カテゴリ:◇北野天満宮八乙女( 13 )

北野天満宮「ずいき祭り」神幸祭では、御旅所に到着したあと
神事、八乙女による舞の奉納が行われます。

e0271181_17290827.jpg
背景に神輿を背負っての舞の奉納は、とてもきれいです。

e0271181_17303191.jpg
舞の仕草? 将来の八乙女さん候補かな?

e0271181_17312322.jpg
何度目の舞の奉納になるのかな? 緊張したりはするのでしょうか。

e0271181_17330737.jpg
最初に行われるのが「鈴舞」。鈴と扇の担当に分かれて舞を奉納します。

e0271181_17523800.jpg
e0271181_17394902.jpg
非常にシンプルで短い踊りです。

e0271181_17405001.jpg
e0271181_17411994.jpg
途中、八乙女の一人が周囲の人たちに鈴を授けてくださいます。
鈴の舞自体に、御祓いの意味合いがあったりするのでしょうか。

e0271181_17425997.jpg
「鈴舞」の後、たすき掛けの姿になり「田舞」を奉納します。

e0271181_17534109.jpg
e0271181_17510189.jpg
e0271181_17544381.jpg
e0271181_17545764.jpg
「田舞」は2013年に動画を撮っておりますので、こちらをご覧くださいませ。

e0271181_18002508.jpg
e0271181_18004198.jpg
e0271181_18023494.jpg
e0271181_18030851.jpg
あ!ちょっと間違えちゃったでしょ!今(笑)

e0271181_18070034.jpg
最後に八乙女さんの代表や、汗衫(かざみ)さん、稚児さんなどによる玉串奉奠。

e0271181_18100552.jpg
御神酒をいただきます。「ほんまに飲んだらアカンよー!」と神職さん。

e0271181_18112671.jpg
前歯抜けてる笑顔めっちゃ好きなんです。ばっちり撮れずに残念~~。

e0271181_18125775.jpg
最後に記念撮影させていただきました。今回もありがとうございます。
台風の影響で「后宴祭」は雨だったようですが、「還幸祭」はいい天気に恵まれたようでよかったです。

e0271181_18171674.jpg
今年もずいき祭り、お疲れさまでした!




by senbei551 | 2016-10-01 17:26 | ◇北野天満宮八乙女 | Comments(0)
今年も行かせていただきました。北野天満宮「ずいき祭り」。
「神幸祭」「還幸祭」「后宴祭」と三つすべては、なかなか行けませんが「神幸祭」は御渡りと、御旅所での舞の奉納が観れるので見ごたえがあります。

e0271181_23163214.jpg
続けて行かせていただいているご縁に感謝しております。ありがとうございます。

e0271181_23195362.jpg
八乙女さんばかり撮らせていただいておりますが、大切な役割とはいえ大きなお祭りの一部分でしかなく
他にも「獅子」を先頭に「導山」や「梅鉾」「松鉾」など様々な行列がずらりと御旅所まで歩かれます。写真は「花傘」だと思いますがとても大きい!

e0271181_23222575.jpg
八乙女さんが出てきました。
何度行っても、八乙女さんきれいだなぁと思います。

e0271181_23250444.jpg
神職の方より御祓いを受け、お守りをいただきます。とても神聖な空気が漂うのですが

e0271181_23250476.jpg
なかなか髪の毛をくぐらず、毎年苦労されております(笑)

e0271181_23293772.jpg
こちらは2013年「いやいや、けっこうです」の元・汗衫さんです。今年もいい顔たくさんしてました。絶対おもしろい子(笑)

e0271181_23361436.jpg
さぁ!御旅所に向けて出発です。

e0271181_23365089.jpg
e0271181_23365109.jpg
こちらは2013年「お人形さんみたい」の元・汗衫さんです。

e0271181_23365055.jpg
e0271181_23374344.jpg
京都らしい路地も通りますが、大通りも通ります。沿道からみなさん笑顔でお見送りをされておりました。

e0271181_23384068.jpg
e0271181_23395388.jpg
一番前まで行ってみようと歩きましたが、なかなかに速足での行列で追いつくだけで大変でした。
八乙女さんは先頭から数えて20番目。最後は「天満宮講社旗」で46番目。
40番目の半尻さんもご縁があって撮らせていただきたかったのですが、おそらく戻ってこれなくなるので行けませんでした。すみませぬ。

e0271181_23442937.jpg
e0271181_23442949.jpg
行列は続きます。

e0271181_23455794.jpg
晴れていればよかったのですが、曇りでもけっこうな暑さでした。10月とは思えません。
ご奉仕されるみなさんも大変そうでした。でも雨が降らなくてよかった。

e0271181_23483259.jpg
いつも笑顔でいい感じ!

