人気ブログランキング |

勝山左義長まつり2014「帰郷」

昨年にひきつづき福井県は勝山市で「さぎっちょ」こと「勝山左義長まつり」を楽しんで来させていただきました。
「ゲジデジ通信」さんでさぎっちょの写真を観て、子どもたちの笑顔にひきつけられ勝山へ。
雪舞散る中、一本義に酔い、人の温かさに酔い、酔った勢いで櫓の上で夢のような時間を過ごさせていただいた二日間でした。→勝山左義長まつり2013(その1~6)

あれから一年。
今年も戻ってきました勝山へ!!

e0271181_0113322.jpg
福井駅からは「えちぜん鉄道」に揺られ勝山へと向かいます。一両編成の電車も無人の小さな駅も、車内からの景色も素朴で心地よく、ひとつひとつの駅で降りてみたいな~と思っちゃいます。
札幌の方が描かれたえつ鉄のカレンダーもすごくええ感じなんですよね~!

e0271181_0121612.jpg
えち鉄の魅力のひとつ、アテンダントさんもお祭り中はさぎっちょ姿!車内には笑顔で談笑する学生さんや、農作業姿のおばあちゃんもいてとても好きな雰囲気。僕にとってのさぎっちょはえち鉄さんに乗るところから始まっている気がします。

e0271181_020536.jpg
最近改装を済ませた勝山駅を降りると、今年もにゃんこがお出迎え。昨年とは違うにゃんこちゃん。昨年は駅を降りると一面雪で真っ白でした。あのにゃんこたちも元気にしていると良いのですが。この出会いも小さいけれども勝山へ来る楽しみのひとつだったりします。

e0271181_0214025.jpg
祭りの舞台となる町内では頭上で短冊がはらはらと風に踊っております。一度祭りに来たことがある人なら、この光景を見るだけで気分が高まってしまうことでしょう~~!毎年新しく全部手作業で取り付けされているってのだからすごいし、みんなで力を合わせなきゃできないですね。

短冊揺れる勝山に到着して、「やって来た」ではなく「帰って来た」という気持になるのは僕だけではないはず!心の奥深いところにあるなにかに響きかける魅力が、さぎっちょにはあるのかも知れません。

駅からさぎっちょの会場までシャトルバスも出ていますが、歩いても10分程度です。九龍川の流れを眺めながら、自分の足で徐々に近づいてくる短冊の景色を楽しまれることをおすすめします。

今年ですと、駅で話した人が偶然同じ旅館に泊まる人だったり…という出会いもありました!
一度来たらすっかりはまってしまい、もう何年も毎年来られている常連さんだそうです。

e0271181_0554248.jpg
お祭りは13時からですが、午前中は会場となる13の地区で順次神事が行われております。

e0271181_104229.jpg
こちらは図書館のからくり時計。もちろんさぎっちょ!!図書館に訪れた時ちょうど12時で運よく、さぎっちょからくりを見ることができました。図書館の中やスーパーにも短冊が吊るされており町が一体となって開催されてる様子が好ましいな~と思いました。

図書館にうかがったのは、最近になってさぎっちょの絵本「勝山左義長まつり日記 ボクたちの出番」が発刊され、興味があったので問い合わせたところ「現状図書館でのみ見れます」とのことで。さぎっちょの説明もいろいろと書かれていて読みたかったのだけれども時間がなく…。
販売はともかく、お祭りの日に観光客の目にふれずではもったいないな~!!こちらでも紹介したかったのですが写真撮影も禁止でした。ちゃんと読んで見たいものです。

e0271181_1105959.jpg
祭りが始まるまで会場を散策。今年は昨年と同じく滋賀県から「ゲジデジ通信」のdendoroubikさん、愛知県から「旅と祭りのフォトログ」のtoraさんに加えて、金沢から来られた「a whim photo life」のノチさん、「yukaのプチ旅ブログ」のyukaさんともお会いすることができ、楽しい時間を過ごさせていただきました。

