<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

勝山左義長まつり2017②

勝山左義長まつり2017年!上長淵櫓にて打ち手集合の時間です。

e0271181_23244684.jpg
今年は新聞にも載ったらしい→

e0271181_23244603.jpg
髪型めっちゃ変わってて、最初あった時13秒ほど誰か分からんかった。挙動不審になってしまったわ(笑

e0271181_23244741.jpg
笑顔100%!!こんな子もおったんやなぁ。

e0271181_23244764.jpg

e0271181_23244794.jpg
おやじになるまで投げキッスを続けてほしいと切に願う。

e0271181_23244843.jpg
笑顔やいい表情ばっか撮りすぎて、よく分からんところを狙ってしまう。

e0271181_23244673.jpg
数年見させてもらってるだけの素人目やけど、ほんまええ浮き手さんにならはったなぁ。浮いているところ見ると気持ちい、楽しみになる浮き手さんのひとり。

e0271181_23335244.jpg

e0271181_23335280.jpg
渋いぜ!

e0271181_23335211.jpg

e0271181_23335311.jpg

e0271181_23335327.jpg

e0271181_23335245.jpg

e0271181_23351772.jpg
さぎっちょ座敷童という噂(笑)?浮いてるところ見るといいことあるかも?楽しくなるのは間違いなし。

e0271181_23351734.jpg

e0271181_23351702.jpg

e0271181_23351809.jpg
最高ス!!!表現の幅が広い!!

e0271181_23351717.jpg

e0271181_23371636.jpg
ほんまええ顔で浮かはる。自分の中では櫓で生まれた子(^^)見てるこっちまで楽しくなる。

e0271181_23371725.jpg

e0271181_23371731.jpg
さぎっちょ女神!!櫓の上に姿を見るとこちらのテンションもMAXなる浮き手さん。浮き浮きしすぎて浮き姿はちゃんと撮れなかった。

e0271181_23371799.jpg
若手ホープ!!年々ええ浮きしはります。

e0271181_23371614.jpg
そして上郡へ。写真はいきなり夜。なんでって櫓戻ってからカメラ置きっぱなしだったから(笑)今年ほど写真撮らんかったの初めて。

e0271181_23415463.jpg

e0271181_23415414.jpg

e0271181_23415329.jpg

e0271181_23441304.jpg
上郡の浮き浮きエース!6年生。子どもの時間終わりに大泣き。ええ子やで。来年も櫓の上で会いましょう。

e0271181_23455221.jpg

e0271181_23455297.jpg
今年は、なんかこんな写真とか床の写真ばっかり記録に残ってた。なに撮ってんだか。

e0271181_23472206.jpg

e0271181_23472221.jpg

e0271181_23472250.jpg

e0271181_23472118.jpg

e0271181_23481544.jpg
今年は一日しか参加でけへんかったし、写真も浮きもすごい中途半端になってしまいました。
来年もっと楽しも。


e0271181_19473398.jpg
photo by G3 photograph。写真の腕がいいとちょっと浮けてるみたい(笑)ほんまは全然なんすけど。

e0271181_23524466.jpg
勝山のみなさま、とりわけ上郡のみなさま、今年もありがとうございました。
勝山左義長まつり最高!!上郡のみんな最高!!!




by senbei551 | 2017-02-26 22:00 | ◇勝山左義長まつり | Comments(4)

勝山左義長まつり2017①

今年も行って来ました「勝山左義長まつり」。もう何年になるんだろう。
今年は25日に関わっている大きなイベントが大阪であり、26日しか参加できませんでした。

e0271181_21373391.jpg
えち鉄に揺られ深夜に勝山に到着。まず上郡櫓と神明神社へお詣り。「明日よりお願いいたします」

e0271181_21373372.jpg
子供囃子コンクールの朝。今年も芳野からスタート。「今年の振れ太鼓どうだった?」と感想を求められましたが、僕には答えられるだけの力量が(苦笑)

e0271181_21373335.jpg
相変わらず、子供から大人までがとてもいい雰囲気の芳野です。今年も作りもの、絵行灯とも市長賞!!浮き太鼓も市長賞を撮って三冠を狙いたいところでしょう。

e0271181_21373473.jpg
男の子でこれだけの笑顔ができることは本当にすばらしい。

e0271181_21373465.jpg

e0271181_21373478.jpg


e0271181_21373557.jpg

e0271181_21443530.jpg
コンクール連覇中の下長淵。今年も安定のハイクオリティ!

