<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

どんじ祭り

吹田市の無形民俗文化財「どんじ祭り」を観に行ってきました。

元禄8年(1695年)にはすでに同様の形式で行われていた神社祭礼の古い形式を今に伝える貴重なお祭りです。

祭りの主な内容は糯米を蒸した白蒸しや小判餅(牛の舌餅)、茄子、栗、柿を刻んで串にさした菓子といわれる三種類のお供えを作り、神社へ奉納することです。

e0271181_1854389.jpg


また、幼い少女が神社へお供えを奉納し、祭りにおいて重要な役割を果たします。少女は特殊ないで
たちで神へ仕える巫女の性格を負い、神社の裏にある釈迦ヶ池に住む大蛇への人身御供の名残である
と伝えられています。(「すいはく博物館だより」より抜粋)

蛇、龍つまりは水にまつわる祭事で、当日は必ず雨が降ると言われているそうな。

…降りましたよ!!雨が!!

人身御供ということから神社へ向かう前に少女たちは別れの盃を交わします。
…それが一番観たかったのですが
…雨でスケジュール前倒しになって、到着した時にはすでに済んでしまっておりました。ショック。。
ちゃんと神社で時間確認して行ったのですが、仕方がないところです。

e0271181_18103469.jpg

↑すでに出発の準備がされておりました。

こうなったらせめて独特の衣装を見せてもらおう!!
…と思っていたら

e0271181_187192.jpg

↑カッパでした…。番傘とかだったら雨でも絵になったんだけど。

e0271181_188936.jpg

↑先頭でかつがれる「幟」もビニールで見ることができませんでした。

e0271181_1810629.jpg

↑近隣に小判餅2個、花餅1個を和紙に包み2両1分の金子にみたてた餅が配られるのですが、それは親切なおばさんが「見せたろか~」と。ありがとうございます。

e0271181_18142689.jpg

↑しかも雨は途中からけっこうな豪雨に。。
雨の中での撮影は初めてだったのですが、とてもじゃないがまともに撮れたものではありませんでした。

e0271181_18151174.jpg

↑晴れている時に撮りたかったな~と思いつつ、気持ちを切り替えて。
めでたい行列のようですが、人身御供の名残りと考えると本当なら足取りも重かっただろうなと。

e0271181_18155188.jpg

↑神社に到着。やっとカッパを脱がれます。

e0271181_18161453.jpg

e0271181_18183378.jpg

↑。稚児は髪を奉書紙で束ね、「サンドラ」という御幣がついた藁製の輪をかぶり、木綿の梅の裾模様の萌
黄色の着物にしめ縄の帯を締め、かかとの部分に2つの輪が尾のように出た特殊な草履をはきます。
e0271181_18403455.jpg

↑現在はわらじではないようですが、輪っかはちゃんと付けられておりました。

e0271181_18223832.jpg
e0271181_18231565.jpg

e0271181_21504975.jpg

e0271181_18234817.jpg

↑神前に運ばれる白蒸し。

e0271181_1825579.jpg

↑神前に供えられた白蒸しと菓子。独特やわ~!

e0271181_1826191.jpg

↑本殿にて神事が始まります。
e0271181_1826256.jpg

↑サンドラをかぶる稚児。独特のいでたちですが、かわいらしいものです。。
e0271181_18264219.jpg

e0271181_18281693.jpg

↑稚児に榊のようなものが渡されておりました。
e0271181_18285083.jpg

↑神前にお参り

e0271181_18414544.jpg

↑以上で神事はおしまい。おつかれさまでした。

e0271181_18421420.jpg

↑神事の最中はやんでいた雨がまた降り出した中、家に帰っていかれます。

e0271181_18425712.jpg

↑神社の裏手にまわると、かつて人身御供としてささげられたと言われる池がひっそりと佇んでおりました。

e0271181_1845685.jpg

↑御朱印もいただきました。

e0271181_18452627.jpg

↑御朱印を書いていただいている様がなんともほのぼのとしていて。

今回は雨を満喫したので、来年はぜひ晴れでリベンジできたらな!と思っております。
他の祭りとはちょっと違う、昔を伝える祭りでとてもいいものでした。
by senbei551 | 2012-10-17 18:48 | 大阪の祭り | Comments(0)
三年目の例大祭に行ってきました。

