人気ブログランキング |

おわら風の盆2014(2日目)

初めての「おわら風の盆」。二日目は天気もよく「ゲジデジ通信」のdendoroubikさんも気合い十分。
この日から「旅と祭りのフォトログ」のtoraさんも合流!
…ですがいっしょに行動するわけではなくお昼などの集合時間だけ決めて、それぞれ思い思いに行動しました。

e0271181_01401345.jpg
八尾周辺はあちこちテントだらけ!夜明けまで「風の盆」を楽しみ、テント泊してまた「風の盆」に挑むわけです。写真には撮りませんでしたが、夜には「日本の道百選」諏訪町通りで防熱シートにくるまって寝る人や、段ボールで家を作って寝る人、地べたにワイルドに寝る人(女性)…など、ちょっとした見物かも知れません。しかも横を町流しが通っても寝たままという!なんのための睡眠なんだか(笑)

e0271181_01431878.jpg
西町の写真家さん?のアトリエで写真を見せていただいたり、お話を聞いたりした後、昼のおわらを楽しむ。こちらは下新町さん。花打ちについて歩くと、えらく遠くまで行ってしまいました。

e0271181_01463779.jpg
こういう休憩だったり、移動の時間って、みなさんの素の表情が見れて好きです。

e0271181_01473926.jpg
団地のようなところで花打ち。

e0271181_01483511.jpg
歩いていると、いろいろな支部に出会います。こちらは諏訪町さん。

e0271181_01494991.jpg
西町では輪踊りが行われておりました。

e0271181_01504307.jpg
子どもとは思えん、ふわりとやわらかな踊りでした。たいしたもんです。

e0271181_01544862.jpg
ギャラリーから「かわいい」と連呼され、恥ずかしそうに踊っておりました。

e0271181_01565670.jpg
早めの晩ごはんをいただいていると、お店の前で花打ち。男踊りを特等席から楽しむことができました。ついてるぜ!

e0271181_01491246.jpg
こんな感じでお昼のおわらは終了。1日目の雨の反動で張り切り過ぎて、歩き疲れてしまいました。夜を楽しむために計画的に体力温存しなければなりません。

e0271181_01595632.jpg
すでに疲れ果てたわたくしは、引き寄せられるように天満町に移動。こちらは比較的ゆったりと時間を過ごすことができるようです。

e0271181_02040446.jpg
e0271181_02013779.jpg
e0271181_02045792.jpg
この男の子も十年もすれば立派に男踊りを踊っているのでしょうね。19年間ずっと観に来ている人にも出会いましたが、どれだけの成長を見てきたのでしょう。

e0271181_02023108.jpg
輪踊り。一般の方も飛び入り参加OKで踊られておりました。…参加したい。

e0271181_02092938.jpg
花打ち。見事でした!見とれてしまいます。

少し暗いですけれども動画も撮ってみました。

e0271181_02142829.jpg
e0271181_02151976.jpg
e0271181_02180341.jpg
e0271181_02182418.jpg
e0271181_02184498.jpg
e0271181_02192354.jpg
マジでフラッシュは勘弁願いたいです。風の盆に来る人はフラッシュ禁止を知ってはると思いますが、思いっきり外付けで焚かはる人が多々おります。雰囲気台無しですし、踊り子さんの顔のすぐ側で光らせたり、どんだけまぶしいか自分にやってみたらええと思います。

e0271181_02272374.jpg
お酒片手に談笑し、ほろ酔い気分でバチを持つ。めっちゃ心地よいやろうな~。
e0271181_02291012.jpg
町流し。天満町は男女が道の左右に分かれて流さはります。

e0271181_02300685.jpg
e0271181_02304495.jpg
e0271181_10064812.jpg
最後に「タイケイ」と言っていたでしょうか。御宮さんを背景に踊ってくださいます。これを観たくてずっと御宮さんの前で待っている人もおられます。
e0271181_10141171.jpg
e0271181_10083203.jpg
終わるころには日付変更線を越えておりました。公式のおわらは11時まで。0時頃からは町の人たち自分たちのための色濃いおわらが始まります。

e0271181_10121756.jpg
どちらの支部でしょうか。まだ見わけがつかないのですが花打ちをされておりました。とてもきれいでした。

e0271181_11011394.jpg
諏訪町通りを、踊り子を伴わず地方さんだけが目の前を流して行かれました。惚れ惚れします。

e0271181_11025810.jpg
深夜になると取り囲む人も減り、時によっては本当に静かな中、地方さんの音色に虫の鳴き声を織り交ぜながら、ゆっくりと目の前を町流しが通り過ぎていきます。僕にとってはこの瞬間に「おわら風の盆」の魅力をもっとも感じます。本当に幻想的。絵の中の世界、夢の中の世界のようです。一度見た人の心をとらえて離さないでしょう。

