jpg
ここが見せ場!とばかりにグルングルン回っておりました。

e0271181_02500953.jpg
こちらは思いっきり太鼓を打つ。

e0271181_02492890.jpg
e0271181_02510076.jpg
鍋冠の女の子たちも到着しました。

e0271181_02525912.jpg
e0271181_02525903.jpg
e0271181_02552317.jpg
e0271181_02555891.jpg
本殿にて神事が執り行われます。

e0271181_02570424.jpg
鍋冠の女の子たちも本殿に参拝を済ませ、普通の女の子に戻ります。

e0271181_02591365.jpg
お役目を終えた子どもたちはそれぞれに帰路に。出店が二軒しか出ておらず、どちらも長蛇の列でした。

e0271181_03010324.jpg
神社からの帰り道、遠方を地区へ帰っていくのであろう太鼓山の姿が。

e0271181_03012228.jpg
御朱印がないとのことで、変わりに鍋冠のスタンプを押してもらいました。特に下のやつ、めっちゃかわいいやん。
社務所では鍋冠の土人形や扇子も売られておりました。いいなぁと思ったけれども、ちょっと高かった。今度自分で作ろうと思います。

e0271181_22414639.jpg
筑摩神社の「鍋冠まつり」。鍋釜、神鏡人の女の子たち、母衣人の男の子たちと子どもたちの姿が魅力的なお祭りでした。
はるか昔の方が「鍋冠おどり」とか作っていてくれたらなぁ(笑)


また、思い出したように訪れてみたいと思います。

e0271181_00485019.jpg
「鍋冠祭」の絵を描いてみました。余裕ができれば粘土でも作ってみたいと思います。

e0271181_20042569.jpg
粘土で作ってみました。とりあえず「鍋」「釜」の「釜」?の女の子のみ。



Commented by dendoroubik at 2016-05-07 19:11
ここへ行ったはったんですね!
この日はもう少し東の垂井にいました

奴振りはなくなってたんですか
練習する時間がなくて・・・
滋賀県の祭りで一度も獅子舞を見たことがないのですが
同じような理由でなくなったのかもしれませんね
Commented by senbei551 at 2016-05-07 20:15
そうなんです。ようやっと行って来ました。

鍋冠の女の子たちは、それだけで観に行けるほど、かわいらしかったですが、奴もなくなり、獅子はどうだったのか分かりませんが、全体的に祭り楽しんでまっせー!!的な要素が薄い気がして、ちょいと寂しさも感じました。
Commented by 清水 at 2016-05-09 08:18 x
苅谷さんが来ておられるかなあと思っていたのですが
とくいさんとお会いするとは思っていませんでした(笑)
何度も通っている私よりも
祭りに詳しいところもあるのでびっくりです
今年の連休は鍋冠・伊庭・七条・和邇と滋賀通いで
1000km近く走りました

14日はお旅祭りに行かれるようですが
私は14日はスポーツ吹矢の交流試合なので
15日の予定です
20日は福井県の三国祭りです
時間がありましたらぜひおいでください
Commented by senbei551 at 2016-05-09 09:54
清水さん、こんにちは~!
僕もいきなり頭握られて、誰かと思ったらビックリでした(笑)
祭りのことは、社務所におられた方が詳しい方で、お忙しい中いろいろと教えてくださいました。
その受け売りです(^^)
鍋冠の女の子たちはかわいかったですが、見学するにはなかなかにハードな環境やったですね。
でもまた、かわいらしさ観たさに、そのうち行くんんじゃないかな~という気もします(^^

滋賀県通い!1000kmとか、みなさん祭りに対する情熱に感服いたしますー。
小松はニアミスになるとのことで残念ですが、お祭り自体は初めてなのですごく楽しみです。
吹き矢がんばってください~~。

20日は、次の日「えび祭り」というものに行くので、その準備ですわ~~。
三国祭もいいですね。
by senbei551 | 2016-05-03 16:10 | ◆滋賀の祭り | Comments(4)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551