e0271181_23513770.jpg
いきなり「足痒い」!「ちょ…!」と慌てるお母さん。やっぱり面白い(笑)

e0271181_23530683.jpg
「わーー!!子どもやーーー!」…キミらも子どもや(笑)

e0271181_23535715.jpg
こちらが「ずいき祭り」の名前にもなっている里芋の茎(ずいき)や野菜で作られた「ずいき神輿」。
神幸祭では御旅所に安置されております。毎年、飾りに流行りのものなどが取り入れられます。
こちら、下は「真田丸」

e0271181_23555009.jpg
こちらは「ポケモン」!駅での歩きスマホはやめましょう(笑)「体操ニッポン」などもありましたよ。

e0271181_23571470.jpg
行列が御旅所に到着でーす。予定より30分くらい早かったような。

e0271181_00004672.jpg
お疲れさまーー。

e0271181_00005026.jpg
みんな長い御渡りを終えて、ちょっと安堵の表情です。

e0271181_00013786.jpg
しばしご休憩です。ちょろっとだけ中に入れてくださいました。

e0271181_00022492.jpg
いいシーンもたくさんあったのですが、最近どうも一歩前に出て写真を撮るエネルギーがなくてイカンです。大事なところで遠慮しちゃう。
写真を撮るって、まず自分が肝心だなぁと思います。脱線。

e0271181_00061727.jpg
御神輿も御旅所に安置されました。この後神事が行われ、八乙女さんによる「鈴舞」と「田舞」が奉納されます。

e0271181_00061836.jpg
もうちょっと休憩~♪

(その2)へつづく。







by senbei551 | 2016-10-01 16:15 | ◇北野天満宮八乙女 | Comments(0)

更新滞っております。記事が5つほど溜まっております(^^;)
順番が前後しますが、恒例の北野天満宮「梅風祭」です。

e0271181_20241838.jpg


25日ということで境内には屋台、お店が多数出店されております。
着物も売っていて、左義長の長襦袢を物色してしまいました。

e0271181_20253094.jpg


毎年「梅風祭」が梅の盛りの頃だったら、もっと美しいのになぁと思いますが、今年はとりわけ梅が早く、25日にはほぼ残っておりませんでした。残念。

e0271181_20264007.jpg


近くの平野神社の早咲きの桜が満開を迎えておりました。
話しかけていただいた海外の方に、つたなすぎる英語で「梅風祭」があることや、平野神社が桜で有名なことなど、いろいろと伝えた…つもりなんだけど、たぶん無理やったんやろうなぁと。近年、海外の方が多いので京都に行くときは本当に英語が必要ですね!
海外の方からしても、知らないことを教えてもらえたほうが、絶対うれしいでしょうし。

e0271181_20293367.jpg


八乙女さんが出てこられました。

e0271181_20300380.jpg


こちらの八乙女さんは、あいかわらずきれいですね!

e0271181_20304651.jpg


本殿に向かわれます。だいたい毎年、撮る場所は決まってきますね(^^;)
来年行ったら、あえて違うところから撮ってみようかな。

e0271181_20314776.jpg
e0271181_20321939.jpg
e0271181_20321989.jpg
e0271181_20324697.jpg
e0271181_20331687.jpg


