カテゴリ:◇おわら風の盆( 26 )

おわら風の盆2017⑬

三日間に及ぶ「おわら風の盆」。もっとその世界に身を浸らせていたくても夜明けはやってきます。

e0271181_22134214.jpg
今年も最後は、川窪おわらの音色が心地よい天満町で。

e0271181_22170390.jpg
長い年月をおわらと共に生きてきた人。おわらと共に歩み始めたばかりの人。
それぞれの人に、それぞれのおわらがあるのでしょうけれども、全ての人に等しく訪れる今年のおわら終幕の時間。

e0271181_22232860.jpg
刻一刻と色を取り戻しはじめた東の空の下、おわらと過ごす最後の時間。

e0271181_22332692.jpg
夢の中にいるようなおわらの時間が過ぎ去り、新しい夜明け、新しい一日が始まろうとしています。
もう少しだけおわらの時間に身を置いていたい。

e0271181_22380179.jpg
最後に許された少しの時間。
深夜のまさしく夢の中にいるようなおわらも美しいですが
今まさに覚めようとする夢の中で観るおわらもまたこみ上げてくる感情があります。

e0271181_22441759.jpg
今年は三日間をおわらと共に過ごさせていただきました。
たくさんの方々のたくさんのおわらを見させていただきました。

e0271181_22580046.jpg
本当に夢の中にいるんじゃないだろうか?と思うような美しい瞬間に身を置くこともできました。

e0271181_22594784.jpg
それぞれの人にそれぞれのおわら。今年も八尾に来れて、おわらを観させていただけたことに感謝します。

浮いたか瓢箪

軽そに流れる

行く先や知らねど

あの身になりたや

e0271181_23051845.jpg
毎年が同じようで、決して同じではない。
自分にとっての「おわら風の盆」

今年この場に居られることに感謝し
来年もぜひ、この場に身を置きたいと願います。



by senbei551 | 2017-09-04 06:00 | ◇おわら風の盆 | Comments(4)

おわら風の盆2017⑫

今年は贅沢に三日間を過ごした「おわら風の盆」もいよいよ最終日、深夜を迎えます。
一年に一度の「風の盆」ですが、八尾に行けば一年に一度は必ずこの美しい光景を観ることが約束されているのは、これまた贅沢でありがたいことです。

e0271181_12315457.jpg
最後の夜にむけて、八尾の町が静かに動き始めます。最終日の深夜が一番多くの夜の町流しを観ることができます。

e0271181_11454001.jpg
1日目、2日目は裏通りを中心にウロウロしておりましたので、最後は諏訪町通りで多く過ごさせていただきました。今年も多く見させていただきました東新町。

e0271181_11471020.jpg

e0271181_11481746.jpg
男踊りかっこいい!!いい行事や祭りに行くと、そこに産まれた人は幸せだといつも思うわけです。

e0271181_11522760.jpg
この方のおわらとても美しいなぁ!!

e0271181_11532874.jpg

e0271181_11545001.jpg
魅入ってしまいました。来年も必ず観させてもらいたい。

e0271181_11554394.jpg
月夜を静かに進むおわら。本当に美しい。心が洗われます。

e0271181_11565330.jpg

e0271181_11573262.jpg

e0271181_11574311.jpg
みな一つ同じ夢の中に身を委ねます。

e0271181_11585787.jpg
おわらができる幸せ。

e0271181_12011345.jpg
おわらを見れる幸せ。

e0271181_12181357.jpg
それぞれのおわらの時間が流れていきます。

e0271181_12192760.jpg

e0271181_12202009.jpg
長いようであっという間に過ぎてしまう、おわらの時間。

e0271181_12205943.jpg
誰もいない静かな夜道、三味線を奏でながらふらりと歩む男性一人。しばし後について同じ時間を楽しませていただきました。


もうすぐ夜が明けます。

(その13)へつづく。



by senbei551 | 2017-09-04 04:00 | ◇おわら風の盆 | Comments(0)

