<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ねんねこ祭り(宵宮)

和歌山県串本町田原にある木葉(このは)神社(祢んねこの宮)まで「ねんねこ祭り」を観に行ってきました。
五穀豊穣に感謝し、子安信仰・子孫繁栄を願い数百年の間受け継がれてきたお祭りで、昭和56年には県の無形文化財にも指定されております。
e0271181_225051.jpg


紀伊田原駅で電車を降りると、すぐ横に木葉神社が見え、美しいイチョウの黄色が驚かせてくれます。
e0271181_20551172.jpg
境内から聞こえてくる「ねんねこ♪ねんねんこ♪」という唄声。とてもよい雰囲気でした。
e0271181_2056552.jpg
明日のお祭りにむけて最後の予行が行われている間、表では氏子の方々が薪で暖をとられており、お祭りについていろいろとお話をお伺いさせていただきました。ありがとうございます。
e0271181_20573588.jpg
木葉神社の本殿に社殿はありません。社殿を作れば火事になるとの言い伝えがあり、禁を破って社殿を作ったところ、火事になって焼け落ちたそうです。 コノハナサクヤ姫が祭神だと言われておりますが、火事で一切の文章とともに由来も失われてしまい、神功皇后をお祀りしているという説もあるようです。
e0271181_2193633.jpg
宵宮の日は朝から獅子舞が氏子域をまわっているほか、晩の18時半ごろから祭員(御飯持1人、大幣(オーベ)1人、御幣差し6人)が神職に伴われて海岸で潮水をつかいお祓いをうけます。
e0271181_2117388.jpg
道中一切言葉をかわしてはいけない決まりがあり、暗闇の中、足元を照らすあかりと、足音だけが海岸にむけて進んでいきます。昔からかわらぬ光景なのでしょう。星空も美しく、とてもよい雰囲気でした。
e0271181_21211593.jpg
こちらの海は「海霧」でとても有名な場所だそうです。
e0271181_21212794.jpg
海岸に設けられたしめ縄の下、神職の手によって祭員の身が清められます。昔は二日前の晩に行い、宵宮の晩には神官が境内にある井戸で身を清められていたようです。
e0271181_21273451.jpg
海岸から神社への帰り道も一切口を聞いてはならず、行きとは違う道を走って帰ったそうですが、現在は違う道を通ること以外は省略されております。
e0271181_21275823.jpg
神社に帰ると軽快な音に合わせて獅子舞が舞っておられました。
e0271181_21312513.jpg
お祭りの現在では観光として持っている側面よりも、こうして地元の人たちだけが祭りを愛して楽しんでいる光景がとても好きです。よそ者の自分が言えたセリフではありませんが。
e0271181_21355297.jpg

御飯餅をする女の子と、御幣差しの男の子たち。みんな一晩ここで精進料理を食べ身を清めます。全校生徒が20人ちょっとと聞きました。子どもたちにとっては、知った仲間どうしで一泊するなんて楽しいんじゃないかな。と思いました。
e0271181_21424847.jpg
獅子舞が境内を出て行きました。ちびっ子たちの提灯に続いて先頭をしているのは、竿の先に花傘をつけた「先馳」、つづいて提灯をたくさんぶら下げた「高張」です。「むかしは提灯の数ももっと多かったんだけどね~」と氏子の方が話しておられました。それでも、こうして祭りを受けついてこられていることは貴重なことだと思います。
e0271181_220166.jpg
「ねんねこ祭り」のポスターに描かれていた「かわらないものがある」という魅力ある言葉がふさわしいです。
e0271181_2224288.jpg
街角で少し舞われた後、神社から比較的近い広場で本格的に獅子舞と天狗を舞われます。
e0271181_2235692.jpg

このお囃子のリズムがまたいいんですわ。それをみんなが楽しんでやっている雰囲気がビシビシ伝わってきてさらにいい気分になります。
e0271181_2243082.jpg