本殿の中で、祭事が執り行われ、八乙女による「鈴の舞」が行われます。
今年は祭事の間、参拝ができなくなったので、みなさん外から神妙に祭事を見守られる雰囲気でした。

e0271181_20351238.jpg


本殿での祭事が済むと、本殿前に降りてこられます。

e0271181_20355839.jpg


三年ほど前から、「梅風祭」の時も本殿前で「鈴の舞」を舞ってくださるようになりました。

e0271181_20442334.jpg

e0271181_20381747.jpg

e0271181_20381893.jpg

e0271181_20433545.jpg
e0271181_20381809.jpg
e0271181_20381935.jpg
e0271181_20381739.jpg
e0271181_20381734.jpg
e0271181_20451950.jpg
e0271181_20464706.jpg
八乙女さんの一人が鈴をくださって終わりとなります。

e0271181_20495329.jpg
e0271181_20510789.jpg
e0271181_21055878.jpg
ちょろっとだけ撮らしていただきました。

e0271181_20523539.jpg
今年は八乙女さんみんなで撮らせていただく機会もいただきました。

e0271181_20520261.jpg
そして、こちらの笑顔のかわいらしい八乙女さん。

e0271181_20534218.jpg
2013年ずいき祭りの「いやいや、けっこうです」の汗衫さんでした。これは期待大です(笑)
見返したら、去年も八乙女さんとして参加されていたのですね。

e0271181_20571518.jpg
みんな笑顔の素敵な、仲良しご家族でした。

e0271181_20590829.jpg
e0271181_21000617.jpg
そしてまたちょこちょこと撮らせていただく。
撮って~言うてもらったら、撮らせてもらいますので。
必要でしたらお声かけくださいませ。
e0271181_21004713.jpg
やっぱり縁日やってると!

e0271181_21020496.jpg
毎年食べてる写真で終わってるような気もします(笑)





by senbei551 | 2016-03-25 16:30 | ◇ずいき祭り | Comments(2)
はい。今年も行ってきました北野天満宮の「梅風祭」。
今年で三年目なので、勝手知ったるものです。
→「2014年梅風祭」「2013年梅風祭

e0271181_02355103.jpg
北野天満宮と言えば梅の名所。梅風祭…というからには梅が咲き誇っていてほしいところなのですが、だいたいこの時期には花を散らしてしまっていることが残念です。梅が満開だったら本当にきれいなお祭りなのですが。

e0271181_02372163.jpg
15時半くらいからお祭りが催行されます。

e0271181_02374571.jpg
何度も書いていますが、北野天満宮の八乙女さんは本当にきれいです。
e0271181_02383805.jpg
e0271181_02382754.jpg
八乙女が出てくるまで、八乙女のお父さんとお話していたのですが、準備等はやはり大変みたい。

e0271181_02402410.jpg
小さな八乙女さんは、いつも無邪気でかわいらしいです。それでも舞はしっかり奉納されてえらいです。

e0271181_02411991.jpg
この日は「菅原道真」公の命日とあって、北野天満宮は縁日でお店が多く出ており、境内は国籍問わず大勢の人で賑わっております。偶然このお祭りを見れた特に海外のかたはうれしそうでした。

e0271181_02454547.jpg
e0271181_02461849.jpg
e0271181_02463533.jpg
だいたい撮るところは毎年同じになってしまいますね。

e0271181_02471476.jpg
e0271181_02481457.jpg
e0271181_02482894.jpg
昨年から本殿前でも行われるようになった「鈴の舞」。今年も行われましたが、必ずされる…ということでもないようで、直前に決められている様子でした。

e0271181_02494283.jpg
少し失敗気味ですが、今回は本殿をバックに八乙女を撮れるこの一枚が狙いでした。左にある梅が満開だったらなぁ!

e0271181_02511729.jpg
e0271181_02513597.jpg
e0271181_02515192.jpg
直射日光が強く、ちょうど建物の影が重なったり撮るのは少し難しい状況でした。
e0271181_02520508.jpg
e0271181_02552624.jpg
e0271181_02560365.jpg
e0271181_02562016.jpg
「鈴の舞」は比較的あっという間に終わっちゃいます。八乙女さんと本殿をつなぐ正面の道は空けないといけませんのでご注意を。神様に向けての奉納されますので。

e0271181_02582543.jpg
お疲れ様でした。

e0271181_02593233.jpg
e0271181_02594785.jpg
e0271181_03000007.jpg
e0271181_03003017.jpg
e0271181_03005493.jpg
館に戻られた八乙女さんは、梅風祭では直会も特になくすぐに出てこられます。

e0271181_03023359.jpg
e0271181_03024938.jpg
e0271181_03032047.jpg
またちょろっとだけ撮らせていただきました。モデルさんのようになってもらって撮るのって、けっこう楽しいことを最近覚えました。

e0271181_03053020.jpg
e0271181_03062694.jpg
去年も見たぞ!おなじ光景を(笑)

e0271181_03071161.jpg
食友? こちらは水飴です。

e0271181_03080669.jpg
お父さんとすごく仲良し。

e0271181_03090089.jpg
以上、今年も「梅風祭」ありがとうございました。

e0271181_03102960.jpg
少し肌寒いくらいでしたが、素敵な顔にたくさん出会えました。




by senbei551 | 2015-03-25 23:31 | ◇ずいき祭り | Comments(2)