おわら風の盆2017⑪

天満町から少し坂を上っていき最初に出会う町が「下新町」です。
この町では八幡社に舞台が組まれており、そこでの演舞が大変美しく定評があります。
通りかかった時、ちょうど始まる前だったので少し待って見学させていただきました。

e0271181_00562527.jpg
背景に暗闇と鳥居、行灯が絵になります。今年のおわらのポスターも下新町でした。

e0271181_00580014.jpg
下新町の女性の朱の浴衣も大変美しく、他町ですが諏訪町を流す姿がとても見たかったのですが今年はかなわずでした。

e0271181_01021060.jpg
さらに上がっていくと今町に「聞名寺」があり、そちらでもおわらを観ることができます。美しいロケーションです。

e0271181_01043259.jpg
そしてこちらが今町さん。月を背負って美しく踊っておられました。

e0271181_01054139.jpg
パンフレットによると、こちらの町が先駆けて男女混合のおわらを取り入れられたのだとか。今回絡みの写真はないですが!

e0271181_01073763.jpg
そして西町。公式行事としての最終日23時を迎え、町の公式としては最後のおわらを前に円陣を組みます。西町のイメージがなんとなく体育会系(笑

e0271181_01094140.jpg

e0271181_01100731.jpg

e0271181_01103585.jpg

e0271181_01113543.jpg
演舞を終えて、地方のみなさん、町のみなさんにお礼を述べられておりました。最後まで観ていて気持ちがよいです。

e0271181_01131854.jpg
そして急ぎ足で東町へ。こちらでは最終として輪踊りが行われるところでした。

e0271181_01143418.jpg
東町のおわらも大変美しく見ごたえがありました。

e0271181_01153215.jpg

e0271181_01182051.jpg
23時を回り、公式としてのおわらは終了しました。
三日間続いた「おわら」もいよいよ最終日深夜の時間をむかえ、すぐそこまで近づいた「浮いたか瓢箪」を前に、皆それぞれに今年最後のおわらを過ごします。

(その12)につづく。

by senbei551 | 2017-09-03 23:30 | ◇おわら風の盆 | Comments(0)

おわら風の盆2017⑩

三日間の「おわら風の盆」もいよいよ最終日。
二日間は15時開始のおわらですが、最終日のみ19時より開始。これ考えてくれた人ナイスです。
三日目ともなると、ほんまもうヘトヘト。

e0271181_20285503.jpg
お世話になっているみなさまと、西町で祭り談義。手にはもちろん清酒「風の盆」。
1日目、2日目はまだ後があるので怖くて手が出せなかったけれども、最終日は解禁です。

e0271181_20323755.jpg
西町の町流しから最終日をスタート。

e0271181_20334712.jpg
その後むかった先は、天満町。まだ天満町を満足できるほど見れていない。

e0271181_20344445.jpg
笑顔もあっての、暖かでゆったりとした雰囲気がとてもいい。

e0271181_20353848.jpg

e0271181_20355796.jpg

e0271181_20362079.jpg

e0271181_20364921.jpg
休憩中の天満宮もちょっぴりいい雰囲気。

e0271181_20371461.jpg
童謡の一場面のよう。

e0271181_20390231.jpg
三年前こちらで撮った、笠ではなくバイキンマンを被っていたすごい歌い手さんはどうしているのだろう?


e0271181_20375036.jpg
町の人も、見ている人もみんなほっこりいい雰囲気。

e0271181_20395757.jpg
ふたたびおどりが始まる。

e0271181_20413104.jpg

e0271181_20415983.jpg
このあと子どもたちはお菓子をもらって解散。こどもたちのおわらは一足先に幕を閉じる。

e0271181_20430207.jpg
花うち演舞が始まる。天満町の演舞も本当に美しく見逃せないです。

e0271181_20443679.jpg
天満町を満喫させていただきました。

e0271181_20485665.jpg
美しい唄声が心に響きます。
天満町の夜はまだまだ続きますが、他のおわらも観たいという気持ちが体をふたたび町の上へとのぼらせます。贅沢なことです。


