太々御神楽祭2017⑥

国の重要無形文化財にも指定された「稚児の舞」。
「太々御神楽祭」に向けて、最後の練習が行われました。

e0271181_01523722.jpg
すっかり暗くなった河口浅間神社拝殿に、お稚児さんたちがやって来られます。

e0271181_01533345.jpg
瓔珞(瓔珞)をつけて舞支度です。

e0271181_01552696.jpg
それは瓔珞じゃないような(笑

e0271181_01560284.jpg

e0271181_01561903.jpg
みんな最後の練習ですが、緊張もなくいい表情ですね。いい雰囲気の中今まで十分な練習に励んでこられたのだろうということが伝わります。

e0271181_01574112.jpg
お辞儀もしっかりと。例に始まって例に終わる。基本ですが大切なことですね。

e0271181_02001589.jpg
一番小さなおふたりが取り組むのは「八方の舞」ですね。4月の「孫見祭」では舞われないので、今回本番で舞うのは初めてなのではないかと思います。

e0271181_02025050.jpg
祭りに来る前に、公開されていた動画で散々聞いていた音色、直に聞くことができ感動で少し震えました。

e0271181_02044092.jpg
すごくきれいで、本番を前にしてめっちゃ写真撮ってしまいました。

e0271181_02072628.jpg
e0271181_02055352.jpg
基本の足の運びなど、先生から丁寧にしっかりとした指導をしていただいておりました。

e0271181_02081903.jpg
本番ともまた少し違う、楽しい雰囲気も漂わせつつの練習です。

e0271181_02100756.jpg
あいさつはきれいにしっかりと。順番にそろって傾倒する様子がとても美しい。

e0271181_02113135.jpg
次のふたりも「八方の舞」です。縦横斜めの八方向に動く難しい舞。

e0271181_02125963.jpg
足の運びも独特で、舞に個性を加えております。

e0271181_02140176.jpg
難しい立ち位置の入れ替えもスムーズに。

e0271181_02145825.jpg

e0271181_02151689.jpg

e0271181_02154290.jpg

e0271181_02155719.jpg
楽士のみなさんも、もう長年のベテラン。リズムも体に染みこんでいるんでしょうね。

e0271181_02175215.jpg
つづいてこの子は「剣の舞」の確認です。

e0271181_02182382.jpg
本物の鉄でできた重い剣を器用に扱います。

e0271181_02185946.jpg
地に潜む悪霊を祓います。

e0271181_02193423.jpg
つづいては三人で「扇の舞」。

e0271181_02195764.jpg
ゆるやかなリズムにのって舞われる、扇を使った優雅な舞です。

e0271181_02210567.jpg

e0271181_02212708.jpg
頭上に扇を巡らせるところが美しくもあり、難しいところでもあると思います。

e0271181_02222773.jpg

e0271181_02230221.jpg
こちらの子も「剣の舞」。

e0271181_02235310.jpg
かっこよく立派に舞われておりました。

e0271181_02242906.jpg
そして最後に全員で舞うのが「宮巡りの舞」です。宮を三周巡り、拝礼と祈りを捧げる大切な舞です。

e0271181_02255320.jpg
暗闇の中で美しく浮かび上がる。本番と違い練習は夜行われるので当然、まわりは真っ暗ですが、行灯も灯り、地元の方のみが見守る中での練習の空気がとても心地よく、舞もすごく美しかったです。

e0271181_02280794.jpg
本番を前にしてすでに心満たされ、お腹いっぱいになってしまいます。

e0271181_02285186.jpg

e0271181_02300488.jpg

e0271181_02294447.jpg

e0271181_02304994.jpg
無事舞いきられました。本番での「稚児の舞」も成功間違いなしです。

e0271181_02320976.jpg
最後もしっかりと礼で終わられます。稚児の舞では、子どもたちが5年間稚児の大役を務めます。1100年以上という長い年月受け継がれてきた歴史の一部に加わることは大変誇りあることですし、地元の方々に支えられての5年間、大変なことも多いと思いますが、大人になって生きていく上で大切なものが心の芯に残ると思います。

e0271181_02375588.jpg
今回は、「太々御神楽祭」本番だけではなく、準備・練習と観させていただきましたこと、とてもよかったと思います。
地元の方々に愛され、支えられての「稚児の舞」。それら全て含めてとても素敵でした。観に行ってよかった!!

これからも100年、200年、1000年と受け継がれていってほしい。大切な宝物です。



by senbei551 | 2017-07-28 19:48 | ◇河口稚児の舞 | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551