ずいき祭り2014神幸祭

北野天満宮「ずいき祭り」の神幸祭に今年もお伺いしてきました。
昨年、汗衫(かざみ)の役をされていた子(こちらの緑の汗衫を着たお人形さん)が梅風祭(こちらより)で八乙女デビューをし、ずいき祭りでもその大役をお勤めされました。

e0271181_20484459.jpg
今回の最年少八乙女さんですが、立派にこなされてました。

e0271181_21135544.jpg
神幸祭は13時からですが、御奉仕されるみなさんは12時半くらいから出てこられました。

e0271181_21154628.jpg
e0271181_21161931.jpg
e0271181_21163312.jpg
お守りを授与され、お祓いをうけた後、第一鳥居まで参進します。

e0271181_21180234.jpg
e0271181_21181736.jpg
13時。行列が御旅所にむけて出発します。

e0271181_21193366.jpg
e0271181_21195070.jpg
e0271181_21200902.jpg
e0271181_21202228.jpg
e0271181_21224214.jpg
e0271181_21212572.jpg
e0271181_21213734.jpg
e0271181_21215709.jpg
e0271181_21221959.jpg
e0271181_21230627.jpg
八乙女さん、今年は7人しかおらへんかった?

e0271181_21324377.jpg
e0271181_21332009.jpg
行列の先頭では獅子舞さんが沿道にいる人の頭を噛み噛みして歩きます。若い女性を噛み噛みする時は心なしかうれしそうでした。

e0271181_21352093.jpg
そこそこ長い距離を休憩なしで歩かれます。小さな八乙女さんには大変かも知れません。

e0271181_21362429.jpg
e0271181_21402511.jpg
e0271181_21410831.jpg
こちらが汗衫さん。

e0271181_21413786.jpg
e0271181_21415959.jpg
芋の茎である芋茎(ずいき)や野菜で作られた「ずいき神輿」は、還幸祭まで御旅所に安置されております。伝統的なお祭りですが、毎年流行りのネタを野菜で作って装飾されており、今年は「ハリーポッター」や「黒田官兵衛」などがありました。

e0271181_21455891.jpg
こちらは「妖怪ウォッチ」。これって、なんか急激に流行ったような印象です。

e0271181_21465098.jpg
御旅所に御神輿が到着すると、神事の後、八乙女による「鈴舞」と「田舞」が奉納されます。

e0271181_21473968.jpg
e0271181_21481554.jpg
e0271181_21483066.jpg
まずは「鈴舞」です。

e0271181_21500977.jpg
e0271181_21504338.jpg
e0271181_21510885.jpg
e0271181_21512886.jpg
最後に八乙女のひとりが参列者を鈴でお清めしてくれます。

e0271181_21520667.jpg
着替えをすませると、「田舞」が行われます。
「田舞」の動画は昨年アップしておりますのでこちらよりご覧ください。

e0271181_21542882.jpg
e0271181_21563306.jpg
e0271181_21565105.jpg
e0271181_21571892.jpg
e0271181_21573811.jpg
e0271181_21575342.jpg
e0271181_21582252.jpg
e0271181_21583530.jpg
e0271181_21584808.jpg
e0271181_21590280.jpg
e0271181_21591573.jpg
e0271181_21593967.jpg
e0271181_21595779.jpg
e0271181_22001294.jpg
お疲れさまでした。今年は神幸祭しか行けませんでしたが、この後日「還幸祭」「后宴祭」と行われて「ずいき祭り」は終了となります。

ありがとうございました。







by senbei551 | 2014-10-01 23:40 | ずいき祭り | Comments(2)