(その11)へつづく。

by senbei551 | 2017-09-03 21:26 | ◇おわら風の盆 | Comments(6)

おわら風の盆2017⑨

毎年の流れとして、天満町での隊形演舞を観た後はまた町を上り始めます。
天満町にいるだけでも素敵なおわらを観ることができるので後ろ髪をひかれつつ。

e0271181_19140921.jpg
歩いている先で踊られているかはわからない。歩いて偶然出会う感動があります。

e0271181_19161995.jpg
諏訪町通りに月がきれいに映えていました。

e0271181_19170521.jpg
西町さんでも演舞が行われていました。

e0271181_19174013.jpg
この町の人らもいつも仲良さそう~。

e0271181_19183528.jpg

e0271181_19184648.jpg

e0271181_19185932.jpg
終わるとお花としてお酒が!!

e0271181_19192891.jpg
そしてラッパー!!去年も飲んではったなぁ(笑)普段こんなノリなのに踊るとあの美しい雰囲気!ギャップがすばらしいです。

e0271181_19210528.jpg
町をふらふらと歩いているだけで、色々な町のおわらを観ることができます。

e0271181_19215051.jpg
真っ暗な坂の下から、美しい音色を奏でながらゆったりと姿を見せたり。音色をのせた風の一部になったかのような心地よさがあります。

e0271181_19233465.jpg
一日目と異なり大勢で踊られているところによく遭遇しました。

e0271181_19241258.jpg
諏訪町通り、やはり美しい。
この日も、そこそこにたくさんのおわらを見せていただくことができました。
どれも美しいものでしたが、一番心に響いたのが…。

e0271181_19265656.jpg
ごいっしょできたのは10分間ほどでしたが、今年のおわらの中で一番素敵で心に残った時間でした。
唄はありませんでした。胡弓と三味線の旋律に合わせて、行灯に照らされた暗く静かな道を本当に美しく進まれていきます。
そこにいる誰もが同じ夢の中に陶酔しているような感覚。本当にかぎりなく美しく心地よいです。
この感覚が味わいたくて、おわらに来ているといってもいいです。滅多と出会えるわけではないこの瞬間。

e0271181_19374133.jpg
この10分間に出会えただけで、今回おわらに来れて本当に幸せです。
思い出す度、まだ夢の中にいるようです。

(その10)につづく。






by senbei551 | 2017-09-03 03:30 | ◇おわら風の盆 | Comments(10)

おわら風の盆2017⑧

雨上がりの西新町を楽しませていただいた後、向かった先は天満町。

e0271181_23393651.jpg
西新町とは真反対にある町で、坂の町八尾を一気に下ることになります。

e0271181_23392526.jpg
天満町のおわらは「 川窪(こくぼ)おわら」と言われ、独得の節があるそうですが、すいません。いまいちその辺りはよく理解していません。

e0271181_23420957.jpg
この町には他の町と異なるゆるりとした独特雰囲気があり、居心地がとてもよくて好きな人も多いです。僕もそう。
ただし、この町に下りて来イコール、また上がらなければならない。という法則があり思い切りが必要なところではあります。

e0271181_23433610.jpg
また昨年より橋の付け替え工事のため、天満町が八尾駅からの通り道になってしまい、観光客が増えているところでもあります。

e0271181_23091947.jpg
おわらに来たら観ておきたいもののひとつ、天満町の隊形演舞が天満宮の前で行われます。
天満町のゆったりとした暖かな雰囲気に、見事な踊りがくわわり大変見ごたえがあるのです。

e0271181_23134307.jpg
きれいなお月さまもおわらを愉しむ。

e0271181_23201722.jpg

e0271181_23182206.jpg

e0271181_23191665.jpg
鏡町おたや階段前の演舞、天満町の天満宮前の演舞、それぞれに異なった魅力があります。

e0271181_23203677.jpg

e0271181_23213169.jpg

e0271181_23215987.jpg

e0271181_23445427.jpg

e0271181_23224840.jpg

e0271181_23232761.jpg
青年団による演舞が終わった後に観ることができた演舞。今年のおわらで観れてよかったもののひとつです。

e0271181_23245688.jpg
OB・OGによるおわら!!OGさんが出て来てのおわらは去年も行われていて見ていたのですが、今回はOBさんも!!

