カテゴリ:◆石川のお祭り( 2 )

小松お旅まつり2016②

石川県小松市で開催される「小松お旅まつり」。
出番山の「西町」「材木町」の各三回の公演のうち、残り二回が「曳山八基曳揃え」の会場で行われます。

e0271181_22282712.jpg
会場には小松に現存する曳山全八基が集合し、夜になると光り輝き豪華絢爛です。

e0271181_22321153.jpg
曳山八基曳揃え会場では、ナレーションに合わせて拍手の中、役者が花道を歩いて登場します。

e0271181_22324012.jpg
昨年までは、各町最後の一回の公演のみを八基曳揃え会場で行っていたようですが、
今年は250年の節目にあたるため、早くから八基曳揃え会場で公演が行われたようです。

e0271181_22375388.jpg
市長や議員と言った人たちのあいさつや、子ども役者の紹介などがMCの進行で行われ、「材木町」の三番叟のあと、各町の子ども歌舞伎が披露されました。
「材木町」の「仮名手本忠臣蔵」は(その1)で紹介させていただきましたので、今回は「西町」の「辰巳用水命光輝 稲葉左近館之場」を載せたいと思います。

e0271181_22415835.jpg
とは申しましても、すいません。自分あほぅなので、少し観ただけでは物語が頭に入ってこず、大筋は分かるのですが、細かいところまで理解できませんでした。

e0271181_22552811.jpg
「辰巳用水命光輝 稲葉左近館之場」は新作歌舞伎とのことで、このお旅まつりが初めての上演となります。
そして演じている西町の役者さんはすべて女の子です。
観ていると女の子らしいかわいさが出てるなぁと思うこともありますが、男も女もほとんど分からなくなります。

e0271181_23005060.jpg
金沢城へ水を引き入れるために完成した「辰巳用水」。その工事を請け負った板屋兵四郎。
かつて城の秘密を守るため、工事に関わった者は殺される運命にありました。

e0271181_23235472.jpg
しかし、城の主前田利家は、兵四郎の人柄と技を惜しんでキリシタン迎えの船で兵四郎を南の国に逃がす。
というのが大まかなストーリーです。
詳しくは、おなじみ「ゲジデジ通信」さんを読んで、なるほどそういう話だったのか!としっかり理解できました。

e0271181_23195667.jpg
そこにお母ちゃんが出て来て、自害したり
e0271181_23052810.jpg
バーン!と会場に響き渡る銃声のもと、兵四郎を追う村田但馬が撃たれたり

e0271181_23223354.jpg
兵四郎とよい仲の娘が出て来たりしつつ

e0271181_23245797.jpg
ハッピーエンド。

e0271181_23271081.jpg
驚くほどに理解力がなくて申し訳ございません。
ストーリーは理解できませんでしたが、絵はとてもきれいでした。
とりわけ暗くなってからスタートする舞台は、この日の全公演通してラストをかざる一回のみのため貴重です。

e0271181_23342793.jpg
「材木町」の役者さんたちも「西町」の歌舞伎を興味深く見守ります。

e0271181_23385107.jpg
舞台後には役者さんへのインタビューがありました。小梅ちゃんの決めポーズ。
ひとり名古屋から通っておられた役者さんもおられるとかで、本人の努力もさることながら両親はじめ回りのサポートもすごいと思います。

e0271181_23492458.jpg
舞台と舞台の合間に、250周年を記念して「子ども獅子舞」の演舞と、今回に合わせて作られた「曳山八基祝い唄」が披露されました。

e0271181_23561358.jpg
図々しくもいい場所で観させていただくことができたのですが、やっぱり獅子舞いいですわ!

e0271181_23585126.jpg
子供獅子舞技能コンクールの上位三組による演舞かと思うのですが、本折日吉神社には一位「末広町」二位「本折町」三位「大文字町」と書いてあったのですが、記念演舞に参加していたのは、「大文字町」ではなく四位と書かれていた「白山町」のように思います。よく分かりませんが、とにかくよかった!