e0271181_11130984.jpg
本当に美しいです。こんな世界があるのかと。

e0271181_11150908.jpg
e0271181_11153792.jpg
e0271181_11160446.jpg
本当にきれいな世界すぎて、カメラを向けることをためらってしまうような空気すらあります。写真を撮るなんて行為は、あの美しい世界にとっては、雰囲気を損なうだけの、極端に言えば卑しい行為にすら感じてしまいます。そう思いながらも撮ってしまうのですけど(^^;
e0271181_11163146.jpg
e0271181_11164943.jpg
休憩中、記念撮影をする女の子たち。華やかでおらわを踊っている時とのギャップがたまりません。それでいて「おわら」の美しい世界を損なわないのは街並みやそろいの浴衣のせいでしょうか。それとも彼女たちがおわらといっしょに育ってきたからでしょうか。

e0271181_11422354.jpg
e0271181_11343137.jpg
諏訪町通りの途中で人が集まりだしたと思ったら、酒を片手に唄の掛け合いが始まりました。

e0271181_11400057.jpg
その姿に「おわら」とともに生きてきた誇りを感じました。素敵な瞬間を共有できました。

e0271181_11425667.jpg
それを少し離れたところから見守るご婦人がたの姿もまた美しい。

e0271181_11433582.jpg
幻想的な夢から覚めるように空が白みだした頃、三味線と胡弓の音も静かに休みにつきました。


e0271181_11511394.jpg
「見送りおわら」。一夜を八尾で過ごし、始発で帰る人たちを福島支部のおわらが見送ってくれます。

e0271181_11550923.jpg
みんな疲れているはずだけれども、心のこもったお見送りに笑顔で手を振っておりました。最高にいい気持ちで八尾を後にされたことでしょう。

いよいよ明日日が最終日です。
八尾は坂の町で、一晩中歩けばかなりのハードワークです。

空が明るくなった中、八尾から駐車場まで2kmほどの帰り路をdendoroubikさんと黙々と歩く。
あまりの疲労におわらとのデスマッチをしている気持ちになってきました。



は…早く帰って寝たい。








Commented by shinrajuku at 2014-09-11 17:55
初めまして。いえ、1日のおたや階段前の10時の部、隣の隣でひとことふたことお話させていただきました夫婦です。
帰宅後ネットで風の盆を検索していたところdendoroubikさんのブログに行きつき、
そこでsenbeiさんのお顔を拝見し風の盆の記事をアップされるのをまだかまだかと待っておりました。
1日目、2日目と目を見張るような写真の数々。
senbeiさんの写真を見るたび、無理をして深夜まで残ればよかったと後悔しきりです。
色々な角度からの風の盆、この後もアップされるのを楽しみにしております。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。
Commented by dendoroubik at 2014-09-11 20:09
せんべぇさんが徐々におわらの世界に浸っていく過程が
見て取れるようなブログ記事で楽しい!

東新町で 少し間を置いて歓談する男の子と女の子の初々しい雰囲気
町を流す西新町の女の子が雪洞に照らされた姿を捉えたショットなど
グッとくる写真満載ですね!

shinrajukuさんと話されたというおたや階段からは
その直前に離れてしまったのでお会いできなかったのが残念・・・

せんべぇさんの勇姿はこちらでもご覧いただけますので よろしければどうぞ(笑)

⇒http://gejideji.exblog.jp/22236436
Commented by senbei551 at 2014-09-11 22:10
>shinrajukuさん
こんにちは!風の盆を扱ったいろいろなブログでお名前お見かけしていたのですが(^^)、まさかあの時お話させていただいた方だったとは!!そう言えばお聞かせいただいた内容とブログの内容が同じだ(笑)その節はありがとうございました。
同じ初おわら風の盆同士ですね!!どうでしたか?僕はすっかりはまりこんでしまいました。帰ってからもずっと風の盆の御囃子ばかり聞いています。
少し遠いので来年はどうなるかわからないけど、できたら行きたいと思ってます。shinrajukuさんはいかがですか??
来年はぜひ深夜まで!いっしょにお酒飲んでほろ酔い気分で楽しみましょう~!
あと2月お時間ありましたら、福井県の「勝山左義長まつり」にもお越しください。風の盆と真反対のとにかくポジティブな祭りですが、こちらも陶酔できますよ(^^)
shinrajukuさんは明日香ということで、うちは大阪の奈良よりなので比較的側ですね!
今後ともよろしくお願いいたします~~!よきご縁がありますように(^^
Commented by senbei551 at 2014-09-11 22:13
>dendoroubikさん
ぎょーさん写真撮ったんですけど、驚くほどに使えるものなくて(笑) 風の盆が素敵すぎて腕のついていかなさを痛感してしまいます。
せやけどほんま連れて行ってもらえてよかったです。ありがとうございます~!

あ、供奴の宣伝ありがとうございます(笑)
by senbei551 | 2014-09-03 07:16 | ◇おわら風の盆 | Comments(4)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551