高砂の方はみんないい人ばかりで、各町をまわっていても、いろいろお話しくださいますし
とても親切にしてくださいます。


e0271181_17243742.jpg

↑出立ち前、中部屋台倉前にて芸子さん

e0271181_17262874.jpg

↑鍵町倉出し

e0271181_1727076.jpg

↑鍵町倉出し後の芸。
昨年もお世話になった鍵町の方が「ここから撮るとよいよ~」とポイントを教えてくださいました。感謝。

e0271181_1728476.jpg

↑藍屋町のいけてるハルくん。気合い入ってる!散発byお母さん

e0271181_17292178.jpg

↑藍屋町役員のみなさま

e0271181_1730680.jpg

↑藍屋町倉出し後の芸。昨年に引き続き芸子を務めるのは6年生になったスバルくん

e0271181_1732025.jpg

↑藍屋町屋台倉前にて中部芸子さんによる芸の披露。

e0271181_17321210.jpg

↑藍屋町と中部による二台練り合わせ。双方とも朝から飛ばしていて笑った。

e0271181_173476.jpg

↑木曽町芸子による芸。

e0271181_17344970.jpg

↑浜田町の芸子さん。ここの芸子さん毎年無邪気でかわいらしいイメージ。

e0271181_1735213.jpg

↑木曽町、浜田町並んで進む。

e0271181_17363091.jpg

↑左から鍵町、浜田町、藍屋町の芸子さん。今年は男の子が多い。
昔は男の子しか芸子をしていなかったそうですが。

e0271181_17381049.jpg

↑駅前で三台練り合わせ。こちらも熱がこもっていました!盛り上がる!

e0271181_17392413.jpg

昨年も登場していた藍屋町未来の芸子さん。今回は横で特別に!足がすごい曲がってますが大丈夫!?

e0271181_1741346.jpg

↑農人町交差点での三台練り。当然盛り上がる!!

e0271181_1742916.jpg

↑農人町芸子さん。今年はふたり。

e0271181_17423475.jpg

↑毎年登場の鍵町のおじさま(笑)ついに僕のことバレてしまいました。

e0271181_17432371.jpg

↑東宮町による芸。ええ声やー!!

e0271181_17441189.jpg

↑浜田町による芸。

e0271181_17444913.jpg

↑同じく浜田町。宮入の芸。

e0271181_17454533.jpg

↑中部。宮入前に擬宝珠(ぎぼし)をと取り外す。

e0271181_17473073.jpg

↑中部芸子。本殿参進後。

e0271181_17485068.jpg

↑宮入時やっさを上げる西畑。

e0271181_17494879.jpg

↑西畑による芸。昨年出来立て。

e0271181_17511066.jpg

↑藍屋町本殿前。今年最後の芸。

e0271181_1751204.jpg

↑木曽町本殿前芸。

e0271181_17515721.jpg

↑東宮町芸子本殿より

e0271181_1752656.jpg

↑鍵町芸子本殿へ

e0271181_17522074.jpg

↑戎町本殿前。みんなふんどし一丁で最高でした!

e0271181_188114.jpg

↑宮出し後、農人町と戎町による練り合わせ



e0271181_1817465.jpg

↑七台練り?


ラスト九台練り

今年より宮出し後警察の規制がかかり、見学場所が限定されてしまいました。

e0271181_1812346.jpg

↑恒例の御朱印もいただいてきました。
by senbei551 | 2012-10-11 17:22 | 高砂神社秋祭り | Comments(4)
高砂神社秋祭りを観に行くようになって三年目にして初めて「神幸祭」を観に行くことができました。


e0271181_738188.jpg

↑神輿町の農人町。

e0271181_7395115.jpg

↑当日子供に恐怖されたり喜ばれたりの天狗。

e0271181_7405163.jpg
e0271181_7405844.jpg
e0271181_741899.jpg

↑神幸祭で大切な役割を担う一つ物

e0271181_7423683.jpg
e0271181_7421959.jpg
e0271181_7425354.jpg
e0271181_7423759.jpg
e0271181_7431148.jpg