「曳山八基祝い唄」は動画でご覧くださいませ。
聞いていると、各町の曳山をじっくり見て回りたくなります。

e0271181_00580267.jpg
順番が前後しますが、「木材町」の「仮名手本忠臣蔵 一力茶屋」の最後の舞台の様子を少しご紹介。
邪を祓い清める三番叟。

e0271181_01002959.jpg
引っ込んだと思ったら二役目「大星力弥」となって途上、大星由良之助に密書を届けます。

e0271181_01020479.jpg
ひょうきんなメイクで登場の「鷺坂伴内」。吉良上野介の側用人の家老であり、
仮名手本では、上野介が討ち取られたあと由良之助に切りかかり返り討ちに会うそうです。

e0271181_01053133.jpg
由良之助の手紙を覗き見てしまう遊女「おかる」。おかるがいるのは二階という設定。ちゃとそう見える。

e0271181_01065984.jpg
床下に垂れてきた密書を見てやろうと待ち構える「斧九太夫」。

e0271181_01083948.jpg
密書を見た口止めに「身請け」の話しを切り出された遊女おかる。

e0271181_01110007.jpg
由良之助の真意を察し、妹を手にかけようとした「寺岡平右衛門」。

e0271181_01130192.jpg
最後の舞台が終わってのインタビュー。

e0271181_01141038.jpg
舞台を降りる斧九太夫。大勢の観客に手を振って、なかなかのお調子者(笑)こういうところは男の子ならではかな。

e0271181_01144306.jpg
大星由良之助も笑顔。実は斧九太夫の実のお兄さんとのこと。兄弟で役者としての参加。

e0271181_01172384.jpg
おかるちゃん。かわいらしく、まるで本物の女の子のようだな~!と長浜で子ども歌舞伎を観た延長で考えてしまってから
そういえば本物の女の子だった!と子ども歌舞伎ならではの混乱をしてしまいます。

e0271181_01212380.jpg
少し分かりずらく申し訳ないですが、最後に役者たちがずらりと並び、花道からちまきとタオル投げが行われました。

ゲジデジ通信さんに連れて来ていただけたおかげで観ることができた「小松お旅まつり」。
唯一知っている子ども歌舞伎を行う「長浜曳山まつり」同様、歌舞伎はすばらしかったです。
一回目の材木町で行われたようなゴザを敷いての観覧は、長浜にはなかった魅力ですごくよかったです。

e0271181_01415042.jpg
ただ「八基曳揃え会場」での公演は、とりわけ今年が250周年だったからかも知れませんが、セレモニー色が強く
祭りではなくイベントだと感じ、町の方々の子ども歌舞伎を盛り上げる熱意は感じましたが、「祭り」という観点からは少し物足りない点ではありました。
その「祭り」要素を補って余りあるのが「子ども獅子舞」でした。

e0271181_01431010.jpg
遠方ゆえ、また観れる機会があるかは分かりませんが、次があるようでしたら
町中でゴザを敷いての歌舞伎観覧と子ども獅子舞を堪能したいと思いました。そこにこそ「小松お旅まつり」の魅力が詰まっていると思います。





by senbei551 | 2016-05-14 20:00 | ◆石川のお祭り | Comments(2)

小松お旅まつり2016①

当ブログおなじみのゲジデジ通信さんに連れて行っていただき
石川県小松市まで「小松お旅まつり」を観に行ってきました。

e0271181_13272571.jpg
曳山子ども歌舞伎は、「長浜曳山まつり」につづいて二箇所目となる観覧です。
連れて行っていただかないと、なかなか一人では行ける距離でないので観させていただくことができて、よかったです。

e0271181_13334117.jpg
くわえて今年は小松の「曳山こども歌舞伎」が始まって250年目の節目にあたる年とのこと。
よい時にお伺いできてよかったです。ゲジデジさん、ありがとうございます。

e0271181_13361675.jpg
こちら「京町」の曳山。小松の曳山は長浜と比べると少し小ぶりで、花道がついておりました。

e0271181_13395449.jpg
こちらは「材木町」。
小松には「京町」「材木町」「中町」の橋北地域と、「大文字町」「寺町」「西町」「八日市町」「龍助町」の橋南地域の6基の曳山があり、
そのうち二基が出番山として「子ども歌舞伎」を上演いたします。
最盛期には18基ほどの曳山があったそうです。えらい賑わいですね。