北野天満宮の梅風祭、ごいっしょさせていただいていた八乙女さんご一家、残念ながら今回出られていないのですが、昨年のずいき祭りでちょいとお知り合いにならせていただけた「汗衫(かざみ)」をされていた子(こちらの緑の服着た子)が、めでたく八乙女デビューされるって言うことで、ずけずけとお邪魔させていただいて来ました。(昨年の梅風祭はこちらから

e0271181_11360396.jpg
御祭神であられる菅原道真公にちなんで25日は出店も多く出され境内に賑わいを見せております。

e0271181_11361227.jpg
北野天満宮さんといえば梅の名所。今年は少し遅れており梅もまだちらほらと残っておりました。

e0271181_11362662.jpg
巫女さんによる御神楽の奉納も行われております。

e0271181_11364134.jpg
15時半より祭りが始まります。

e0271181_11364926.jpg
八乙女さんたち。相変わらずかわいらしいですね。

e0271181_11450428.jpg
e0271181_11453056.jpg
こちらが八乙女デビューの子。汗衫をされていた時よりもお姉ちゃんになったような気がします。

e0271181_12304921.jpg
e0271181_11481754.jpg
e0271181_11485338.jpg
拝殿で鈴の舞を奉納。一般の人は外からしか垣間見れません。去年はそうだったのですが…。

e0271181_11500217.jpg
今年は急遽、境内でも奉納されることとなりました!うれしいビックリ。来年も同じ形で行われるとよいのですが。

e0271181_11513353.jpg
横のお姉ちゃん八乙女が常に気にかけて、面倒を見てくれているようでした。


e0271181_11524120.jpg
e0271181_11532266.jpg
e0271181_11535190.jpg
e0271181_11541897.jpg
e0271181_11550765.jpg
e0271181_11555177.jpg
e0271181_11561592.jpg
e0271181_11563501.jpg
e0271181_11564851.jpg
鈴舞の奉納だけですので、けっこうあっという間の出来事です。

e0271181_11574986.jpg
e0271181_11580659.jpg
きれいに梅が咲く中を戻っていかれて梅風祭は終了となります。

e0271181_11595915.jpg
記念撮影をされたりしつつ、それぞれの帰路につかれます。

e0271181_12011525.jpg
関係ないことですが、この子、なんだか絵にしたくなる雰囲気です(^^)

e0271181_12034484.jpg
初八乙女さんもお疲れさまでした~~。
e0271181_12022988.jpg
八乙女(五乙女さん?)グループについて行かせていただくことに。

e0271181_12043833.jpg
出店ロードを歩きます。「わぁ、きれい!」「写真いいですか?」とさすがは観光名所でもある北野天満宮さん、国籍問わずいろいろな方から声を掛けられておりました。

e0271181_12055169.jpg
大切なお役目を終えた八乙女さんも、子どもに戻りま~す。がんばったご褒美です。かわいらしい光景に観ていた人たちも笑顔になっていました。

e0271181_12081264.jpg
八乙女に銃!なんて組み合わせ(笑) このギャップはたまりません。

e0271181_12092327.jpg
ありえない組み合わせに我慢できなくて、こんな写真お願いしちゃいました。すいませ~ん。

e0271181_12104266.jpg
つづいてこちらのお店へ(笑) 女の子だからこういうかわいいのたまらないのでしょうね~!

e0271181_12112169.jpg
e0271181_12115276.jpg
そして念願のチョコバナナへたどりつく(笑)

e0271181_12124371.jpg
e0271181_12130556.jpg
北野天満宮さんのすぐ横が上七軒で、ちょうどこの日から春の「北野をどり」が始まっておりました。もう行ったのは十年以上前になるでしょうか、舞台もとても雰囲気があるし、渋く楽しめるをどりであった気がします。

e0271181_12264601.jpg
ご家族にはお疲れの中、境内にまで戻っていただき少し撮影させていただきました。思い出の記録になれば幸いです。

e0271181_12280249.jpg
e0271181_12283191.jpg
素敵なご家族です(^^)
e0271181_12395325.jpg
そしてかわいらしい八乙女さん。

e0271181_12411631.jpg
お疲れさまでした~!楽しい時間を共有させていただきありがとうございました(^^)

e0271181_12415547.jpg
またお会いしましょ~~!!

