おわら風の盆2017⑪

天満町から少し坂を上っていき最初に出会う町が「下新町」です。
この町では八幡社に舞台が組まれており、そこでの演舞が大変美しく定評があります。
通りかかった時、ちょうど始まる前だったので少し待って見学させていただきました。

e0271181_00562527.jpg
背景に暗闇と鳥居、行灯が絵になります。今年のおわらのポスターも下新町でした。

e0271181_00580014.jpg
下新町の女性の朱の浴衣も大変美しく、他町ですが諏訪町を流す姿がとても見たかったのですが今年はかなわずでした。

e0271181_01021060.jpg
さらに上がっていくと今町に「聞名寺」があり、そちらでもおわらを観ることができます。美しいロケーションです。

e0271181_01043259.jpg
そしてこちらが今町さん。月を背負って美しく踊っておられました。

e0271181_01054139.jpg
パンフレットによると、こちらの町が先駆けて男女混合のおわらを取り入れられたのだとか。今回絡みの写真はないですが!

e0271181_01073763.jpg
そして西町。公式行事としての最終日23時を迎え、町の公式としては最後のおわらを前に円陣を組みます。西町のイメージがなんとなく体育会系(笑

e0271181_01094140.jpg

e0271181_01100731.jpg

e0271181_01103585.jpg

e0271181_01113543.jpg
演舞を終えて、地方のみなさん、町のみなさんにお礼を述べられておりました。最後まで観ていて気持ちがよいです。

e0271181_01131854.jpg
そして急ぎ足で東町へ。こちらでは最終として輪踊りが行われるところでした。

e0271181_01143418.jpg
東町のおわらも大変美しく見ごたえがありました。

e0271181_01153215.jpg

e0271181_01182051.jpg
23時を回り、公式としてのおわらは終了しました。
三日間続いた「おわら」もいよいよ最終日深夜の時間をむかえ、すぐそこまで近づいた「浮いたか瓢箪」を前に、皆それぞれに今年最後のおわらを過ごします。

(その12)につづく。

by senbei551 | 2017-09-03 23:30 | ◇おわら風の盆 | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551