e0271181_13430558.jpg
こういうの「目録」というのでしょうか、貼りだされてあるのがとても良いと思いました。

e0271181_13493669.jpg
そしてお旅まつりを観に行って、町のあちこちで見かけるのがこのような「子ども獅子」の光景。

e0271181_13570970.jpg
「お旅まつり」と言えば「子ども歌舞伎」と言われますが、僕にとっては、この「子ども獅子舞」から感じる魅力が、本当に大きかったです。

e0271181_13592051.jpg
「まつり」という点から見れば、子ども歌舞伎よりも獅子舞が町内を回っていてこそだと思いましたし、
小松には歴史を感じさせる街並みも多く残っており、そこに獅子舞がとてもよく似合いました。
お旅まつりの根底にある基盤はこちらではないかとさえ感じます。この獅子舞だけでも十二分に観る価値がありでした。

e0271181_14042084.jpg
「まつり」独特の開放的な空気にも包まれており、そこも大きな魅力でした。

e0271181_14064668.jpg
「小松お旅まつり」は橋北と橋南、二地域の祭りであり、三基の曳山を持つ橋北には菟橋神社(うはしじんじゃ)。

e0271181_14095194.jpg
五基の曳山を持つ橋南には、本折日吉神社(もとおりひよしじんじゃ)があります。

e0271181_14174692.jpg
初演は、橋北の「材木町」は町内にて。橋南の「西町」は「五基揃え会場」と言って、
橋北の五基の曳山すべてがそろった会場にて行われました。僕が観に行ったのは材木町。
各町三回公演で、残り二回を今年は両町とも「八基揃え会場」にて行いました。

e0271181_14210383.jpg
材木町ではまず三番叟が行われます。演じ手は女の子。
長浜曳山まつりは男子のみによる歌舞伎ですが、小松は女の子が中心なのが特徴。
昔は男の子が行っていたのですが「男は勉強せぃ!」と言われるようになり、女の子が務めることになったそうです。

e0271181_14223500.jpg
歴史感じる街並みの中、ござを敷いての観覧は、長浜とは違い「観る」目的の方が大半で、写真を撮りに来ておられる方は少数です。

e0271181_14372948.jpg
材木町の外題は「仮名手本忠臣蔵 七段目 一力茶屋」。
無知な自分でも名前を聞いたことがあるくらい、歌舞伎では王道中の王道のようです。

e0271181_19562834.jpg
多くの人が知っている「忠臣蔵」。主君浅野内匠頭を切腹に追いやられた大星由良之助(大石内蔵助)は、京都の「一力茶屋」で遊びほうける毎日。
吉良上野介に寝返り、由良之助(右)の様子をスパイしに来た斧九太夫(左)。

e0271181_20082668.jpg
刀も「赤子丸」と名付けられるほどに使えないなまくらもの。

e0271181_20172691.jpg
しかし、それは主君の敵・吉良上野介を欺き「己に敵討ちの意思なし」と信じ込ませるための演技。
嫡子力弥から、上野介仇討ちに関する密書が届く。

e0271181_20112843.jpg
その密書を届けた大星力弥が、なんと先ほど三番叟を踊った女の子!ひとり二役!と思いきや
「一力茶屋」の仲居の役もこなし一人三役を演じております。

e0271181_20371623.jpg
この道化的なメイクは鷺坂伴内。吉良上野介の側用人の家老なのですが、演じているのはもちろん女の子。
お祖母さん(だったかな)とお母さんも曳山子ども歌舞伎で役者をされていたそうで、この子もぜひ!との念願かなっての出演。
それが、このメイク!!もちろん大切な役柄ですが、女の子。どういう心境だったのかなと思っていたら
「面白い役だから、演じるのが難しいところもあったけどがんばりました」というようなセリフ。自分が親だったら、感動して泣いちゃうわ。
演技、心意気ともにお見事であります!