撮らせていただいた八乙女さん方ありがとうございました(^^)v




by senbei551 | 2014-03-25 12:08 | ◇ずいき祭り | Comments(2)
昨年に引き続き、ずいき祭りの最後を締めくくる「后宴祭」を観に行ってきました。
良縁をいただいて早一年のお礼を本殿にてお参りさせていただきました。
ありがたいことです。おかげでこの一年北野天満宮さんで素敵なものをたくさん観れました。

「后宴祭」では、八乙女さんによる「鈴の舞」が本殿で、そのあと本殿前に降りて「田舞」が奉納され、本殿にて「御印返し」の儀式だったかな?が行われたあと、直会があって終了となります。

「神幸祭」「還幸祭」と観ていれば、一通りの行事はおさえることができるので、今回は動画もいい記録になると思い、写真はあまり撮りませんでした。

e0271181_13402439.jpg
本殿にて「鈴の舞」外からは金網ごしに少しだけ観ることができます。
e0271181_1341729.jpg
一度引退されましたが事情があり、今回急遽八乙女として大役を務められました。鈴舞での最後の鈴振り。ご苦労様でした。

e0271181_1342408.jpg
本殿前舞台にて「田舞」の奉納。衣装を着替えます。
e0271181_13432856.jpg
e0271181_13434154.jpg
去年も見かけた。小さな八乙女さんを気遣ってあげる様子が見ていてうれしくなります。


「田舞」の奉納が行われます



お祭りに来られている方と話すと、神楽のことを勉強されている方や、祇園にも関係のある御宿の支配人さん、プロカメラマン、日本文化好きな海外の方、あちこちの伝統芸能を見て回られている方と興味をそそられる方が多々おられて面白かったです。

e0271181_13482999.jpg
本殿にて、神様の御使い?としての「御印」をお返しされます。

e0271181_1350673.jpg
昨年は直会の最後まで待っていたのですが、今年はここで失礼しました。初めて「ずいき祭り」を「神幸祭」から「后宴祭」まで観させていただくことができました。

新たな一年も自分にとっても、自分に関係ある人にとっても、天満宮さんの氏子さん方にとっても、よき一年となるよう御祈りをして帰路につきました。

天満宮さんよりいただいたご縁に感謝です。


ありがとうございます。
by senbei551 | 2013-10-05 23:32 | ずいき祭り | Comments(0)
1日の「神幸祭」にひきつづき、4日の「還幸祭」も観に行ってきました。
天満宮さんから御旅所に到着した御神輿が戻ってこられます。

その際、京都五花街のひとつである「上七軒」さんを通られ、舞芸妓さん方々がそれを出迎えることが大きな目玉となっております。

e0271181_3215811.jpg
カメラマンたちが待ち構える中、神職、八乙女さんをはじめとする奉仕者のみなさんが出て来られます。
e0271181_3251136.jpg
御払いを受けたあと、神門へと向かい記念撮影を行います。
e0271181_3255936.jpg
e0271181_3261920.jpg
e0271181_3263998.jpg
タクシーで御旅所を出発している行列と合流されます。

時間はすすんで16時頃、上七軒さんに御旅所を出発した「ずいき神輿」や行列がやってきます。それに合わせるようにお茶屋さんからきれいな芸舞妓さん方が顔を出されます。沿道はハンパではないカメラマンの数です。二重三重になっております。

あまりにカメラマンが多く、沿道にせり出して埋め尽くしていたため神輿が進むことができず途中関係者の方より、安全に祭りを行うために道を開けるよう注意が促されました。

e0271181_3272888.jpg
芸妓さんが出てこられた瞬間、シャッターの嵐です。
e0271181_33068.jpg

e0271181_332164.jpg
e0271181_3361060.jpg
e0271181_337028.jpg
確かかんざしからシャラシャラ垂れ下がっているものをつけたり、下唇にだけ紅を入れるのはまだ舞妓さんになりたてだった気がします。
e0271181_3381610.jpg
e0271181_3383163.jpg
e0271181_339785.jpg
獅子がきて、芸舞妓さんの手を噛んでいきます。さすがに頭は噛みません。
e0271181_340538.jpg
e0271181_3411150.jpg
「ずいき神輿」登場!お茶屋さんの前で少しだけ止まってくださいました。
e0271181_3424328.jpg
八乙女さんはじめ行列が到着。到着前に馬や牛がビックリするのでフラッシュは絶対焚かないこと。八乙女さんに「こっちむいて!」など声をかけないことが厳重に注意されました。気を使わせてすいません。
e0271181_3441330.jpg
e0271181_3443369.jpg
e0271181_3445876.jpg
e0271181_3452299.jpg
行列が通ったあと、「3分間だけです」と芸舞妓さんの撮影タイムとなりました。とんでもない数のカメラが取り囲みます。