ここでお神酒をいただいてしまいまして…そこそこ大量に。空きっ腹になんとやらで、いっぺんにまわってしまいましてけっこう記憶が飛んでます(笑)
e0271181_2291100.jpg
獅子舞のリズムとお酒にすっかり酔ってしまいました。
e0271181_22111387.jpg
獅子舞の動きすごいよかったです。生きた迫力がありました。獅子舞っていいな!と心底思いました。
e0271181_2212497.jpg
当てにならない僕の記憶が間違っていなければ8種類獅子舞の演目があるそうです。見ごたえがあります。
e0271181_22122135.jpg
e0271181_22123494.jpg
いや~いいですね!
e0271181_22124676.jpg
e0271181_22125789.jpg

e0271181_221851.jpg
e0271181_22181563.jpg
e0271181_22232144.jpg
天狗は子どもが行います。今年は小学2年生の子が初舞台とのことで、おじいさんというには若い方を含めみなさんが応援されていて、とてもよい雰囲気でした。
e0271181_22252154.jpg
途中決めどころで舞台袖からおひねりがたくさん飛んでくるのもいいですね~!!それにしてもなかなかに難しい演目だったと思います。小学2年生の子がよく勤め上げたな!と驚かされました。初舞台おめでとうございます。
e0271181_22265284.jpg
最後に獅子舞がもったいぶるようにくす玉を割って終了となります。
e0271181_22273517.jpg
みんなの健勝を願って万歳をしてお開きとなります。最後までいい雰囲気だ~。

…と最高の気持ちで一日を終えると思いきや、ここで実は少し前にえらいことに気がついてしまっておりました。お祭りに行く時は帰る時間も遅くなるのでだいたいホテルは素泊まりで、晩ごはんは近くのコンビニで調達することが多いのですが…コンビニがない!!スーパーもなくて…なんとこの日は晩ごはん抜きでした(笑)

氏子さんが軽トラで乗せて行ったろか?と言うてくださったのですが、獅子舞見とれているうちにその方とはぐれてしまい、後日「昨日は晩ごはん大丈夫だった?」と心配させてしまう始末。申し訳ないです。そしてありがとうございます。

次回は、晩ごはん用意で行きたいと思います(^^)



にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へにほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by senbei551 | 2013-11-30 22:35 | 和歌山の祭り | Comments(0)
「レーザーラジアルクラス全日本選手権大会」が大阪府岬町淡輪で開催されました。
その名のとおり、シングルハンド(一人乗り)ラジアルクラスの全日本大会で、北は北海道から南は九州までの選手が集まるハイレベルな大会です。

記録写真を頼まれたので、ちょろっとだけ行って少し撮ってきました。
三レース目くらいの風の中、海上で自由に移動して迫力ある写真撮りたかったな。

e0271181_23205775.jpg
横一線できれいにスタート。
e0271181_23213516.jpg
e0271181_23215969.jpg
e0271181_23221457.jpg
e0271181_2322309.jpg
e0271181_23224832.jpg
二回目にレースエリアに行った時は風待ち状態でした。風が吹かないとレースできませんし、自然が相手なので仕方ないところですね。
e0271181_2323963.jpg
e0271181_23255298.jpg
e0271181_23264920.jpg
e0271181_2327793.jpg
三レースめ白波が立つくらいのいい風が吹いていたのですが、雨交じりでレースエリアに行くことができず、結局最初の一回しかレースを見ることができませんでした。残念。
e0271181_23273269.jpg
みなさんレースを終えて戻ってこられました。
e0271181_23293278.jpg
e0271181_23295227.jpg
着挺。
e0271181_23302693.jpg
e0271181_23304750.jpg
閉会式&表彰式。
e0271181_01380.jpg
今回の優勝者。スポーツに打ち込んでおられる女性ってとても輝いていて素敵だと思います。この後お祝いで海に落とされてましたw

以上です。
今回は、ちょっと一歩ひいた感じで撮らせてもらいました。
by senbei551 | 2013-11-04 23:35 | その他 | Comments(0)
今年の6月2日にお邪魔させていただいた河分神社。
その時は「夏祭り」でしたが、素朴で暖かな空気が心地よく印象に残っており、「また来てくださいね」と声をかけてくださる方もいたので、ずけずけとまたお邪魔してきました。