経験上実感しているのですが、よい祭りというものには、よい出会いがあります。
そして、この「勝山左義長まつり」は僕にたくさんの素敵な人たちとの出会いを与えてくれております。

e0271181_1245958.jpg
昨年は、とにかく楽しもう!と思うあまり、櫓から櫓へと計画をびっちり立てて行動して無駄なく動いてしまいました。今なら分かるのですが、さぎっちょの魅力は「櫓での浮き(太鼓)」ではありません。

e0271181_131588.jpg
浮いている「人」たち、さぎっちょを愛している、心から楽しんでいる「人」たち、そんな人たちの笑顔があふれているからこそ、さぎっちょが魅力なのだと僕は思っております。

e0271181_1284766.jpg
今年は隙間や余裕をもう少し大切にして、人との時間を楽しむようにしよう!そう思ったことは正しかったように思います。見れない櫓もありました!ひーさん行けずにごめんなさい(笑)それでも去年よりたくさんの出会いがあったし、それが楽しかったです。

e0271181_1395058.jpg
13時より「ふれ太鼓」で二日間にわたる勝山左義長まつりの幕が開きます。お囃子の軽快な音が町内の各櫓で一同に鳴りはじめ、勝山の町は、一年間眠っていたさぎっちょが一気に目を覚ましたように華やかな空気に支配されます。去年は久保指物店でついつい話し込んでしまってスルーしたふれ太鼓(^^)

e0271181_159019.jpg
待ちわびたように櫓の上で浮かれはじめる人たち。さぎっちょは「春を呼ぶまつり」と言われますが、今年は雪もなく、寒さはあるものの、広がる青空は「春の祭り」のようで、浮き手のみなさんも、早く!早く!と待ち焦がれていたことでしょう~。ほんと冬眠から覚めて喜び浮かれているみたい(笑)

e0271181_272090.jpg
さぎっちょは、もともとはオヤジの祭り!女性や子どもの華やかさや、かわいいところに目がいっちゃいますが、芯にあるのは粋なオヤジたちの魂です。

e0271181_275248.jpg
今年も上長淵のヒマワリにお会いすることができました。彼女の笑顔あふれる浮きに魅せられて足を運んでいる人も多いのではないでしょうか。一度通うと好きな浮き手ができて、櫓で彼ら彼女らの浮きを見ると、会いに来たような気持ちになります。

e0271181_292495.jpg
みんないい笑顔でしょう~!!笑顔を作っているのではなくて、ほんまに楽しくて笑顔になるのです。だから見ている人も笑顔になる。これが、さぎっちょマジック!

e0271181_293518.jpg
櫓の下では園児たちも浮き太鼓。祭りが継承されて行く土台がしっかり作られていることはすばらしいことです。ここから次世代の名手がうまれるのですよ~!今から目をつけておくのも楽しいかも(笑)

e0271181_2143541.jpg
下袋田区の櫓。一番人通りが多い本町通りにあります。櫓を美しく桜で飾ったり、桜吹雪をまき散らしたり、衣装もきれいで、ずいぶんと見られることを意識された努力をされているな~という印象。

e0271181_225533.jpg
今年のような春の天気にはぴったりだった気がします。他がきれいになっちゃうと、パイプ椅子がちょっと残念に見えちゃうくらい!

e0271181_2244194.jpg

e0271181_248553.jpg
通りの両脇を露天が埋め尽くし、頭上を短冊がたなびく大通りは誰もが目をうばわれるさぎっちょ独特の風景ですね。

e0271181_2534095.jpg
ふたたび上長淵の櫓へ。14時より「打ち手集合」と題して、浮きの名人たちが集まります。彼のふれ太鼓も必ず見ておきたい。

e0271181_2563213.jpg
打ち手集合で浮かれる方たちはみんな個性的で、見飽きることがありません。
親方~!!眼力がすごいのだけれども、笑顔も素敵なんです。

e0271181_2565437.jpg
車に短冊を結び付けて走る彼女。さぎっちょ愛がハンパないです!髪の毛を振り乱しての全身を使った浮きが魅力なんだけど、これは動画で探してもらったほうがいいかな。

e0271181_30575.jpg
この二人の組み合わせも(^^) 大切な組み合わせ!