e0271181_3473085.jpg
上七軒を通り過ぎた行列は北野天満宮さんに帰着いたします。ずいき神輿はふたたび御旅所に向かわれるようです。
e0271181_3482866.jpg
e0271181_348515.jpg
e0271181_349860.jpg
e0271181_3493145.jpg
本殿前に並べられた御神輿。この後一般客を外に出したあと門が閉められ、御神輿より神様が戻られます。
e0271181_445116.jpg
見かけた顔があると思ったら、今年の夏に福島-京都「子どもたちの夢の夏キャンプ」でごいっしょしたボランティアさんでした。奇偶!
e0271181_3521531.jpg
e0271181_3514919.jpg
八乙女さんが戻ってこられます。

「還幸祭」はこれにて終了となり、奉仕者のみなさんも帰路につかれます。
個人的には、子どもたちの緊張もとけたこの時間が好きです。

e0271181_3542968.jpg
アイ~ン!白塗りしているし、そのまんま「○カ殿様」のようです(笑)
e0271181_3562598.jpg
e0271181_3564556.jpg
小さな八乙女さんも帰路につかれます。
e0271181_3573085.jpg
やんちゃ坊主め(笑)
e0271181_358431.jpg
e0271181_4203718.jpg
e0271181_3582420.jpg
e0271181_3584425.jpg
e0271181_414061.jpg
松の葉を絡めあって、ちぎれないようにひっぱりあう遊び…懐かしい!
e0271181_423774.jpg
e0271181_425477.jpg
小さい子の面倒見がいいので、とても好かれているようでした。お互いなかなか「さよなら」できませんでした(^^)
e0271181_482562.jpg
e0271181_484777.jpg
e0271181_49516.jpg
e0271181_492761.jpg
かわいらしいポーズで、お見送りしてくれました。
e0271181_494559.jpg
自分の写真を撮っていただきました。そう言えばなかったのでありがたかったです。
e0271181_4173749.jpg
駅まで送ってくださったのですが、その前を走っていたタクシーが京都に三台しかないという「四つ葉タクシー」でした(ほとんどは三つ葉)。素敵なお祭りを見て、四つ葉も見れて、いいことずく目の一日でした!

e0271181_138121.jpg

似ていない似顔絵を描いて贈らせてもらいました(^^)
by senbei551 | 2013-10-04 22:17 | ずいき祭り | Comments(0)
神幸祭の行列、お神輿が御旅所に着き神事が行われたあと、八乙女による「鈴の舞」「田舞」が奉納されます。特筆することはありません。ただただきれいです。
「鈴の舞」
e0271181_20435917.jpg
e0271181_20444467.jpg
e0271181_20445615.jpg
e0271181_20451359.jpg
e0271181_20453471.jpg
e0271181_20455141.jpg

e0271181_20465237.jpg
e0271181_2047327.jpg
衣替えをしたあと、「田舞」が奉納されます。

「田舞」
e0271181_20483647.jpg
e0271181_20491361.jpg
e0271181_2049245.jpg
e0271181_20495023.jpg
e0271181_20493470.jpg
e0271181_2050621.jpg
e0271181_2052871.jpg
e0271181_2052425.jpg
e0271181_2054526.jpg
e0271181_20541728.jpg
e0271181_20543581.jpg
e0271181_20544631.jpg
e0271181_2055658.jpg
e0271181_20551825.jpg
e0271181_20552863.jpg
e0271181_20554512.jpg
e0271181_20561116.jpg
e0271181_20564572.jpg
e0271181_2057969.jpg
e0271181_20575224.jpg
e0271181_2058527.jpg
e0271181_2058262.jpg
e0271181_20585275.jpg
e0271181_2059788.jpg
e0271181_20593097.jpg
e0271181_20595535.jpg
e0271181_210108.jpg
e0271181_2102295.jpg


e0271181_2104682.jpg
e0271181_211061.jpg
e0271181_2112255.jpg
e0271181_211341.jpg
e0271181_2115419.jpg
e0271181_212920.jpg

