高砂神社秋祭り2017年神幸祭。
e0271181_11304445.jpg
神社に向けて出発した行列は御先司を先頭に一路御旅所を目指します。

e0271181_11315320.jpg

e0271181_11324537.jpg
碁盤の目のようになっている高砂の町の辻々で神輿振りが行われます。

e0271181_11402490.jpg
「千歳楽じゃ」「万歳楽じゃ」という掛け声。
「千歳楽」で健康長寿を、「万歳楽」で平和と幸福をお祈りしているということ。

e0271181_11384693.jpg
神輿を大きく揺らすほどに神様がお喜びになられるというのは、素盞鳴命(すさのおのみこと)をお祀りされているからでしょうか。

e0271181_11410516.jpg
千歳楽じゃ!万歳楽じゃ!

e0271181_11413726.jpg
大きく揺らされた後、神輿は天高く差し上げられます。1000年以上続く高砂神社秋祭り。こうして毎年、高砂の人々の安寧を願って神輿が巡行されてきたのでしょう。

e0271181_11462736.jpg
御旅所近くでは、農人町と戎町が合わせておりました。神社前でも合わせていたし、けっこう合わせてるんですね。

e0271181_11485853.jpg
一ツ物も、マジの辻々で唄に合わせてぐるりと回ります。この唄の内容など一度しっかり聞いておきたいと思います。

e0271181_11512139.jpg
車楽(だんじり)も元気よく、よーいやさー!

e0271181_11524712.jpg
押太鼓の鍵町は、箇所箇所で芸を披露してくれます。

e0271181_11543321.jpg

e0271181_11545009.jpg

e0271181_11551873.jpg
表情が素敵で、かわいらしい芸子さんです。今年の鍵町では一人でしたが、しっかり務めてくださいました。

e0271181_11564162.jpg
一行が御旅所に到着すると、「御旅所祭」た執り行われます。

e0271181_11585456.jpg
勢いよくなだれ込んでくるのは、獅子司を務める農人町の獅子舞です。

e0271181_12000163.jpg
神輿のまわりを回る一ツ物。

e0271181_12004695.jpg
つづがなく神事が執り行われます。

e0271181_12011839.jpg


e0271181_12015464.jpg
その後はお待ちかねの神輿くぐりです。

e0271181_12022507.jpg
神輿の下をくぐりながら、日ごろの感謝をのべ、神様へのお願いをします。


e0271181_12033506.jpg
小さい子はなんなくくぐれますが、大人になるほど大変で、その様子が見ていて楽しいところでもあります。

e0271181_12113295.jpg
御旅所祭の後は、しばしの休憩タイムになります。各町の屋台も休憩中。
僕もこの隙に、いつもお世話になっている料理屋さんで、お昼ごはんをいただく。店内には高砂秋祭りの版画や写真も飾られております。

e0271181_12151431.jpg
その後、農人町の方からお声をかけていただき謎のビルへ。
みんなええ顔すぎます(笑)少しすると外から屋台を合わせる掛け声が!!

e0271181_12104211.jpg
戎町と浜田町が合わせてました。お昼中もめっちゃ元気!!
屋台の掛け声聞きながらゆっくりさせてあただくのは最高でした。ありがとうございます。

e0271181_12203563.jpg
午後からは、頭家が一ツ物を接待する「頭人式」が執り行われます。

e0271181_12221059.jpg
地味ではありますが(笑)長い歴史の痕跡を色濃く残す重要な神事です。

e0271181_12221103.jpg
随時解説も入り、神事の内容も分かるようになっておりますので、ぜひご覧ください。

e0271181_12221032.jpg

e0271181_12252959.jpg
御旅所から神社への還幸を前に、車楽の引き戻しが行われます。御先司が行うのですが、戎町が御先司、農人町が獅子司を務める年だけ二町での引き戻しが行われます。

e0271181_12262120.jpg
盛大に神輿振りが行われ、神社に向けて神輿も出発いたします。

e0271181_12303349.jpg

(その6)につづく。



# by senbei551 | 2017-10-10 16:00 | ◇高砂神社秋祭り | Comments(0)

時々写真を撮りにいきます。主に祭りと子ども。自分も供奴として住吉大社で祭りにご奉仕させていただいております。


by senbei551