人気ブログランキング |

やしゃりさん①

滋賀県竜王町林地区で行われている「やしゃりさん」を見学させていただいてきました。
昨年ゲジデジ通信さんが行かれているのを見て「いいですねー」と話していたら、連れて行ってくださいました。

やしゃりさんは、常信寺に地区の子どもたちが集合し13時より始まります。
12時過ぎに到着すると「本当に今日あるのかな?」と心配を口にするくらいあたりは静寂。
番犬に怒鳴られながら、地域をウロウロし13時前に常信寺に戻ってくると…

e0271181_03023108.jpg
居たっ!!!!

e0271181_03023137.jpg
やしゃりさんです。昔々に日野川の洪水で上流からこの林地区に流れ着いた仏さまだそうです。
地区の子供たちが、このやしゃりさんを背負って家々を回って歩きます。

e0271181_03054178.jpg
地区の子供たちも13時頃にちらほらと集まってきます。カメラを見ると「わー」と逃げて行ったかと思うと、アンパンマンもびっくりのまん丸な顔になって戻ってきました。いきなりかわいい。

e0271181_03054153.jpg
あっという間に大勢の子どもたちの声が広がり、先ほどまでの静寂が嘘のようです。やはり子どもがいると活気があったいいですね!みんな手には一つずつお盆。知らない人が見たら「?」って思うでしょうね。

e0271181_10572866.jpg
子どもたちの中のひとりが、紅白の長い帯を使ってやしゃりさんを背負います。

e0271181_10570597.jpg
鐘、やしゃりさんを先頭にして出発。約3時間かけて地区の一軒一軒を回ります。

e0271181_11034553.jpg
回った家々では、お供えのお米をいただきます。

e0271181_11085287.jpg
落とさないようにそうっと!子どもたちが持っていたお盆はこのためなのです。お役目をもらって、お米を運ぶのも少し楽しそう!

e0271181_00094276.jpg
いただいたお米は、袋にいれて運ばれます。一軒一軒いただいて回るので、最後にはけっこうな重さになります。

e0271181_15264398.jpg
お米をお供えされた後、やしゃりさんに手を合わせたり頭や体を撫でたりされます。ゲジデジ通信さんでも書かれておりましたが、みなさん本当にうれしそうにされており、いい光景だと思いました。

e0271181_00120730.jpg
やしゃりさんが蒲生郡の「風土と遺宝展」で展示された際、おそらくは鎌倉時代の仏さまであるという結果が出たそうです。

e0271181_00152425.jpg
林地区にやしゃりさんが流れ着いて、この行事が始まったのが約90年前のことで、それまでやしゃりさんが居られた場所は残念ながら不明とのことです。

e0271181_00240467.jpg
小さな地区を鐘の音といっしょにやしゃりさんが練り歩きます。昔は「やしゃりさんの願じ、穂に穂が咲いて、道の小草に米がなる」と歌いながら歩いたそうですが、どのような調子で歌われたのか今ではわかりません。

e0271181_00334707.jpg
やしゃりさんを担ぐ子以外は、お米をいただく役割ですが、家の玄関先まで入れる子どもは、やしゃりさんとお盆もちの子ふたりだけ。

e0271181_00352272.jpg
他の子どもたちは、見えない壁に阻まれているように門前で待っています。

e0271181_00361975.jpg
なので子どもたちには待ち時間も長く、みんなわいわいと遊び声をあげ、とても賑やかです。普段静かな様子なので、地区のご年配の方々からすれば、こうしてやしゃりさんが子どもたちが訪ねて来てくれるのは本当にうれしいことではないかと思います。

e0271181_00370251.jpg
子どもたちは、みんな本当に元気でかわいい!!!


e0271181_00380712.jpg
お盆で背くらべ!
e0271181_14162452.jpg
やしゃりさんに参加する子どもたちが、ほぼ全校生徒なので、普段からみんな学校もいっしょ!遊ぶのもいっしょ!の仲良しなのでしょう。

e0271181_14065024.jpg
奈良の黒滝村に行ったときもそうでしたが、こうして大きな子が小さな子の面倒を見てあげている光景が好きです。

e0271181_14090959.jpg
今度はこっちのお姉ちゃんに。

e0271181_14095890.jpg
いっしょに回られる当番の大人と子どもの関係もとてもよかった!

e0271181_14102680.jpg
e0271181_14111040.jpg
e0271181_14122320.jpg
やしゃりさんも魅力的でしたが、それと同じくらいに子どもたちのじ純朴さが魅力的でした。

e0271181_14134980.jpg
「なぁなぁ!笑ってはいけない゛やしゃりさん”24時しよう〜!!」「うん、いいよー」年末のスペシャルを見たのでしょうね。それにしても、「笑ってはいけないやしゃりさん」って。僕も何度かタイキックされました(笑)

e0271181_14174538.jpg
「これが男の飲み方だぜっ!!」

e0271181_14204627.jpg
僕もいじられました(ゲジデジ通信さん撮影)。なんの迷いもなく懐に飛び込んできていじって来たり、話しかけてきてくれる子どもたちの明るさがうれしくなります。

e0271181_14190362.jpg
三時間近くいっしょに歩いていると、子どもたちの個性も見えてきてとても面白かったです。

e0271181_14325024.jpg
ゲジデジ通信さんで書かれていた去年のやしゃりさん、はしゃぎすぎてお盆を割った子がいて哀愁漂う背中が写されていたのですが、今年も割っちゃった子がいました(笑)

e0271181_14343823.jpg
それまでの元気がうそのように道路の端っこを歩く背中からはやはり哀愁が(笑)電気が消えたようにマジへこみしていて、お盆がもとに戻らないかとくっつけようとしていましたが、割れ盆もとに返らずで子どもたちに慰められておりました(^^)



e0271181_15540897.jpg
「ねぇねぇ、やしゃりさんを見に来たの忘れてない?」とお叱りをうけそうです。

e0271181_15511547.jpg
途中から、やしゃりさんを見に来たのか、子どもたちとの雰囲気を楽しみに来たのかわからなくなって来たのを自覚しておりましたが、両方ともがこの「やしゃりさん」の魅力なのだと思います。

次ページでは、やしゃりさんの方にスポットを戻していきたいと思います。


つづく




by senbei551 | 2016-01-05 13:55 | ◆滋賀の祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551