こちら「ずいき神輿」 ずいき(芋茎)や野菜で作られているめずらしいお神輿です。神幸祭では御旅所に安置されており、環幸祭で北野さんに運んで行かれます。
e0271181_2172668.jpg
e0271181_2174043.jpg
今回も素敵なお祭りを見せていただくことができました。ありがとうございます。
「ずいき祭り」は、このあと4日に「環幸祭」、5日に「后宴祭」が行われます。

e0271181_2185946.jpg

八乙女さんが授かる縁起物(…と言っていいのかな)をひとつ分けていただきました。
大変ありがたいです。神棚に供えて日々に感謝して手を合わせることにします。
by senbei551 | 2013-10-01 23:41 | ずいき祭り | Comments(0)
昨年のずいき祭り「后宴祭」でお知り合いになった八乙女さんご一家。
それ以来ちょくちょくブログにもご登場いただいているのですが、今回のずいき祭りにも出られるということで、足を運ばせていただきました。
しかも今回は三人いっしょに!!いや~おめでたいです。
e0271181_2014886.jpg


神幸祭りは、北野天満宮さんより御旅所までの道中、および御旅所での神事・舞の奉納が行われます。
八乙女さんが登場する機会は年間何度かありますが、ギャラリーはずいき祭りがダントツ多いですね。びっくりしました。
e0271181_2071774.jpg
天満宮前はカメラマンの壁ができておりました。

e0271181_2084118.jpg
13時になり八乙女さんはじめ奉仕者の方々が登場。やはり北野天満宮の八乙女さんはきれいですね。
e0271181_2093476.jpg

e0271181_2094567.jpg
これくらい小さな子になるとお人形さんです。本当に。
e0271181_20102972.jpg
りりしいです!
e0271181_20105088.jpg
e0271181_20123298.jpg
e0271181_20124210.jpg
お祓いを受け、お守りを授かります。
e0271181_20132182.jpg
やっぱりお人形さんです。
e0271181_20131079.jpg
順番にお守りの授与…「いやいやけっこうです」と言っているような。この子はお祭りを通して面白い感じの子でした。
e0271181_2014239.jpg
氏子地域を廻るため天満宮を出発して行かれます。ギャラリーを引き連れての大移動。
e0271181_20152379.jpg
e0271181_2016233.jpg
e0271181_20161819.jpg
e0271181_2016361.jpg
e0271181_20164645.jpg


e0271181_2017480.jpg
10月に入ったというのに当日は30度を超える夏日。いい天気だけれども参列者は大変そうでした。
e0271181_2018277.jpg
e0271181_20181869.jpg
ザ・激写!どのような写真撮られているのか見てみたいです。
e0271181_2018294.jpg
e0271181_2018421.jpg
出発してすぐに、夢の世界でのお祭りに参加しに行ってしまっておりました(^^)
e0271181_20202180.jpg
こちらの小さな八乙女さんも「だっこしてほしい~」と。周囲の大人はなんとか歩いてもらおうとしておられましたが…。
e0271181_20215343.jpg
行列は町中を御旅所にむけて歩みを進めていかれます。
e0271181_20225486.jpg
それにしても暑かったです。まるで夏祭りのようでした。
e0271181_20232111.jpg
e0271181_2024283.jpg
さきほどぐずっていた小さな八乙女さん、このような位置に収まっておりました(笑)かわいすぎる~!
e0271181_20245623.jpg
e0271181_20273028.jpg
e0271181_20294669.jpg
バス通りを歩くのもギャップがあり面白いですが、やはり人の生活に面した道を歩いておられるのが一番しっくりきますね。
e0271181_20312766.jpg
e0271181_2032245.jpg
お父さんも大変です(^^)でもほのぼのするなぁ。素敵なご家族ですね。それにしても収まっています(笑)
e0271181_2033943.jpg
e0271181_20332597.jpg
e0271181_20333693.jpg
e0271181_20334844.jpg

e0271181_2037886.jpg
行列は途中一度の休憩をはさんだあと御旅所まで歩き、神事のあと八乙女による「鈴の舞」「田舞」の奉納が行われます。

つづく
by senbei551 | 2013-10-01 22:57 | ずいき祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551