e0271181_20474455.jpg
そして遊女「おかる」。恋人もおりますが、その恋人が立身するための軍資金づくりに100両で父親に遊郭に売られたあげく、
父も恋人も死んでしまうという悲劇的なキャラ。

e0271181_20551798.jpg
おかるは、大星由良之助に届いた密書を恋文と思い、鏡ごしにのぞき見てしまいます。
しかも二階から一階にいる由良之助の手紙を(笑)破格の目の良さです。現代なら一芸で食べていけることでしょう。

e0271181_20590413.jpg
おかるが密書を読んだことに気付いた由良之助は、口止めするためにおかるを身請けすることを持ち掛けます。
なにも知らずによろこぶおかる。恋人いるけど。

e0271181_21022551.jpg
足軽の身分であるが、由良之助の仇討ちに参加させてほしいと直訴に現れたのはおかるの兄、寺岡平右衛門。
耳打ちを受けるかっこいいポーズ選手権5年連続優勝者のごとき、見事なポーズでおかるが見た密書の内容に耳を傾けます。

e0271181_21074976.jpg
由良之助がおかるを身請けしようとする理由が、密書を読んだことを口止めするためだと悟った妹思いの兄は
妹を殺して口を封じることで、その手柄で由良之助の仇討ちの仲間に加えてもらおうとします。一度は失敗しますが奥の手です。

e0271181_21111779.jpg
「お願い。頼むから死んでくれへん?」まぁ、納得できるはずはありませんが「わかりました」と物わかりの良すぎる妹。
舞台では語られておりませんが、ここで父と恋人が死んだことを知らせて絶望するのだとか。兄よ!鬼畜すぎるだろ(笑)

e0271181_21141858.jpg
いままさに切りかからん!という瞬間「ちょっと待て~~ぃ」と実にタイミングよく現れる由良之助。
大切な妹の命を奪ってまで、仇討ちに加わろうとした寺岡平右衛門の心意気に感服し、同行を許します。

e0271181_21173819.jpg
「妹よ!おまえのおかげで仲間に入れたでー!」と念願かなってのポーズ。
寺岡平右衛門は唯一足軽の参加者であり、四十七士唯一の生き残りとなります。
見事仇を討った四十七士ですが、引き上げる一行の中に寺岡平右衛門の姿はなく、討ち入り前に逃亡した説や、由良之助から密命をおび一人逃がされた説など色々とあるそうです。

e0271181_21581336.jpg
スパイとして床下に潜み、由良之助の仇討ちの密談を知った斧九太夫が引きずりだされて捕まります。
この舞台の面白いところは、由良之助がいる一力茶屋の一階、おかるが手紙を覗き見た二階、九太夫が潜んでいた床下の三層を
一台の曳山の中で表現しているところです。

e0271181_21585009.jpg
河原で討たれるべく寺岡平右衛門に連れ出されるところで舞台はおしまいとなります。

e0271181_22060403.jpg
拍手喝さいの中、木材町の「仮名手本忠臣蔵 七段目 一力茶屋」初演の幕がおりました。
すばらしい舞台でした。それを町中でこうしてゴザを敷いて観れるというのが
観光ではない、地元の受け継がれてきた伝統を観させていただいているという感じが強く、とてもよかったです。

e0271181_22122338.jpg
おかるちゃんもお疲れさまでした!

e0271181_22131015.jpg
役者のみなさんで記念写真。
e0271181_22145027.jpg
「西町」「材木町」と残り各二回の公演が、今年は「曳山八基揃え」の会場で行われるため、道中獅子舞を観ながら向かいます。

e0271181_01472887.jpg
菟橋神社と本折日吉神社でいただいた御朱印。祭り当日ゆえ、いただくのに時間がかかりましたが、双方ともに「お旅祭」の文字。
本折日吉神社の御朱印には「曳山250年 上演町西町」という文字も入れてくだっており、かなりうれしいです。


(その2)につづく。






by senbei551 | 2016-05-14 14:30 | ◆石川のお祭り | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551