人気ブログランキング |

高砂神社秋祭り2014-神幸祭-その2

5年目の「高砂神社秋祭り」神幸祭。
渡御列は高砂神社を出発して、サンモールにある御旅所に向かいます。

e0271181_02254194.jpg
御先司を務める浜田町。ええ顔してくれました!ありがとう。

e0271181_02275449.jpg
よーやさー!みんな元気いっぱいです。元気に綱をひく子どもたち。神幸祭の個人的見どころのひとつです。

e0271181_02291648.jpg
まっすぐ続く渡御列。「御先司」「獅子司」「御神輿」「頭家・一ツ物」「押(おさえ)太鼓」「車楽(だんじり)」の順に続きます。数年前までは舟形の引き物もあったのですが…あれが観れなくなったのは本当に残念です。

e0271181_02353266.jpg
e0271181_02324348.jpg
辻々で激しく神輿振りが行われます。

e0271181_02332392.jpg
e0271181_02334038.jpg
今年「神輿町」を務める戎町は、昔神輿が海に流された時にまっさきに飛び込んで神輿をすくい上げた町だという話。

e0271181_02360626.jpg
木曾町の屋台。

e0271181_02364675.jpg
e0271181_02370719.jpg
e0271181_02374333.jpg
e0271181_02393831.jpg
e0271181_02395764.jpg
e0271181_02403142.jpg
今年の天狗はなにかしらやってくれておりました。御旅所ではなぜか薔薇を咥えてポーズをとっていた。

e0271181_02423477.jpg
御旅所に到着した御神輿。神輿振りが行われたあと神事があったり…獅子が走りこんで来たり…神輿の下を願をかけながらくぐりぬけたり…なのですが、見逃してしまいました。

e0271181_02460738.jpg
五台練りがあるという話も聞いていたのですが、鍵町についてカネカに行くことにしました。こちら、カネカ内における鍵町さんの芸。今年初めて見る芸でした。

e0271181_02472681.jpg
中部が到着。芸は観れなかったけれども、特別にカネカの社員さんを加えての二台練り。

e0271181_02482741.jpg
e0271181_02484556.jpg
カネカさんは広いので周囲から視界に入るものがなく、屋台と空の組み合わせがとてもきれいに映えますね。

e0271181_02512915.jpg
御旅所に戻って、15時より頭人式の儀が執り行われます。御旅所も今は駐車場ですが、昔はどのような風景の中で執り行われていたのでしょう。

e0271181_02524322.jpg
e0271181_02525810.jpg
e0271181_02533964.jpg
頭人式のあと、渡御列の御旅所出発に先だって、御先司による車楽の引きもどしが勢いよく行われます。

e0271181_02580707.jpg
車楽の前でこける人がいたり、冷やりとする瞬間もありましたが、無事執り行われることができました。

e0271181_02595179.jpg
宮に戻っていく東宮町の屋台。

e0271181_03002343.jpg
屋台に乗る芸子さんって、ちょっと絵になります。

e0271181_03011066.jpg
浜田町。

e0271181_03012509.jpg
木曽町。

e0271181_03015739.jpg
御宮の前に各町の屋台が集合します。御旅所から高砂神社までの道中も、元気な子どもたちであったり、素敵なシーンはたくさんあるのですが、いかんせん毎年この頃には僕の電池が切れております。けっこうヘトヘトになってしまいます。体力不足です。なので、いつも拝殿の前で座り込んで神輿の到着を待っております。

e0271181_03033401.jpg
拝殿前で最後の神輿振り。邪魔にならないように気をつけましたが近すぎてシデで何度もぶたれました(笑)

e0271181_03054725.jpg
e0271181_03060611.jpg
神輿に御移りになられていた御霊が戻されます。

e0271181_03070769.jpg
e0271181_03072387.jpg
一ツ物の父親による「御幣上げ」が行われます。御幣を屋根の上に向かって投げ、見事乗せることができるかどうかで一年の吉凶を占います。

e0271181_03091505.jpg
御幣が投げあげられます。周囲も息をのむ緊張の一瞬です。

e0271181_03104601.jpg
見事屋根の上に御幣を投げ上げ、拍手喝さいの中ねぎらいを浮ける一ツ物の父親。観ていても、御幣が屋根に乗った瞬間は本当に笑顔になります。最高の瞬間です。

e0271181_03120493.jpg
あいさつが行われた後、手打ちを持って神幸祭は無事終了となりました。

e0271181_03123785.jpg
神幸祭は神事が中心。子どもたちが主役のような色合いが強いです。元気な子どもたちの姿を見ることができるので、うれしくなります。祭りという場で、高砂の未来を担う子どもたちが元気なのはよいことです。

e0271181_03151542.jpg
宮前で少し屋台の練り合わせが行われてたのですが、人が多く、頭越しにしか見ることができなかったので、明日に備えてこの日は撤収することにしました。

e0271181_03162866.jpg
晩ごはんをいただいた後、歩いていると運よく農人町の屋台が自町に帰って来たところで、芸をみることができました。


明日は、芸子による華麗な芸と、男たちによる豪快な屋台練りが見ものである例大祭です。


例大祭-その1-へ。








by senbei551 | 2014-10-10 23:23 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551