e0271181_362054.jpg
かわいくないと勝山に住めないの?って思っちゃうくらいにみんなかわいい!
マジでどうなってんの(笑)?
e0271181_363731.jpg
うちのブログへのアクセスワードに「上郡の女番長」と検索がかけられていたことがありました。
この右の方がその人。この方に会いに来た!という方もおられるのではないかな。

e0271181_365124.jpg
若い世代の元気あふれる浮きも良いです。

e0271181_37662.jpg
ふたたびヒマワリちゃん。この方の笑顔は本当にかかせないですね。櫓の上で生まれたんじゃないかと思わされます(笑)
e0271181_3185722.jpg
e0271181_3153393.jpg
この子はすさまじく力強い浮きが魅力的!眼力がハンパではない!櫓を両手で持ち上げられそうな勢い。DNAか!!

e0271181_3164080.jpg
本当は正面から見たいのだけれども、正面はものすごい人の多さ!それと真正面で火を焚いていて煙で見えにくいのよ(笑)煙たがりながら見るのもまた楽しいのだけれども。

e0271181_3165997.jpg
女性独特のしなやかな腕の動きもいいですね~!!

e0271181_317158.jpg
e0271181_4212078.jpg
すごい人の多さ!!ほんで見て見て!みんな笑顔になってるでしょ~!こうなっちゃうの(笑)笑顔って伝染するんだね!

e0271181_3201090.jpg

上長淵の浮き手たちに後ろ髪をひかれつつ、次の櫓へ移動します。
昨年同様の雪だとこういう開放的な光景も見れなかったかも。
さぎっちょと言えば雪のイメージがありますが、晴れているのもそれはそれでよいのかも。

e0271181_3203270.jpg
あれ?この子、去年まで「沢」の櫓にあがってた子だよね? かわいいのに櫓の上で変顔したりひょうきんで、実に明るい浮きをしてくれる子だったのでよく覚えています。中後だったかな…どうして違う櫓にいるのだろう。移籍とかあるの(><)?

e0271181_3214192.jpg
ふらふらと歩き、到着したのは、昨年非常にお世話になった上郡。覚えてくれている人もたくさんいました。酒に酔った姿を(笑)

e0271181_327497.jpg
昨年、こどもばやしコンクールで二位を獲得する原動力となった女の子たち。今年は中学生になってコンクールには出れなくなったけれども、代わりになんと、三味線をひけるようになっていました!子どもが三味線までこなしているのはこの櫓だけじゃないかな?

e0271181_3335437.jpg
あいかわらずの自由な雰囲気で、みんな心の底から笑顔で浮かれていました。

e0271181_3343285.jpg
心の底から浮かれているからでしょうか。女の子たちはみんなかわいいし!

e0271181_3395951.jpg
男の子たちは、みんな個性がたっている(笑)

e0271181_3334142.jpg
この自由な雰囲気と、個性の豊かさが上郡の魅力だと僕は思っております。

e0271181_340168.jpg

e0271181_3402985.jpg

e0271181_3404032.jpg

この子も表情豊かでよかった!たぶんいい絵を描くだろうな~!などと職業柄思ってしまいます。明日はさらにいい顔になるのですが、それはまたお伝えします。


e0271181_341116.jpg

女の子たちの三味線にも驚きましたが、この男の子の上達ぶりにも驚きました!技術はあったような気はしましたが、ここまで浮かれることを楽しめていたかな!と。今年は本当にいい笑顔で、すばらしい浮きを見せてくれました。

e0271181_3411285.jpg

e0271181_3412656.jpg
さぎっちょの奇人よっちゃんまでがさわやかに見える春のような快晴!寒いんだけどね!けっこうみんな腕出しスタイル(笑)さぎっちょへの愛が熱いから。
e0271181_3413635.jpg
いや、ほんとに寒いんだよ!でも熱いの(笑)

e0271181_3415389.jpg
コンクールを明日に控えての先生チェックがはいります!