e0271181_743857.jpg

↑「千歳楽、万歳楽」の掛け声に合わせて行われる神輿振り。
神輿を左右に揺らすほど神様が喜ばれると聞きます。



e0271181_7452234.jpg
e0271181_7453479.jpg
e0271181_746511.jpg

↑神幸祭の先頭を行く鍵町の御先司

e0271181_7463081.jpg

e0271181_746523.jpg

↑御旅所で行われる神輿くぐり。くぐるときに願い事をすると必ずかなえられると言われています。

e0271181_748092.jpg

↑東宮町と鍵町。カネカへ向かっています。

e0271181_7481669.jpg

↑カネカ敷地内で芸の披露と、練り合わせが行われました。

e0271181_749092.jpg
e0271181_749925.jpg


e0271181_7582951.jpg

↑御旅所にて行われる頭人式。頭人が一つ物を接待します。
e0271181_750284.jpg


e0271181_7513271.jpg

↑神輿が御旅所を出発することには夕方に

e0271181_7521954.jpg

↑宮に戻ったあと、最後の神輿振り

e0271181_753254.jpg
e0271181_7531551.jpg

e0271181_753278.jpg

↑一つ物の父親が御幣を神社屋根の上に投げ上げ、一年の吉凶を占います。
by senbei551 | 2012-10-10 17:55 | 高砂神社秋祭り | Comments(0)

ずいき祭り「后宴祭」

北野天満宮までずいき祭りのラストを飾る「后宴祭」を観に行ってきました。
ずいき祭りは去年も行けなくて、行きたいなぁとずっと思っていたお祭り。

以下のホームページで見かけた八乙女がめっちゃきれいやったので
観に行きたいなぁと思っていたのと
http://blog.goo.ne.jp/northern-mt/e/3b8a7c2334408dd1fc9863ce025608a9

里芋の茎(ズイキ)で出来ているという奇想天外なずいき神輿が観たかったのと。
http://yugao.at.webry.info/201010/article_1.html

両方観れるのが10月1日の神幸祭だったのですが、所要で参加できず。
今回の后宴祭だけ観に行くことにしました。ずいき神輿は来年までお預けです。

今回は「これだー!」って写真は撮られへんかったけど、ご紹介させていただきます。

e0271181_185766.jpg

お祭りは15時半より

e0271181_1104266.jpg

↑八乙女。子どもやけどめっちゃきれいやと思います。
後日この八乙女さんのお母さまから連絡をいただき写真を提供させていただきました。
ありがたいことです。

e0271181_1151141.jpg

e0271181_119115.jpg

e0271181_112303.jpg


e0271181_1135596.jpg

↑本殿で「鈴の舞」を舞わはります。防鳥ネット越しにだけど観ることができます。

e0271181_115568.jpg

↑本殿より出て、たすきをかけ「田舞」を奉納してくれはります。
e0271181_1165631.jpg

e0271181_117957.jpg
e0271181_1171668.jpg

e0271181_1193633.jpg
e0271181_119527.jpg

e0271181_1222053.jpg

↑田舞が始まる前に泣いちゃった八乙女さんがいて、気を使ってあげていた年長の八乙女さんと、泣きながらも最後までやりとおした姿にキュンとしました(笑)

e0271181_1261110.jpg

↑椅子の座り方がかわいすぎる(^^
e0271181_127470.jpg

↑ほんまにようがんばらはりました。

e0271181_1283551.jpg

田舞が終わった後、本殿で神様の御位をお返しする儀式が行われます。
ずいき祭りに参加する稚児達は9月26日に御位を授けられ神の子になります。
神の子である間は、北野天満宮の神様の使いである御神牛にまつわるものを口にすることが許されず、学校の給食で牛がでる時は、別に家からおかずを用意し、スナック菓子に入っているビーフエキスも口にすることを控えるそうです。なるほど。
(お話を聞かせてくださった八乙女のお母様ありがとうございます)

神館?で関係者がお食事などをされるようで
18時ごろにみなさん帰られてお開きとなりました。

e0271181_1321260.jpg
e0271181_132108.jpg


いっしょに話してくれている人がいたのでよかったですが
さすがに最後まえ残るとヘトヘトになりました。

すごくいいお祭りだったので、来年もリベンジしたいなぁと思っております。
by senbei551 | 2012-10-06 01:37 | ずいき祭り | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551