河分神社「夏祭り」2013



e0271181_21215639.jpg
大阪ではあまり気がつかなかったのですが、黒滝村に来るとずいぶんと秋への模様替えが進んでいたのだな…ときれいな赤色や黄色、緑色に目を奪われることがしばしばでした。

お祭りは14時から。
当日は雨の予報だったのですが、幸い祭事中は雨が降ることはありませんでした。
e0271181_21245157.jpg
雨の心配があったので、少しだけ早目に開始されました。
e0271181_21254878.jpg
今回の秋祭りの巫女さんはふたり。地元の子が少なくなっていると聞いてはいましたが、今回は参加できる子がいなかったとのことで、村外から来てくださったそうです。
e0271181_21283884.jpg
e0271181_21285065.jpg
e0271181_21294185.jpg
e0271181_2129495.jpg
夏祭りの頁でも書いておりますが、河分神社には地域の祭りとしてはめずらしく、独自の楽団がいて音源ではなく生で演奏されるのが特徴とされております。夏祭りの時はあいにく不在だったのですが、今回は楽団のみなさまも参加されておりました。やっぱり生音がいいですね。。

楽人をされている方がブログで当方ブログのことを紹介くださっております。


e0271181_21324725.jpg
e0271181_21333652.jpg
献饌でしょうか。本殿が高い場所にあるため、言い方は失礼ですがバケツリレーのように供物が運ばれていきます。
e0271181_21355134.jpg
神事中も境内では、のどかな光景を見ることができます。こういう雰囲気が好きです。

e0271181_2205682.jpg
舞の奉納が始まります。
e0271181_2211737.jpg
e0271181_2212586.jpg
e0271181_2222138.jpg
ふたりとも手の角度まできれいに揃っていました。随分と練習したのでしょうね。とてもきれいでした。
e0271181_223187.jpg
e0271181_2234840.jpg
e0271181_2235893.jpg
e0271181_224117.jpg
e0271181_2244054.jpg
e0271181_2245244.jpg
e0271181_2253872.jpg
夏祭りの時のように下にちびっ子応援部隊がいなかったのは少し寂しいところでした(^^;
e0271181_2293786.jpg
いよいよ村民のみなさんお待ちかねの「餅まき」…までしばし時間があります。
e0271181_22121126.jpg
みなさん餅を入れる袋を片手にしばし談笑。
e0271181_22142083.jpg
こちら夏祭りで巫女さんをしていた子。小さな子からきれいな黄色にそまった落ち葉をたくさんもらっていました。
e0271181_22151322.jpg
いよいよ餅まき!準備はOK!?
e0271181_22154935.jpg
唐突に開始!
e0271181_22172040.jpg
e0271181_22173211.jpg
e0271181_2217473.jpg
e0271181_2218067.jpg
戦利品の確認。数字の書かれた餅は景品と交換してもらえます。
e0271181_22183365.jpg
みなさん大量のお持ちをゲット!本当に大量なのです。「正月まで餅に困らんわ~」とうれしそうに語る人も。
e0271181_22192184.jpg
景品のだいこんゲットだぜ~!
e0271181_22212827.jpg
村外から来てくれた巫女さんとお話。「ありがとうね」とお礼を言われておりました。
e0271181_2222995.jpg
みなさんワラワラ~と帰って行かれます。村を歩いていても、ほとんど人とすれ違わなかったのですが、たくさん人がいたのだな。と不思議に思いました。子どもたち少ない見たいだけれども、どういう暮らししているのかな。黒滝村のこともうちょっと知りたいですね。
e0271181_22233728.jpg
巫女さんもおつかれさまでした!

帰ろうと道を歩いていたら、軽トラのおっちゃんが「また来てや~」と去っていかれました(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へにほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ

by senbei551 | 2013-11-03 22:27 | 奈良の祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551