高砂神社秋祭り2013 神幸祭

僕にとっては、四年目となる高砂神社秋祭りに行って参りました。
今年は三年に一度の「船渡御」が行われます。高砂神社秋祭りを見に行くようになったのが、ちょうど前回の船渡御の時。その時は二日目の例大祭から観たので、船渡御は初めて観ることになります。

さらにこの日は、朝5時半から去年御世話になった鍵町の方に声をかけていただき芸子さんの御化粧から見せていただくことができました。
e0271181_21595347.jpg
e0271181_220599.jpg
こちらは昨年も務められた芸子さんです。
e0271181_2203279.jpg
こちらは一ツ物の乗られる馬の手綱を曳く役目の子。
e0271181_2234356.jpg
背中に「馬」の文字。
e0271181_224769.jpg
鍵町では、芸子さんそれぞれが衣装を用意されます。芸子さんの化粧をされていた方も紫の衣装を着て芸子をされたと話してくださいました。今でも踊りを覚えているそうです。
e0271181_2261824.jpg
すっかり明るくなったころ、町に繰り出すと行列の先頭を務める「御先司」に遭遇しました。一ツ物も観たかったのですが、どこから出発されるのか分かりませんでした。
e0271181_2283347.jpg
神社前には一旦お宮入するためにだんじりや子どもたちが集まってきます。
e0271181_22103015.jpg
くつろぎモードの御先司の子ども。
e0271181_2211735.jpg
御先司につづく「獅子司」を務める農人町の子。昨年は神輿町としてシデ振りをしていた見覚えがあります。その話をすると格好を真似てくれました。
e0271181_22125169.jpg
e0271181_22132222.jpg
e0271181_22133695.jpg

e0271181_22195789.jpg
シデ振りの子どもたち。
e0271181_22135255.jpg
神輿に取り付ける鳳凰。高砂神社ホームページの船渡御の説明に「神輿の鳳凰には稲穂が飾られていて、それは最初に勇気をふるった若者だけに与えられる名誉とされています。」とあります。確かに稲穂を咥えていますが、どうなっているのか気になるところです。
e0271181_22202291.jpg
e0271181_2222131.jpg
一ツ物。
e0271181_22203793.jpg

e0271181_22242281.jpg
ふたたび先ほどの農人町の子どもたち。宮出しするまで少し時間があり、境内では子どもたちが遊び、宮の外では屋台が鳴り合わせなどを行っております。けっこう好きな時間です。
e0271181_22245668.jpg
e0271181_22251084.jpg
e0271181_22263884.jpg
仲良し三人組。なにかを見つけて喜んでおります。いったい何を見つけたのでしょう?指さす先に居たのは…
e0271181_22271020.jpg
天狗でした。天狗さん、毎年子どもたちに大人気です。腹が出ていると触られていました。
e0271181_22301750.jpg
浜田町の芸子さん。
e0271181_22304450.jpg
藍屋町の芸子さん。
e0271181_2231862.jpg
藍屋町の乗り子さん。2011年に撮った時はまだ小さな男の子だったのに!すっかり成長していて驚きました。
e0271181_22333310.jpg
今年のハルくんは「藍」の文字!
e0271181_2234482.jpg
e0271181_2235356.jpg
外で楽しんでいるうちに、御霊移しが終わって、神輿振りが行われておりました。
e0271181_22355298.jpg
「千歳楽じゃ、万歳楽じゃ」の掛け声。「千歳楽」で健康長寿を、「万歳楽」で世界平和と幸福を祈願するそうです。
e0271181_22372648.jpg
e0271181_22373657.jpg
e0271181_22374916.jpg

e0271181_22384488.jpg
行列の殿を木曾町の屋台が曳行しておりました。
e0271181_22412787.jpg
e0271181_22414440.jpg
e0271181_2242140.jpg
御旅所に到着後、御旅所祭が執り行われます。
e0271181_22432668.jpg
e0271181_22433825.jpg
一ツ物が接待される「頭人式」なども行われるのですが、実のところ今年はすでにヘトヘトで、立ちくらみもするし動く力もなく、この後すぐに「あすか」さんへお昼をいただきに行ってしまいました。暑さにやられてしまったのかも知れません。
e0271181_2246238.jpg
高砂商店街の中で5月にオープンしたというギャラリー「高砂や」で版画や、陶芸作品、あすかの御主人が撮られた秋祭りの写真を見せていただきました。
e0271181_22473470.jpg
動く力が全くなかったので、休憩の意味も含めて船渡御の場所取りをして待つことにしました。2時間以上待っていましたが、結局その場所も直前に警察にどくように言われてしまいました(--;)
e0271181_2251562.jpg
そうこうしているうちに、船渡御が始まりました。高砂神社の船渡御は、大阪天神祭の原形とも云われているそうです。
高砂神社のお祭り自体も、往時は、「大阪の天神祭か高砂神社の秋祭か」と言われたほど、全国的に有名なお祭りだったそうです。
e0271181_22541479.jpg
船積み。神輿を一気に台船へと押しこみ、担ぎ手たちはそのまま海の中に落ちるように飛び入ります。一瞬の出来事です。
e0271181_22562881.jpg
e0271181_22564739.jpg
船積みが終わると、近くにとまっていた屋台が宮前に移動していき、練り合わせが行われました。
e0271181_22572671.jpg
e0271181_22584530.jpg
藍屋町の芸子さんが芸の披露。今回初めて観た芸でした。藍屋町さんはいつもしっかり仕上げて来られます。
e0271181_22594063.jpg
三台練り。今年も農人町無双なのか!?
e0271181_22595244.jpg
e0271181_2315461.jpg
神輿を乗せた船が帰ってくると、水揚げ担当の浜田町の男たちがロープをもって海へ次々と飛び込みます。
e0271181_234917.jpg
e0271181_2341966.jpg

e0271181_2355342.jpg
e0271181_236979.jpg
e0271181_2362045.jpg
水揚げされた神輿は、宮入へとむかいます。
e0271181_237460.jpg
e0271181_2371677.jpg
e0271181_2372510.jpg
本殿前での最後のシデ振り。
e0271181_2375737.jpg
e0271181_238667.jpg
一ツ物も参進し、一ツ物御幣が屋根の上に投げられ、本年の吉凶をうらないます。年々、御幣が長くなっているのではないか!?という話しでした(笑)
e0271181_239398.jpg
e0271181_239172.jpg
束ねられた御幣が、一ツ物の父親にたくされます。屋根の上に投げ上げることができるでしょうか!!
e0271181_2395941.jpg
結果は祭りに参加した人の秘密ということで(^^)

一日目、神幸祭、個人的にはヘトヘトになりましたがなんとか無事終了いたしました。
by senbei551 | 2013-10-10 23:39 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551