e0271181_21443542.jpg
下長淵がコンクールの尺度になっているところもあるのではないでしょうか。

e0271181_21443683.jpg

e0271181_21443691.jpg

e0271181_21443783.jpg
審査員を待つ。

e0271181_21481024.jpg

e0271181_21481103.jpg
この子も何年も前から見てるけど、ええ顔するんですわ!応援したくなる。

e0271181_21481160.jpg

e0271181_21481028.jpg

e0271181_21513212.jpg
つづいて沢櫓。今年は、なな…なんと!下長淵をこえて、この沢が市長賞でした!!おめでとうございます。

e0271181_21513115.jpg

e0271181_21513232.jpg

e0271181_21513263.jpg

e0271181_21532352.jpg
こんな笑顔100%な子、去年までおったっけか!すごくいい笑顔で浮いてました。目をひくこと!


e0271181_21535933.jpg
男の子もめっちゃよかった!!だいたい女の子のほうが目立っちゃうことが多いけど、ここでは男の子も負けてなかった!!

e0271181_21540045.jpg

e0271181_21540067.jpg
今年は酉年チュンチュンチュン♪来年の干支は…犬年だ!やっぱりワンワンワンかな?

e0271181_21571184.jpg

e0271181_21571196.jpg

e0271181_21571076.jpg
後ろも立ち上がって、最後に向かっての盛り上がり、一体感がすごかったです。思わず鳥肌!!!浮いてた浮いてた!!めっちゃ浮いてた!

e0271181_21571062.jpg

e0271181_22470802.jpg
コンクールが終わってからの子どもたちの雰囲気も最高によかった!

e0271181_22483489.jpg
つづいて立川櫓へ。人いっぱいすぎて前に回ることすらできず。

e0271181_22483431.jpg
すきまからちょろっと。

e0271181_22524998.jpg
つづいて上郡。いつもに増して上郡ワールド!
「ここの櫓は楽しませてくれるもんで見逃せない」と言うてるお客さんがおりました。

e0271181_23003645.jpg
人多すぎて写真はほぼ撮れず。

e0271181_23003670.jpg
ひきつづき上後へ。

e0271181_23121681.jpg

e0271181_23121646.jpg
今年初めてだったとは思えない、いい笑顔で浮いてました。

e0271181_23131907.jpg
上後も新しい題目を増やしたり、意気揚々と聞いています。今後が楽しみな櫓のひとつですよ!

e0271181_23143724.jpg
しばらく上郡でしゃべった後、上長淵に向かうと喜界島の方が唄っておられた。左義長保存会とも交友があるのだとか。暑いところから寒いところへご苦労様です。

e0271181_23154775.jpg
三線?に合わせて櫓の前のみんなで踊る。
この後より、上長淵櫓では浮き自慢の皆様による打ち手集合です。

それにしても来年の子供囃子コンクールが楽しみで仕方ないです。
今回の上位四櫓、連覇を破られた下長淵がどう動いてくるのか。優勝した沢の勢いがどうか、芳野も作りもの・絵行灯・浮き太鼓の三冠を狙ってくることでしょう。ハマれば協力な上郡もどう力をつけてくるか。他の櫓もグングンくるかも知れない。





by senbei551 | 2017-02-26 14:30 | ◇勝山左義長まつり | Comments(0)
門真フィルムコミッション主催の「お写んぽ会 2017 京都 梅の見頃」に参加してきました。
カメラ片手にお散歩撮影しようというもの。
こういうのに参加するの初めて。あまり積極的にバチバチ撮れはしなかったけれども
人が撮るところをみれるのは参考になるし、なにより写真撮っている人と繋がりができるのは楽しいです。
また、こういう方面にも色々広がっていけるといいなと思います。

祭りはそれなりに撮ってきましたが、それ以外の方面も撮っていかないといけないと感じました。
ただ撮るだけではなく、意識して撮ることも増やしていきたいな。

e0271181_10120096.jpg

e0271181_10120059.jpg

e0271181_10120138.jpg

e0271181_10120171.jpg

e0271181_10115925.jpg

e0271181_10120057.jpg

e0271181_10190023.jpg

e0271181_10190062.jpg

e0271181_10190125.jpg

e0271181_10190174.jpg

e0271181_10190124.jpg

e0271181_10185922.jpg

e0271181_10185915.jpg

e0271181_10190096.jpg


by senbei551 | 2017-02-18 10:06 | スナップ | Comments(0)
もうすぐ福井県「勝山左義長まつり」でございます。
笑顔の祭り!楽しい祭り!寄っといで!!

今年は日曜日だけの参加になりますが、僕もお邪魔しております。
ぜひ遊びにいらしてください。

e0271181_01361961.jpg
今年はオリジナル切手が発売!!
写真一部提供させていただきました。
ぜひともゲットだぜー!

