高砂神社秋祭り2016(その3)「神幸祭」

高砂神社秋祭り「神幸祭」の朝。
本年度「御先司」を務める鍵町を先頭に神社を目指します。

e0271181_21583439.jpg
なんかよく撮らせてもらったお二人!ありがとうございました。

e0271181_21593221.jpg
元気な鍵町のだんじりは、今年も最高の笑顔たちに引っ張られて進みます。


e0271181_22010990.jpg
出立ちは神輿町を務める農人町で向かえました。
天狗、シデ振りの子どもたちも準備万端、出発を待ちます。

e0271181_22030565.jpg
e0271181_22032711.jpg
神輿超の無事ご奉仕を祈願して、鏡割りからの乾杯!!三年に一度の船渡御での神輿町。気合いが入ります。

e0271181_22033999.jpg
農人町の出立ちを観てから宮入に向かおうと思ったのですが、時間がおしてしまいやむなく農人町を後にしました。

e0271181_22070403.jpg
高砂神社参道を進む、獅子司を務める中部のだんじり。

e0271181_22102625.jpg

e0271181_22102630.jpg

e0271181_22103578.jpg

e0271181_22110694.jpg
祭りへご奉仕するにあたり、拝殿にて御祓いをうけます。

e0271181_22132718.jpg
浜田町のだんじりも宮入です。こちらもすてきな笑顔に引っ張られて進みます。

e0271181_22132428.jpg

e0271181_22134458.jpg
ちょこちょこっと記念写真なども撮らせていただいたりしつつ。
見かけたらいつでも声かけてくださいね。

e0271181_22163964.jpg
神輿町、農人町もやってきました。
今年、天狗の衣装を新調されたそうです。

e0271181_22170366.jpg
御祓いを受けます。さらに奥、本殿前では神輿頭頂部にとりつけられる鳳凰が御祓いを受けております。

e0271181_22200528.jpg
御祓いを受けた鳳凰を手に神輿倉へと進む。

e0271181_22242037.jpg
頭人のひとり。2012年に一ツ物を務めた男の子でした。大きくなったもんです。

e0271181_22251696.jpg
一ツ物も宮入を行います。

e0271181_22272823.jpg

e0271181_22274106.jpg
「お頭をお下げください」で頭さげすぎの二人。

e0271181_22282906.jpg
神輿の御旅所出発への準備が行われます。

e0271181_22301752.jpg
その間、神社の境内は各出し物の宮入と並行してしばしの休憩、なごやかムード。
けっこう好きな時間だったりします。
それにしても、農人町の男の子たちの坊主率の高さよ。流行ってるのかな(笑)?かっこいいから好きだけど。

e0271181_22303736.jpg

e0271181_22310818.jpg
僕も、ちょろちょろっと写真を撮らせていただきつつウロウロと。


e0271181_22314037.jpg

e0271181_22323026.jpg
神社の外にも屋台(やっさ)が集まり、担ぎ手たちの掛け声が飛び交い熱気が高まります。

e0271181_22342317.jpg

e0271181_22342348.jpg
ちょろちょろっと写真を撮らせていただいたり

e0271181_22353362.jpg
芸の披露も行われます。

e0271181_22355094.jpg
こちらは戎町の芸子さん。朝美容室で少し撮らせていただいた子たちですね。

e0271181_22373905.jpg
浜田町の芸子さんも。

e0271181_22384179.jpg

e0271181_22392090.jpg
勇壮な屋台の前での芸の披露。かっこよいです。


e0271181_22414465.jpg
例大祭の夜が待ちきれないように、屋台の練り合わせも行われました。
伊達綱が暴れるほどに激しい練り合わせになると、観ているだけでも血が沸き立ちますね。


e0271181_22452878.jpg
神輿の準備が整うと、神職、神輿が本殿へと入ります。

e0271181_22455067.jpg
幕がおろされ神輿への御霊移しが行われます。
神様が御神輿にお移りになられると、御旅祭にむけて行列の出発です。


(その4)「神幸祭」へつづく。

by senbei551 | 2016-10-10 11:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551