e0271181_23455547.jpg
いや!!かっこよすぎるやろ!!!おわらの踊り手は基本的には25歳で引退します。

e0271181_23462898.jpg
この人が単純にかっこいいというのはありますが(笑)それでもアダルトなおわらは本当にいい!!
OGさんは深夜の町流しに多く出てこられます。なぜOBさんはもっと出てこないんだ!!年を経ないと出せない魅力とうものがやっぱりあるわけで
個人的にはOB・OGさんのおわらは本当に魅力があると思っています。今回OBさんのおわらを観て改めて強く思いました。かっこいい!!

e0271181_23305560.jpg
OGさんのおわらも本当に美しい!!日中では見れない夜の魅了です。

e0271181_23470585.jpg
即興なのか笑顔が飛び交います。天満町では深夜に地方なしの無音での演舞も行われていたようで、身体がいくつかあるならひとつは天満町に置いておきたいところです。僕がおわらの虜になったのも、ここ天満町の夜の町流しでした。

e0271181_23335245.jpg
天満町のおわら、これもやっぱり見逃せない。
時計の針は日付をまたぎ深夜のおわらの幕明けです。


(その9)につづく。







by senbei551 | 2017-09-02 23:57 | ◇おわら風の盆 | Comments(2)

おわら風の盆2017⑦

おわらにはつきものの「雨」。八尾の町に雨が降ると、おわらの姿は影をひそめ町は静寂に包まれます。
それもおわら、再開するかしないかは雨しだい。

e0271181_23152235.jpg
伝わったのはおわらを観たい人々の願いか、おわらをしたい人々の願いか。雨はあがり八尾の町に再びおわらの風が戻ってきました。

e0271181_23171510.jpg
見事な踊りを見せてくれるのは西新町。こちらの男踊りは本当にかっこいい!近年めっちゃお気に入りです。おわらに来て見逃せないもののひとつです。

e0271181_23194513.jpg

e0271181_23201166.jpg

e0271181_23210276.jpg
女踊りは美しい。

e0271181_23213758.jpg

e0271181_23223234.jpg
どこに理由があるのかは分からない。でも魅入ってしまうのです。見とれてしまうのです。

e0271181_23221573.jpg
最初は、実はそれほど意識していた町ではなかった。でも近年では欠かせない。絶対にみたい西新町のおわらです。
雨の後のおわらが一番美しい。その環境の中で西新町のおわらが見れたことに感謝します。

e0271181_23270506.jpg

e0271181_23270534.jpg

e0271181_23274048.jpg

e0271181_23274050.jpg

e0271181_23281875.jpg
西新町の町流しが始まりました。

e0271181_23285724.jpg

e0271181_23285663.jpg

e0271181_23292284.jpg
この後、次のおわらに来たらかかせないものを見に、町を下ります。時間はもうすぐ深夜の0時を迎えようとしています。


(その8)へつづく。


by senbei551 | 2017-09-02 23:13 | ◇おわら風の盆 | Comments(2)

おわら風の盆2017⑥

東新町のおわらを観た後、上新町方面に下っていると自町ではない場所ですが諏訪町の輪踊りに出会いました。
人多すぎて渋滞が出来ていました。土曜日のおわらは人の多さが半端ではないです。

e0271181_23590319.jpg
めっちゃええ笑顔です!