※写真は一部ハゲしく間違いがございます。
どこが違うかは、実物を買ってLet's 間違い探し!

by senbei551 | 2017-02-17 01:37 | ◇勝山左義長まつり | Comments(0)

下呂の田の神祭り

おなじみゲジデジ通信さんに連れていっていただき、岐阜県下呂市の「田の神祭り」を観に行って来ました。
当日配られる案内によると、飛騨路に春を告げる祭りとして知られる森水無八幡神社の例祭、稲の豊作と予祝という中世以来の田楽芸能がそのもとになっていると伝えられています。「踊り子」と呼ばれる若者が色鮮やかな花笠をかぶり舞を披露することから別名「花笠まつり」とも呼ばれています。とのこと。

e0271181_02014244.jpg
当日は朝より「門出の儀」等、儀式が行われていますが、本格的に始まるのはお昼より合掌村にて。

e0271181_02034121.jpg
合掌村の中にある、寒さで氷が張った池。そこで禊が行われたあと、踊り子を務める若者4人がめっちゃ大暴れ。
びしょびしょになりますよ!と言われていましたが、場所がよかったのかそれほどびしょびしょにはならずに済みました。
この水を浴びると無病息災になるらしい!今年に入ってから、花まつりで無病息災のお湯を浴び、味噌を塗られ、住吉大社で厄払いをうけ、南京町で獅子に噛まれ、そしてここでまた水浴びと、相当厄払いを受けております。

e0271181_02072778.jpg
このお祭りでは、残念ながら子どもは、がっつりと参加しておりません。こちらはお稚児さんとのこと。

e0271181_02084284.jpg
祭りに参加してるおっちゃんたちがめっちゃ元気やって、子どもらやギャラリーと戯れたり、それが魅力のひとつでした。
心の中を読み取る能力があるのか、おっちゃんらが酒飲んでるのを観ていたら「飲むか!?」と竹に入った酒をくださいました。
「天領」という飛騨の地酒とのこと。祭りで飲む酒はうまいですが、この酒はまた格別でした!おっちゃんありがとう。

e0271181_02120640.jpg
「獅子別れの舞」。なにと別れるのだろう。わかりませんが

e0271181_02125304.jpg
「田の神祭り」では獅子がいい役割をしておりました。池で禊をして暴れたり、獅子がいたり、花笠踊りがあったり、それぞれが独立しているようで、いくつかあった祭りがひとつになったような印象。

e0271181_02153909.jpg
合掌村から八幡さまへ。歩いて比較的すぐの距離ですが、なかなかの雪でした。

e0271181_02195064.jpg

e0271181_02222524.jpg
途中、花笠部隊と獅子部隊は分かれて、花笠は上手より神社へ、獅子は御旅で打ち込みをしたあと下手より神社へ入ります。
神社の階段を上る獅子の姿が見どころだよ!と教えていただきましたが、人が多くて観ることを断念。

e0271181_02243657.jpg
どこから登場したのか神輿もいた。境内をぐるりと何周かまわります。

e0271181_02243599.jpg

e0271181_02265261.jpg
本殿前にて獅子舞の奉納。

e0271181_02273766.jpg
神輿が神輿倉に帰られる。

e0271181_02282032.jpg
小さな花笠を持った親子らしき姿が順々に境内に走り込んできます。氏子さんからの奉納になるのでしょうか?この花笠はこの後櫓の上から投げ入れられます。

e0271181_02293813.jpg

e0271181_02300360.jpg
祭りの主役である「神主(テテ)」を先頭に花笠を被った踊り子たちが境内に参進。ここからが「花笠祭り」の始まりとのこと。
一変して違う祭りなったような雰囲気。

e0271181_02314279.jpg
本殿前にてテテはササラを手に、踊り子たちいは竹を手に踊りが奉納されます。なかなかいい。

e0271181_02325075.jpg
踊りの途中で花笠、箸、紅白餅が投げ入れられます。我先にと伸びる手。
粛々とした踊りの前で、キャーキャーワーワー奪い合いのギャップが不思議な感じ。

e0271181_02344168.jpg
いつの間にやら花笠を懐にしまって踊り続ける。

e0271181_02352655.jpg
そしてなんとまぁ、櫓前からの餅まきが終わるとギャラリーのほとんどはそそくさと帰って行ってしまいます。

e0271181_02381551.jpg
帰っていくギャラリーを見送りながら、まだまだ踊りは続きます。

e0271181_02384907.jpg
花笠踊り、やっている踊り子たちの真剣さ、誠実さが伝わってくるようで、すごくいい。
御旅所でも踊ったり、もっと機会があればよいのになぁと思います。

そして今回初めての祭りで、ひさびさ御朱印をもらえる!と思ったら、あらかじめ書かれた御朱印だけで御朱印帳には書いていただけませんでした。残念。


はじめての祭り、はじめての岐阜の祭りを楽しませていただきました。
元気なおっさんに子どもたち、獅子、花笠踊りといいコンテンツを持った祭りでした。
下呂温泉に行きながら、全く温泉に入ることもなく帰ってきました(笑




by senbei551 | 2017-02-14 16:00 | ◆岐阜の祭り | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551