e0271181_3421533.jpg
さぎっちょカメラマンぐっつぁんと、今日も好青年マーク!!マーク、ノリがよくて「かっちゃ…」のふりに「マーク!」で応えてくれました。来年もここで会えるとよいのだけれども(><)ぐっつぁんは昼過ぎにあった時にはすでにベロベロでした(笑)

e0271181_3422431.jpg
エイドリアーン!!ぐっつぁんは、さぎっちょに参加している「人」を写したええ写真を撮られます。なにより本人がさぎっちょを楽しんでおられます。本人が撮られている写真はネタみたいなのばっかりですけどね(笑)
エイドリアーン!の撮られた写真はこちらで見れます。→G3 photograph.

e0271181_34233100.jpg

まだまだ、さぎっちょは始まったばかりです。




(その2につづく)

Commented by tora003 at 2014-02-27 21:58 x
今年も戻ってきた勝山へ・・・
冒頭に添えられた一言が左義長への思い入れの深さが伝わってまいります。
祭りの楽しさを見事に捉えた写真と巧みなキャプションの数々。
勝山左義長物語が始まりましたね。
Commented by dendoroubik at 2014-02-27 22:19
土曜の朝に勝山入りしたときは
ホント「戻ってきた!」・・・って感じしましたね
はためく短冊 左義長ばやし そして笑顔・・・
せんべぇさんのブログ 再びさぎっちょの世界へ
戻ってきたような余韻を楽しめます
Commented by senbei551 at 2014-02-27 23:25
>toraさん
今回もお会いできてよかったです。焼き鳥食べながらの熱い祭り談義よかったですね~!!かっちゃまでああいう時間が持てたのが去年の一本義さんにひきつづき素敵な思い出になりました!
さぎっちょ物語はじまりました。楽しいけど次に勧めないので、早く更新終わらせてしまいたいですw
Commented by senbei551 at 2014-02-27 23:26
>dendoroubikさん
いやまじで自然と「戻ってきたな~」って口から出た時には、自分でもなんだか驚くというよりも、納得してうれしくもありました(^^)
僕はまだ脳内かっちゃまをうろついております。困ったものですw
Commented by nochi423 at 2014-02-28 00:19
女番長居たー!\(^o^)/
一目惚れしました。
たくさん可愛い子が居て見て回るの楽しいですね!

いろんな角度からの写真が見れて嬉しいです。
そして猫\(^o^)/いつも駅に居るんですかね?!
Commented by senbei551 at 2014-02-28 10:16
>ノチさん
女番長に惚れこんじゃうよね(^^) この方に会いにさぎっちょに来た!っていう方の話しも聞いたよ。
ちなみに上郡の方です。

さぎっちょ、ほんとみんなかわいいっしょ。
それだけで毎年行っちゃう価値がある(笑) でもほんとにコアな部分はオヤジ要素なんですよww夜の酒が入ったオヤジたちがさぎっちょの一番の魅力だと思います(^^)ってことで、来年はぜひフルコースでw

にゃんこ、ノチさん好きなんですねw猫寺とかはじめて知りました(^^
勝山駅の前、たぶんいつもにゃんこいると思うよ。
しかも人にそこそこ慣れているから、近づくこともできますよ。
来年はえつ鉄で来て、ぜひ駅前でにゃんこの写真も!

by senbei551 | 2014-02-22 03:45 | ◇勝山左義長まつり | Comments(6)

祭りと子ども好きのカメラマンです。


by senbei551