e0271181_23594271.jpg

e0271181_23595255.jpg

e0271181_00002681.jpg

e0271181_00003890.jpg

e0271181_00012909.jpg

e0271181_00022061.jpg
少しすると西新町が下ってきました。演舞場に向かわれているところだったかな?めっちゃ元気に飛び跳ねてました。

e0271181_00033210.jpg
でも踊りだすとこの凛々しさ!ギャップがいいですね。

e0271181_00032386.jpg

e0271181_00045457.jpg
その後は人の多さに疲労困憊しつつ、沿道で上新町の町流しを待つことに。大勢の人が今か今かと待ちわびる中聞こえてきた三味線、胡弓に唄声。
いよいよ始まる!と思った瞬間ポツリと頬に当たる水。

…雨が降ってきました!待ちに待った町流しですが一小節も唄わないうちに「いっぷくしょまいかいね」…終わってしまいました。
「えー!」という悲鳴が沿道から沸き起こりましたが、おわらに雨はNG。仕方ないですね。

e0271181_00082820.jpg
ちょうど返ってきた西新町について上っていくことに。
雨が降るとおわらは観れませんが、八尾の町はさらに美しく様変わりします。
個人的には、これも観ておきたいおわらの光景のひとつと言えるかと思います。
数年前には、夜じゅうずっと雨で、一度も流しが見れないこともありました。

e0271181_00105209.jpg
「あー」と天にむかって叫ぶ子ども。深夜の真骨頂にむけて雨、止むといいな。


(その7)につづく。

by senbei551 | 2017-09-02 20:00 | ◇おわら風の盆 | Comments(0)

おわら風の盆2017⑤

初インターネットカフェで寝てからの二日目の「おわら風の盆」。
どこに行こう!毎度のことながらとりあえず上を目指します。

e0271181_16572585.jpg
上新町さんで輪踊りをする子どもちゃんの笑顔に癒されつつ

e0271181_16550907.jpg
着いたのはやはり東新町。二日目のこの日は土曜日で、大勢の人出が見込まれました。
観光バスのお客さんが最初に到着するのが西町になりますし、上新町、諏訪町、西町、東町、鏡町、今町、下新町あたりは大勢の人であふれかえり
通行困難なくらいになります。

e0271181_17020532.jpg
これ諏訪町です。なので比較的人の少ない(と言っても大勢いる)西新町、東新町、天満町あたりで過ごすか、もう開き直って飲み屋で飲み明かすか…という考えでした。東新町の早乙女さんをもっと観たかったし、西新町の新屋敷踊りが好きなので、とりあえず上に。

e0271181_17051670.jpg
東新町では花うち演舞や、輪踊りが行われておりました。

e0271181_17071192.jpg

e0271181_17080603.jpg
早乙女さん。

e0271181_17090841.jpg
ちびっこ早乙女さんも、お姉さんに気にかけてもらいながらがんばります。

e0271181_17113518.jpg
がんばったよ~!!

e0271181_17101504.jpg
少年もがんばります。将来はりっぱな男踊りを踊っていることでしょう。

e0271181_17132770.jpg

e0271181_17111879.jpg

e0271181_17142218.jpg

e0271181_17152220.jpg
女踊りは美しく

e0271181_17162111.jpg
男踊りはかっこいい!

e0271181_17193741.jpg
地方さんも素敵です。


e0271181_17171672.jpg

e0271181_17164905.jpg

e0271181_17175088.jpg
この方の踊りも情感豊かでとても心に残る美しさ。

(その6)につづく。

by senbei551 | 2017-09-02 16:00 | ◇おわら風の盆 | Comments(1)

