人気ブログランキング |

廣瀬神社「砂かけ祭」

「大和の奇祭」といわれる奈良県は廣瀬神社の「砂かけ祭」を観に行ってきました。
e0271181_139262.jpg
文字通りの砂をかける祭りです。田人という全身覆面姿のような謎の男が登場しますが。そやつに向かって砂をなげつける…だけではなく、砂を大量に浴びせかけられます。砂まみれになること必至です。
e0271181_13122186.jpg
着いてみてびっくり!ガードマンが多数でて車の誘導をしているし、観光バスが何台か到着しているし、屋台も多数出ているし一大イベントなのです。
e0271181_1314282.jpg
砂かけ祭りは14時より開始されます。子どもたちは戦う気まんまん!カメラマンは撮る気まんまんで完全防備です。僕もかなり怪しい姿でのぞみました。
e0271181_13153015.jpg
砂かけは3分間の戦いです。KOなし!「ドンドン!」と始まりをつげる太鼓の音が鳴り響きます。
e0271181_1317463.jpg
最初はちょっと控えめに田人が砂をかけるような感じでスタートします。
e0271181_13175847.jpg
…が、じょじょにみんなの中に流れる砂かけ魂に火がつきはじめます。
e0271181_13184691.jpg
大人にも火がつきます。かつではやんちゃ坊主だったオヤジたちの本気です。
e0271181_13195772.jpg
忘れないように言っておくと、これは単なる砂かけバトルではなく、田植祭でして、砂は雨に見立てられており激しくかけあうほどに豊作になると言われているのです。しかしみんな豊作になれ!なんて思って砂を握りしめてはいないでしょう(笑)
e0271181_1320753.jpg
僕も思いっきりやられました!…がすごい楽しい(笑) もちろん反撃しました。
e0271181_1324644.jpg
「ヘヘ…兄貴の仕返しに、これでちょっと田人の野郎をやっつけてくるぜ!」
e0271181_13243679.jpg
戦前は大和川から良質の砂を運び入れていたそうです。
e0271181_13264136.jpg
田人がへばりだした頃、ドンドンと太鼓の音が鳴り、第一ラウンドが終了しました。「え?これで終わり?」と満たされない声が聞こえてきましたが。ご安心ください。全10ラウンドあります(笑)
e0271181_13301564.jpg
インターバル…田人は息を切らして休憩していると思いますが、子どもたちはまだまだ満たされない思いを砂遊びにむけておりました。子どもたちって本当に砂が大好きなのです。
e0271181_13312999.jpg
みんな頭まで砂だらけ!でもすごく楽しそうなんだ!
e0271181_13312288.jpg
あたしたちだって、まだまだ戦えるわよー!
e0271181_13331987.jpg
砂をにぎりしめてスタンバイ!田人ちゃん、早く出てこないかな!
e0271181_13375896.jpg
田人との砂かけバトルは第2ラウンド、第3ラウンドと続いていきます。…が!!気がつけば増えている!?田人がふたりに増殖していました(笑)
e0271181_13404589.jpg
さらに田人はしめ縄を越えてリングの外にも出ていきます。場外乱闘です。誰かれ構わず客とも戦いはじめます(笑)
e0271181_13421192.jpg
砂かけ祭に安全地帯はありません。観覧席という名ばかりの場所はありますが、そこだって戦場なのです。マスコミ席にも砂が投げ入れられておりました。砂をかぶりたくない人はここにいてはいけません。
e0271181_13463863.jpg
どんな人だって戦闘服着用で来ているのです。
e0271181_13495964.jpg
何ラウンドかすると田人がウシを連れて登場します。「モー」「モー」と田かきを始めます。田人も心を入れ替えてまじめに働く気になったのか!よしよし!と思っていたら…
e0271181_13581278.jpg
ウシの中から出てきたのはブラック田人でした!!「モー!」「モー!」と言いながら猛烈に攻撃してきます。
e0271181_13575613.jpg
そうなんです。これでも一応ウシのようで「モー」「モー」言いよるのです。余計にむかつきます(笑)ウシがシャベル使うかーっ!!
e0271181_1452143.jpg
一斉にみんなの反撃をくらいます。
e0271181_1410631.jpg
混戦の中、やたらとすごい勢いの砂が飛んでいると思ったら野球部がまじっていました。ブラック田人もこれにはキレて、砂ではなくシャベルで一撃を加えていました(笑)
e0271181_1412877.jpg
このようにして10ラウンドひたすら打ち合いが続きます。ボクシングで言うなら10ラウンド、ノーガードでの打ち合いです。
e0271181_14153685.jpg
でも、めちゃくちゃ楽しいのです。
e0271181_14162474.jpg
子どもたちも普段なら怒られるようなことが、この日に限っては思いっきりやってもかまわない。それどころか大人までいっしょにやっている。しかも笑顔で!こういう子どもと大人の関係って大切だと思うのです。これこそ祭りです。
e0271181_1422108.jpg
全身砂だらけになったし、カメラもビニールで守っていたのですが、ダイヤルの回転がジャリジャリになってしまいました。9ラウンド目あたりになるとみんなクタクタになります。
e0271181_14224446.jpg
それでもすごく楽しかったです。

砂かけ祭り万歳!

田人万歳!!

田人よ永遠なれー!

e0271181_14252463.jpg
ぎゃー!目に砂がはいった!田人このやろう!!

e0271181_1428362.jpg
田人が立ち去った後は、巫女さんによる松苗を稲にみたてた田植えの祭事が行われます。
e0271181_14292535.jpg
当然みんなで松苗の奪い合い。田人との戦いが終わったと思ったら、最後には参拝者どうしの戦いが待っていました(笑)
e0271181_14302848.jpg
松苗、福餅がまかれて「砂掛け祭」無事終了とあいなります。松苗は先が鋭くとがっているのでけっこう凶器です。

e0271181_1436083.jpg
社務所のお守り売り場もこの有様。神社の隅々まで砂だらけになります。参加される方は、完全防備で田人に砂を投げつけましょう!すっきりします(笑)
カメラ持参の人は壊れる可能性がありますので、一応御覚悟を。レンズも伸縮のズームレンズはやめたほうがいいでしょう。単焦点のがいいと思います。今回は60Dに「17-55」で撮りましたが、ほぼ17mm固定でした。

e0271181_14433970.jpg

by senbei551 | 2014-02-11 22:05 | ◆奈良の祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。子どもの笑顔を撮るのが一番好きです。


by senbei551