高砂神社秋祭り2016(その1)「衣装揃え」

7年目の「高砂神社秋祭り」
今年も昨年同様「衣装揃え」から観させていただきました。

e0271181_01001293.jpg
高砂まで片道約2時間半。仕事を済ませて到着したのが18時。
ちょうど各町で衣装揃えが始まる頃でした。

e0271181_01021755.jpg
「藍屋町」でも芸子さんが出てきて、今まさに始まらん!というところでした。

e0271181_01041729.jpg
藍屋町は長期間お休みされていましたが、2011年に復帰。今年で6年目になります。
復帰して最初の屋台倉前での芸を観たとき、素敵すぎて鳥肌がたったのを覚えています。

e0271181_01034778.jpg
今年も期待を裏切らない、いい芸でした。声もよく出ていて、しっかり練習して来られたんだなぁというのを感じます。
最初の年は息のぴったりとあった男の子と女の子のペアでした。男の子は現在乗り子として活躍中です。

e0271181_01095325.jpg
こちらは「中部」。今年の芸子さんは特にキリッとしていて声も大きくてよかったなぁと思いました。

e0271181_01173709.jpg

e0271181_01125808.jpg
「衣装揃え」は、明日からの「神幸祭」「例大祭」に先立って衣装に袖を通してお披露目をする行事…なのだと思っています。
どうなんだろ。

e0271181_01134254.jpg
屋台(やっさ)も明日、明後日が本番。
衣装揃えでは、まだ担ぎ手も少なく軽く流す程度ですが、それでも太鼓の音を聞くと血が沸き立ちます。

e0271181_01162433.jpg

e0271181_01181008.jpg
続いてこちらは「鍵町」。鍵町は屋台の前を子どもたちのだんじりが先導しておりました。
よーやさー!よーやさー!!子どもらも夜に大声出して楽しいんじゃないだろうか。

e0271181_01214476.jpg
鍵町の芸子さん。

e0271181_01234503.jpg
夜に映える屋台を前に、息の合った芸を披露してくれました。

e0271181_01245798.jpg

e0271181_01254818.jpg

e0271181_01260446.jpg

e0271181_01264289.jpg
つづいてこちらは高砂神社門前正面にある「東宮町」。

e0271181_01291150.jpg
こちらでも芸を観させていただくことができました。
「高砂神社秋祭り」では芸子による芸があるのが特徴のひとつです。祭り中観れる数も限られているので、こうして衣装揃えから観れるのはありがたいです。

e0271181_01312037.jpg
観ているとそれぞれの町の芸に、それぞれの特徴があって、好きな所作などもできたりします。
東宮の芸は長い距離を使って披露されます。少しのタメから屋台の方向に勢いよくシデを切って振り返るシーンが個人的には好きです。

e0271181_01353100.jpg

e0271181_01092070.jpg
最後に再び「藍屋町」へ。
衣装揃えはやっていない町もあるのかな?やっていても芸をしなかったり、町ごとに時間も違っていて、どのように行われているのかまだよく分かっていません。
昼間には、一ツ物の衣装揃え?もあるようで、作り物の馬に乗っていたりもするようです。

e0271181_01380600.jpg
約2時間くらいの間に、運もよくたくさん観させていただくことができたかな。と思います。

e0271181_01390434.jpg
明日より「神幸祭」「例大祭」と本番です。
屋台も擬宝珠(ぎぼし)を外して倉に戻され、明日からに備えます。

明日は「神幸祭」。神輿が御旅所に向かいます。
そして今年は何と言いましても三年に一度の船積み込みが行われる年です。


(その2)「神幸祭」につづく。



by senbei551 | 2016-10-09 21:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551