おわら風の盆2017④

風の盆の真骨頂、深夜のおわらの幕が開けます。
23時までは観光的な要素が強いですが、それ以降は観光客もはけ風の盆の本当の姿を観ることができると個人的には思っています。

e0271181_11183886.jpg
深夜の最初は西町から。そしてまたこの子、やっぱり目を惹きます。深夜の路地裏の町流しは結局観ることができませんでした。

e0271181_11203220.jpg

e0271181_11211396.jpg
来年からはたぶん傘被られていると思うので、それでもやはり目を惹き付けて欲しいと思いますし、観る側としても、そういう踊りの個性を感じられるような目を持てるようになりたいものです。

e0271181_11252182.jpg
この子もとてもいい雰囲気どふわりと踊らはります。

e0271181_11261099.jpg
おじさんも熟練の踊りです。日中はおよそ25歳までの青年男女が中心なのでこういった光景を観ることができませんが、長く生きてこられた深みがおわらの深みでもあると思います。

e0271181_11273839.jpg

e0271181_11280069.jpg
みなさん楽しそうに踊られます。一般OKだったら自分も中に入らせてもらいたかった。

e0271181_11290333.jpg

e0271181_11291739.jpg
こちらは地方さんだけの町流し。1日は初日とあって以前訪れた時はほとんど町流しも観ることなく終わってしまったのですが、今年は行くところ行くところで町流しが御行われておりました。

e0271181_11302865.jpg
今年のおわらで最初に出会った、僕的おわら真骨頂。暗闇で姿もうっすらとしか見えない中、少数の踊り手、地方さんのみの町流し。
諏訪町での深夜の町流しも魅力的なのですが、僕が一番見たいのは裏路地をひっそりと流すおわらです。

e0271181_11374155.jpg
東新町でおわらに長年通われているおじさんともお話ししたのですが、その方も20年近く前、暗闇からすっと現れた鏡町の町流しに心を捉えられおわらにどっぷりとはまったそうです。僕にとってのそれは2014年の天満町の町流しでした。いつもあの幻影を追い求めております。

e0271181_11381343.jpg
とは言え、やはり諏訪町通りを流す姿もたまりません。こちらも地方さんのみ。
話に聞くだけなのですが、ごく稀に地方さんなしで踊り手さんだけが静かに流されていることがあるらしく、観てみたくてしかたありません。
でもこればかりは縁。偶然の出会いに期待するしかありませんし、それがおわらの楽しみ方なのだと確信しております。

e0271181_11401123.jpg
清酒「風の盆」でも飲みながら、ふらりと八尾の町を歩き、風に乗って聞こえてくる「おわら」の音色に惹かれるように人が集まり、身を任せておわらの風の一部になる。

e0271181_11424293.jpg
今年からGPSで町流しの場所が確認できる試みが行われたと聞きました。日中はいいけれども、深夜は本当にやめてほしいと思います。
観たいおわらがある、それが見れないのも「おわら」、偶然すばらしい出会いがあるのも「おわら」。一晩中雨が降り一度も踊りが見れないで過ごすのも「おわら」なのだと思っています。少なくともGPSで町流しの位置を確認して歩ていくのは「おわら」ではないと思います。

e0271181_11472531.jpg
1日の夜は町全体をあげたような大勢の町流しではなく、少人数グループの町流しを多く観ることが出来ました。三日間の中では個人的には一番好きな雰囲気でした。

e0271181_11473799.jpg
素敵な町流しに出会い、進行先のとても雰囲気がいい裏路地でドキドキしながら待っていたら、すぐそこの角まで来て聞こえてきた「浮いたか瓢箪」(笑)

e0271181_11513470.jpg

e0271181_11520039.jpg
素敵な「おわら」をたくさん観させていただくことができましたが、まだまだ初日とあって3時ごろには町もひっそりと静かに。
「ゲジデジ通信」さんと八尾の町を後にしました。

初日のホテルがとれておらず、24時間営業の銭湯に行ったのですが満員で入れず!おわら効果か!
初のネットカフェ宿泊となりました。けっこう寝れたような、寝れなかったような初日でした。

(その5)につづく。

by senbei551 | 2017-09-02 03:15 | ◇おわら風の盆 | Comments(2)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551